ホーム > 学び(学部・学科) > 人間科学部 環境・バイオサイエンス学科 > 人間科学部 環境・バイオサイエンス学科サイト

環境科学研究室

担当教員
張野宏也

化学物質汚染、環境、生物への影響評価、改善

KEY WORD NOW!  化学物質、環境汚染、生物への影響影響

化学物質が使用されることにより、われわれの生活が快適になりました...

理科教育研究室

担当教員
中川徹夫

通常の実験の規模を数分の1から数十分の1に縮小した実験を,マイクロスケール実験といいます.

KEY WORD NOW!  マイクロスケール実験 理科教職課程 溶液論

通常の実験よりはるかに規模の小さいマイクロスケール実験には.用い...

自然環境教育学研究室

担当教員
三宅 志穂

自然環境の理解,人と自然の関係性,教育的アプローチ,Public Awareness of Science and Environment,学びのコミュニティ,学習支援組織のマネジメント

KEY WORD NOW!  人と自然の関係性

人が自然環境への意識を高める具体的方策について,教育的アプローチ...

食品基礎科学研究室

担当教員
高岡 素子

食品に含まれる栄養成分とそれに対するヒトの生理的な応答について調べる。 おいしさとは何かを科学的に分析する

KEY WORD NOW!  食品学 おいしさの科学  身体の応答性、抗ストレス、発酵食品

私たちは毎日食べ物を摂取することにより、健康を維持、増進していま...

マルチメディア研究室

担当教員
出口 弘

人間とコンピュータの相互作用

KEY WORD NOW!  HCI

人間が使用するための対話型コンピュータシステムのデザイン、評価、...

動物生態学研究室

担当教員
遠藤知二

種内の遺伝的な多様性から地球上のさまざまな生態系の多様性にいたるまで、長い生物進化の歴史が生み出してきた生物多様性。その保全は私たちの最重要課題のひとつです。

KEY WORD NOW!  生物多様性

生物多様性は本来、人間の生き生きとした豊かな暮らしを支えるうえで...

植物生態学研究室

担当教員
野嵜 玲児

植物群落の種類や環境との関係、人間活動との関係などを研究しています。

KEY WORD NOW!  植物群落

植物群落は自然環境の最も基本的な要素です。ある地域にみられる植物...

食品分子機能科学研究室

担当教員
寺嶋 正明

最新のバイオテクノロジーによって、食品中に含まれるさまざまな成分が体の調子を整えるのに重要な働きをしていることがわかってきました。

KEY WORD NOW!  機能性ペプチド、抗酸化性物質

食品中に含まれるさまざまな成分が体の調子を整えるのに重要な働きを...

応用生命科学研究室

担当教員
塩見 尚史

「バイオテクノロジー」は広い領域を含みますが、私たちの研究室では、微生物や動物細胞を環境や健康分野に利用しています。

KEY WORD NOW!  バイオテクノロジー・遺伝子工学

「バイオテクノロジー」は広い領域を含みますが、私たちの研究室では...

生態毒性学研究室

担当教員
横田弘文

私たちが普段使用している化学物質が、環境生物にどのような影響を及ぼしているのかを、魚類を用いて研究しています。

KEY WORD NOW!  化学物質、環境生物、毒性

私たちの日常生活の中で、化学物質はもはや必要不可欠であり、生活の...

健康医学研究室

担当教員
西田 昌司

環境や生活習慣、性差などのストレスが人間の体にどんな影響を与えるかを、細胞モデルを用いて研究しています。

KEY WORD NOW!  ストレス応答

私の研究室では、「ストレス」を中心に研究を進めています。ストレ...