1. トップページ
  2. 受験生の皆さんへ
  3. 8月4日(日)オープンキャンパス 絵本翻訳体験講座

8月4日(日)オープンキャンパス 絵本翻訳体験講座

8月4日(日)オープンキャンパスで、神戸女学院大学主催「絵本翻訳コンクール」にチャレンジする高校生のための「絵本翻訳体験講座」を実施し、審査員を長年務める中村昌弘准教授が、翻訳の極意を伝授しました。

 

たくさんの応募作品の中から選ばれるには、どんなことを考えて訳すことが大切でしょうか。原作をしっかり読み込み、主人公の年齢、性格などから話し方を決めたり、読みきかせるメディアであることを念頭に、小さい子どもが耳できいてわかることばを選んだり、原作のリズムをこわさないよう音の大事さを音読で確かめたり・・・。参加者は、昨年の課題絵本を例にして、実際に一部の翻訳に挑戦しました。

 

中村先生の話術で終始笑いが絶えない講座で、参加者からは、楽しかった、勉強になったという感想をいただきました。

 

高校生等を対象として本学が毎年開催している「絵本翻訳コンクール」は、今年10年目を迎え、これまでの応募総数は1万1000にも及びます。10周年の記念の年に、力作を応募してみませんか。

 

たくさんのご参加ありがとうございました。

 

絵本翻訳に挑戦!
どんなふうに訳していますか。

ページの先頭へ