ニュース・イベント

2014/05/16

本学院の校舎12棟が「国の重要文化財」指定に関する答申を受けました

この度、5月16日(金)付で、本学院のW.M.ヴォーリズ設計による校舎が、国の文化審議会により「重要文化財」に指定する価値があるとの答申がなされました。

いわゆる重要文化財とは、日本国内に所在する、建造物、絵画、彫刻、工芸品、書跡、典籍、古文書その他の有形無形の文化的所産の中で、歴史上又は芸術上価値の高いものを文化財保護法に基づいて国(文部科学大臣)が指定した文化財のことです。このたびの指定は、建造物に該当します。

対象となるものは以下の12棟です。
総務館、講堂及び礼拝堂(ソールチャペル)/図書館(図書館本館)/文学館/理学館/音楽館(音楽学部1号館)/体育館(第一体育館)/葆光館(中高部)/社交館/ケンウッド館/エッジウッド館/汽罐室(きかんしつ)/正門及び門衛舎


【理事長・院長 森孝一よりのコメント】

重要文化財指定の答申を受けて

この度、神戸女学院岡田山キャンパスの12棟の建物を、重要文化財に指定するという答申が、国の文化審議会によりなされたという連絡を受けました。名称は「重要文化財神戸女学院」です。今回の答申では、個別の建物ではなく、神戸女学院のキャンパスのほぼ全体(ウィリアム・メレル・ヴォーリズ設計によるオリジナル建築物の全て)が指定の対象となっているところに特徴があると理解しています。

ヴォーリズ設計による神戸女学院の校舎群は、彼の代表的な建築であり、第二次世界大戦と阪神淡路大震災という二つの大禍をくぐりぬけて、ほぼオリジナルな原型を保ちながら、今なお神戸女学院の教育のための器として、大切に使用されています。

ヴォーリズの設計による校舎は、神戸女学院の卒業生・在校生・教職員・関係者にとって、これまで輩出してきた素晴らしい卒業生と並んで、何よりも大切なものであり、また誇りとするものです。ヴォーリズは教育施設としての、そして宗教施設としての品性を何よりも大切にしました。「美しい心を育むための品格ある建築」、これこそヴォーリズが神戸女学院岡田山キャンパスの建築において、目指したものであったと言えるでしょう。このかけがえのない賜物を大切に保存しながら、ヴォーリズが建築によって表現しようとした人格教育を実現する決意を新たにしたいと願っています。

2014年5月16日
学校法人神戸女学院
理事長・院長 森 孝一
動画「ヴォーリズ建築の魅力」
 

一覧に戻る

過去の新着情報