学部・大学院

研究科

音楽研究科

多分野の研究者との交流を通じて、
豊かな音楽表現を目指す。

作曲、声楽、器楽といった個々の専攻を設けずに、「音楽芸術表現専攻」の1専攻としています。学生が各々の研究成果を持ち寄って交流し、刺激し、啓発しあうことを重視し、また、音楽を総合的に理解し把握する力を養うための組織や科目構成を行っています。

学びの内容

音楽を広く深く研究し、真の音楽家を育成する。

音楽を総合的に研究し、広い視野で音楽をとらえ俯瞰できる力の育成を目指して、作曲、声楽、器楽といった専攻をあえて設けずに、「音楽芸術表現」として1専攻にまとめています。カリキュラムは、学生、教員が専攻の枠を超え、それぞれの作品や演奏などの研究成果を持ち寄って交流し、刺激を与え、啓発し合うことを念頭に置いて編成しています。多分野の研究者と討論や演奏、意見交換などを活発に行うことで、音楽表現の総合性、学際性を高めていきます。もちろん専門領域の実技も重視し、技術と知識と人格が美しい調べを奏でる、バランスのとれた真の音楽家を養成することが本研究科の目的です。

音楽芸術表現専攻
修士課程
創造芸術
作曲研究領域の1研究領域を設置。「演奏」と深くかかわりながら、創造的な芸術作品創作のために必要な知識、技術を追求して、「作曲」という音楽芸術表現を研究します。
演奏芸術
声楽研究領域
「歌う」という行為を音楽化、芸術化するために、必要な知識や技術を追求します。
器楽研究領域
ピアノ、ヴァイオリン、フルート実技において、楽曲に対する理解、歴史的・近代的な奏法、演奏様式の変還など、器楽演奏に必要な知識、技術を追求します。
関連サイト
音楽研究科サイト
  • ・専攻の構成
  • ・教育課程
  • ・教育指導
入試情報サイト
  • ・入試情報
  • ・資料請求