ホーム > 学び(学部・学科) > 人間科学部 環境・バイオサイエンス学科 > 人間科学部 環境・バイオサイエンス学科サイト
みなさんの疑問にお答えします




Q.神戸女学院大学の「心理・行動科学科」と他大学の「心理学科」はどこが違うのでしょうか?

A.心理学と関連する学問も幅広く学べます。

神戸女学院大学の「心理・行動科学科」では、心理学だけではなく、心理学に関係の深い精神医学や地域福祉、認知科学や情報科学、さらに、音楽文化についても学べます。
もちろん、心理学の分野では、「スクールカウンセリング」「深層心理学」「発達臨床心理学」「家族臨床心理学」などの臨床心理学領域に加え、「認知心理学」「発達心理学」「性格心理学」「社会心理学」などの基礎的な心理学の領域も幅広く学ぶことができます。心理学だけでなく、関連する学問を幅広く学ぶことで、豊かな教養を身につけることができます。

Q.実習があると聞きました。どんなことをするのでしょうか?

A.心理学や行動科学の基礎的な実習をさまざまに行います。

心理学や行動科学の研究は、実験や調査をして人々の行動や考えを観察したり尋ねたり、あるいは、カウンセリングの場面では、心理テストを用いて心理相談に来た人の状態を判定することがよくあります。心理・行動科学科では、基礎的な実習を授業の中に取り入れ、いろいろな研究方法や心理テスト法を学ぶことができるようになっています。これらの実習は、4年生の卒業研究や将来のカウンセラーの仕事に役立つだけでなく、実習を通して、ものごとを分析的に考える力を養うことができるでしょう。

Q.心理・行動科学を生かせる職業はありますか?

A.卒業生はさまざまな分野で活躍しています

心理・行動科学科での勉強や研究は、医療や福祉関連へ進む人、病院・企業・学校等で働くカウンセラーやケースワーカーを目指す人には大切な基礎知識となります。そのほかにも、さまざまな一般企業で活躍している先輩がいます。大学で身につけた心理学や行動科学の基礎知識は、仕事をするうえで必要とされる職務遂行能力や独創性を高め、さらには、スムーズな人間関係を築くために役立つでしょう。

Q.心理学は数学が必要だと聞きました。数学が苦手なのですが、大丈夫でしょうか?

A.心理学に必要な「統計学」は、入学後に基礎からしっかり学べます。

確かに、心理学や行動科学は数字を扱うことが多い学問ですが、必要とされるのは実験や調査などで得られたデータを分析するための「統計学」と言われるものです。これは、皆さんが今まで学んできた数学とはずいぶん違います。本学科では「人間科学のための統計学」や「行動科学統計 I 」などの科目があり、入学後に「統計学」を基礎から学ぶことができます。高校時代に数学が苦手だった人も、統計学の方法を使ってデータを分析し、卒業論文を立派にしあげています。
また、数学をもう一度勉強してみたいという人のために「文系のための数学入門」という科目が開講されていますので、数学が苦手という人もぜひ挑戦してみてください。
さらに、数学や情報など理系の科目が好きな人は、認知科学や情報科学の分野での最新の知識や技術を学んだり、3年生から始まるゼミで専門的な研究をしたりすることもできます。

Q.環境・バイオサイエンス学科ではどんなことを学ぶのでしょうか?

A.「環境・生態領域」と「バイオサイエンス領域」の2分野を学びます。

「環境・生態領域」では人間と環境の理想的な関わり方を、マクロ的な視点とミクロ的な視点の両面から探ります。「環境保護論」「生態学実習」「環境社会学」「人間と化学物質」等受講科目も多岐に渡り、今関心の高い環境ホルモンや地球温暖化、生物の多様性などの問題についても最先端の理論や情報を学ぶことができます。
また「健康医学」「人体の構造と機能」「栄養生化学」「食品学」「食品環境学」「バイオテクノロジー概論」など、生命のしくみや食品の成分、身体的な健康、バイオテクノロジーという側面から、現代社会の中で私たちに何ができるのかを考えていくのが「バイオサイエンス領域」の科目群です。

Q.文系ですが、環境・バイオサイエンス学科の授業について行けるでしょうか?

A.入学者には文系受験生がたくさんいます。基礎からしっかり学べます。

環境・バイオサイエンス学科ではさまざまな実験や実習を行いますが、それに対応できる基礎的な科学の知識はしっかりと指導します。 一年生の前期に「文系のための生物」、「文系のための化 学」、「文系のための数学」の三つの科目を開講します。また、環境社会学などでは文系的なアプローチが必要ですので文系だから不利と言うことはありません。

Q.環境・バイオサイエンス学を生かせる職業はありますか?

A.卒業生はさまざまな分野で活躍しています

自然生態系との共生を目指すビオトープ事業やエコビジネスに関連した研究・調査機関、消費者センターへの就職。化学・食品・製薬・医療などの分野で活躍できるバイオテクノロジー技術者、大学院への進学など、卒業後の進路は実に多彩です。

Q.語学力を伸ばしたいと思っていますが、人間科学部でも語学研修みたいなものはありますか?

A.人間科学部の学生もアメリカやイギリスなどでの語学研修に参加できます。

神戸女学院大学では、春休みや夏休みに、アメリカ、オーストラリア、イギリス、フランス(隔年)で、語学研修を実施しています。現地に2〜5週間滞在し、語学や文化を学びます。研修修了者には本学の単位が与えられます。
また、もっと学びたい人のために海外の協定校での長期留学制度もあります。アメリカ、イギリス、オーストラリアといった英語圏だけでなく、中国や韓国への留学も可能です。約4ヶ月の中期英語留学(アメリカ)もあります。なお、留学には一定レベルの語学力が必要です。
詳しくは国際交流センターのサイトをご覧ください。