大学案内

校章・スクールカラー

校章

校章

校章は1885(明治18)年、第3代校長のブラウン女史(E.M.Brown)の時に定められました。モチーフとなったクローバーの三つ葉は“身体、精神、霊魂”を象徴しており、3つが調和した完全な人格の育成を目指す学院の理想を表しています。当初は三つ葉の輪郭のみでしたが、1904(明治37)年、三つ葉の中に「Kobe College」の頭文字であるKCの字を組み合わせて現在の校章が定まりました。

スクールカラー

神戸女学院のスクールカラーは“平和”と“真実”をあらわす『濃青色』。1885(明治18)年、第3代校長のブラウン女史(E.M.Brown)のときに定められ、今に至ります。