ニュース・イベント

2017/06/15

「人生に、文学を。」オープン講座を開催しました

6月10日(土)に、公益財団法人日本文学振興会主催の「人生に、文学を。」オープン講座を開催しました。この講座は「人生に、文学を。」というメッセージのもと、あらためて「本を読むこと」、「文学に親しむこと」の素晴らしさを、広く世に訴えることを目的に、各地の大学で開催されています。

本学の講座では次のお2人が講師として登壇されました。
まず、高橋源一郎氏(明治学院大学国際学部教授)が、「名作の読み方」と題し、『坊ちゃん』『こころ』(ともに夏目漱石著)を教材に講義を行いました。
続いて、内田樹氏(本学名誉教授)が、「身体と知性」と題し、『孔子伝』(白川静著)と『街場の文体論』(内田樹著)を教材に講義を行いました。

当日は多くの文学ファンがお2人の講座を受講するため本学を訪れ、皆さん非常に熱心に講義に聞き入っておられました。
今回のオープン講座の模様は今後、同講座のサイトで公開される予定です。
「人生に、文学を。」オープン講座 サイト

一覧に戻る

過去の新着情報