附属機関

視聴覚センター

視聴覚関連のサポートを行っています。

視聴覚センターでは、授業をはじめ様々な行事を視聴覚の側面からサポートしています。豊かでより充実した学びや学生生活を提供できるように、スタッフ一同、日々努力しています。

AVライブラリー

キャンパス内でオーディオ・ビジュアル体験を。

1998(平成10)年度、文学部1号館1階にオープンしたAVライブラリーは、オーディオ・ビジュアル用のソフトを自由に楽しめる小型の図書館です。フロアーは、語学学習用のセクションと視聴覚ソフト鑑賞用のセクションの2つに分かれています。語学学習のセクションを利用して、資格試験のための自習や、クラスの予習・復習もできますし、視聴覚のセクションでは、映画やドキュメンタリーのビデオを観ることもできます。また、授業をサポートする指定参考ソフトも活用できます。

AVライブラリーには、カセットやCD、VHSをはじめ、BD、DVD、LD、ワールドワイドビデオに対応した各種プレーヤーが設置されています。保管しているソフトは、すべての媒体を含めて現在、約6,800点。これらはすべてデータベース化されており、内容など、ソフトの詳細を学内からコンピュータで簡単に検索できます。今後も要望に合わせて、数、内容ともにますます充実していきます。これらのソフトを最大限に利用して、目から耳から多種多様な情報と刺激を得てください。

語学ソフトについては、各種検定試験・会話を中心として、英語・第2外国語共に最新版を多数所蔵しています。これらのソフトは、貸出も受け付けていますので、資格試験対策、海外留学、海外旅行などに活用できます。

また、AVライブラリーは、英文学科所蔵のソフト(約4,000点)についても、カウンターで視聴を受け付けています。予約制ですので、希望者は詳細をカウンターまでお尋ねください。

キャンパス内でオーディオ・ビジュアル体験を!AVライブラリーは、新しい時代の新しい教育の形態を提唱します。