大学案内

環境・バイオサイエンス学科ポリシー

ディプロマ・ポリシー

大学3ポリシーのもと環境・バイオサイエンス学科では、自然と人間との持続可能な関係を築くことを目標に、考え、行動する人材を育成します。そのために、次のような能力を身につけ、かつ所定の単位を取得し、卒業論文を提出した学生に対して卒業を認定します。卒業論文は担当教員が審査し、公開の卒業研究発表会が行われます。


1 リベラル・アーツ&サイエンス教育による幅広い教養とともに、環境科学、生態学、細胞生物学、食品科学、健康科学、環境社会学などの専門的知識を身につけて、地球生物圏を体系的に理解することができる能力

2 実習、演習、卒業研究等をとおして、高度な専門知識と技術を修得し、環境や生命に関する現代の諸課題に実証的に取り組み、解決策を見いだす問題発見能力や研究能力

3 上記のような教育・研究で得られた成果を次世代や社会に継承・還元するための、コミュニケーション能力、プレゼンテーション能力および教育力

カリキュラム・ポリシー

ディプロマ・ポリシーに定めた能力を持つ人を養成するために、次のような方針に基づいて、カリキュラムを編成しています。大学3ポリシーのもと、環境・バイオサイエンス学科の専門教育課程では、「環境・生態領域」「バイオサイエンス領域」「科学教育・情報科学領域」の3領域が相互に連携しながら、学科の教育目標に向かって知識と技術の涵養をはかります。そのために、カリキュラムは自然科学の基礎を学ぶ導入教育から専門教育に至るまで、段階的に専門知識が習得できるよう構成されています。


1 「環境・生態領域」では、海や川の水質保全、生態系や生物多様性の保全など、人間と自然との持続可能な関係を実証的に探る力を養うため、実験やフィールドワーク科目を設置する。

2 「バイオサイエンス領域」では、生命科学の今日的課題である食品や生活習慣が健康や老化に及ぼす影響を、細胞や遺伝子レベルで探る能力を得るため、最先端の理論や実験手法を習得する科目を設置する。

3 「科学教育・情報科学領域」では、科学理論・技術と人の思考・行動との関係性から、科学のおもしろさや有意性・可能性を、社会や次世代の人々に効果的に伝える術を探る能力を習得するため、教育学および社会学の科目を設置する。

4 「環境・生態領域」「バイオサイエンス領域」「科学教育・情報科学領域」の3領域すべてを段階的に4年間で学べるよう、学科Basic、学科Core、学科Advanceを設置する。

5 環境・バイオサイエンス学科では「メジャー科目」に加えて、キリスト教精神や社会に貢献するために必要な教養を身につけるために「コア科目」を履修することができる。また、他学科提供の「オープン科目」や「マイナープログラム」を履修することで、科学に対する多角的な関心と理解を深めることができる。

6 他学科生の自然と環境に関する教養に資するよう「メジャー科目」のなかから「オープン科目」を設置する。またさらに学修を深めたい学生のために「マイナープログラム」を設ける。

アドミッション・ポリシー

本学のミッションステートメントを自然科学の領域で実現するために、環境・バイオサイエンス学科のディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシーをよく理解し、地球環境から生命現象までの幅広い自然科学の視点で、人と自然との持続可能な関係構築に意欲的に取り組む人を受け入れます。


1 自然環境や生物多様性の保全、食の安全と人の健康、化学物質の生物への影響、人と自然との関係性などに深い関心を持ち、それらに関する実験やフィールドワーク、研究に意欲的に取り組める人

2 学習成果を社会に還元するために、企業や公的機関の研究者・技術者、中学校・高等学校の理科教員、NPOの活動家などを目指す人

本学科では、AO入学試験、公募制推薦入学試験、帰国子女入学試験、社会人入学試験、外国人留学生入学試験、国際バカロレア入学試験、クローバー推薦入学試験、一般入学試験(前期日程、後期日程)、大学入試センター試験を実施します。