2016年度 春季公開講座のお知らせ

2016年度 春季公開講座 「国境を越えて」

 

第1回:6月4日(土) 10:00~11:30

「国際貿易とボーダーレス経済」

文学部 英文学科准教授 Fukushima Marcelo

グローバル化が深化する中、国際貿易がますます盛んに行われています。あまり意識はしないのですが、我々の日常生活にかつてないほど外国から輸入したものがあふれています。今回の講座では、経済や社会の発展において、「国際貿易」の存在はどのようなものなのかを、「シルクロード」から「爆買い」まで、歴史を踏まえながら考えます。

 

 

第2回:6月11日(土) 10:00~11:30
「音楽は世界をつなぐ架け橋」

音楽学部 音楽学科教授 佐々 由佳里

2013年3月、本学はモーツァルテウム音楽大学(オーストリア・ザルツブルク)と協定校になりました。毎年開催されるKobe College & Mozarteum Friendship Weekでは、両校の教員と学生が一緒にコンサートやワークショップに参加し、素晴らしい交流が生み出されてきました。第Ⅰ部では、モーツァルト生誕の地、ザルツブルクの魅力やこれまでの交流の取り組みをご紹介致します。そして第Ⅱ部では、本学ともゆかりの深いチェリスト、アドリアン・ヤンケ氏(ドイツ・ザールラント州立管弦楽団チェロ奏者)とのデュオコンサートをお楽しみください。 曲目:シューマン:「詩人の恋」ほか
演奏:アドリアン・ヤンケ(チェロ)、佐々 由佳里(ピアノ)

 

第3回:6月18日(土) 10:00~11:30

「インド体験学習と大学生の国際交流」

文学部 総合文化学科准教授 北川 将之

本学総合文化学科では、インドの協定校St. Joseph's College of Commerceの学生と国際交流活動を続けています。カーストだけでなく、ジェンダーに基づく差別意識が根強く残るなか、インドの女子学生はいま何を思い、将来何を目指しているのか。本学学生との交流の事例から読み解きます。

 

特別講座:7月23日(土) 10:00~11:30
「戦争に負けるということ」

神戸女学院大学名誉教授 内田 樹

戦後70年が経ちました。戦争経験を受け止め、吟味するには十分な時間だったはずです。でも、残念ながら70年かけて戦後日本人は戦争を総括することに失敗したというのが僕の実感です。でも、これは日本だけの話ではありません。ある意味ですべての敗戦国は敗戦の総括に失敗しているからです(戦勝国は戦勝の総括に失敗しているように僕には見えます)。戦争から人は何も学習しない。それが戦争から僕たちが学びうるたった一つの教訓なのかも知れません。


 
第1回、第3回 会場/神戸女学院 文学部1号館21号教室
第2回、特別講座 会場/神戸女学院 講堂
受講料/無料(申し込み不要)
小学生以下のご入場はご遠慮ください。

2016年度 春季公開講座チラシ

 


更新日: 2016年4月7日

当ページに関するお問合せ
神戸女学院 総務課 西宮市岡田山4番1号
TEL :0798-51-8505
FAX :0798-51-8506
Mail:kc-somu@mail.kobe-c.ac.jp
ホーム > 総務課
ページの先頭へ戻る