タグライン

このたび、本学での学びを表現するタグライン「私はまだ、私を知らない。」を制定しました。

18歳で将来を決めるのは、きっとまだ早い。
まだ社会を知らない。世界を知らない。
興味がありすぎて絞れないなら、全部やってみればいい。
「自分でも何になりたいかわからない」というひとも、大学で学び、視野を広げてからでも遅くない。
神戸女学院なら、それができる。
リベラルアーツは、「無知の知」からはじまる。
「自分は知らない」と自覚することから、「知りたい」という欲求は生まれる。
神戸女学院の学びは、ただ「モノゴトを知る」という表面的なことではなく、『私はまだ知らない。だから、知ろうとし続ける。』
卒業後も人生の指針となる、一生ものの姿勢を身につけるということ。
自分でもまだ知らない、未知の才能や可能性。
大学生は、まだまだ伸びる。きっと、まだ自分でも知らないポテンシャルがある。
そういう意味でも、将来を決めるのは、まだ早い。
もっと試行錯誤する時間があっていい。
神戸女学院で学ぶことで、いままで気づけなかった、新たな可能性に気づいてほしい。

「知ってる」って閉じてしまわないほうが、世界も、自分もきっと広がっていく。
「私はまだ、私を知らない。」


交通広告

タグラインのPRとして、2017年6月1日から30日までJR西日本の225系車両(快速・新快速)に、6月6日から19日まで阪急(全線)に交通広告(車内広告)を掲出しました。
今後、広報等でこのタグラインを使用していく予定です。




更新日: 2017年7月7日

当ページに関するお問合せ
神戸女学院大学 広報(学長室) 西宮市岡田山4番1号
TEL :0798-51-8585
FAX :0798-51-8535
Mail:koho@mail.kobe-c.ac.jp