研究科

人間科学研究科

専門性と学際性が融合し、
人間と環境のよりよい未来を創造する。

4つの専門分野(臨床心理学、人間行動学、環境科学、健康科学)の有機的な関連の中で教育・研究を展開する博士前期課程と、「臨床人間科学」と「人間環境科学」を究める博士後期課程があります。博士前期課程「臨床心理学」分野では、必要単位を取得すれば課程修了と同時に臨床心理士の受験資格を得ることができます。

学びの内容

高度な専門性と、学際的な幅広い視点を養う。

博士前期課程では、4つの専門分野を置き、所属する教員が高度な専門教育を行うとともに、お互いに連携することで学際的な幅広いものの見方が養えるようにしています。
博士後期課程では、臨床人間科学と人間環境科学の2つの専門分野を置き、それぞれの専門分野での高度な専門知識と研究方法を身につけるとともに、総合的な学問的視点をも追究することを目的に、研究者及び指導者を養成しています。

博士前期課程
臨床心理学分野
臨床心理士養成のための高度専門職業人育成教育と臨床心理学分野の研究を行います。この分野は、(財)日本臨床心理士資格認定協会より臨床心理士養成大学院第1種指定を受けています。
人間行動学分野
人間の認識や行動、社会、文化の諸問題を探求します。
環境科学分野
人間が環境に及ぼす影響を理解し、人間と自然の関係を探究します。
健康科学分野
環境要因と健康、食と健康との関係、心身の相互作用などを研究します。
博士後期課程
臨床人間科学
心の働きや人間の行動、発達の多様な側面、現代社会における人々の心の健康や適応、さらにさまざまな文化現象などについて、多面的・実践的に研究を行います。
人間環境科学
人間の諸活動による環境変化が生物個体や生態系に及ぼす影響を、環境モニタリング、エコトキシコロジーなどの視点からとらえた研究を行います。

資格

臨床心理士[受験資格]

関連サイト
人間科学研究科サイト
  • ・研究科紹介
  • ・教員紹介
  • ・入試情報
  • ・教育・研究(博士前期)
  • ・教育・研究(博士後期)
  • ・就職・進路
ホーム > 学部・大学院 > 人間科学研究科
ページの先頭へ戻る