キャリアセンターの活用

ホーム > キャリアサポート > インターンシップ

インターンシップ

ビジネスの現場や働くことを理解するための貴重な体験学習の場です。ビジネスマナーの確認やコミュニケーション能力の向上を図るだけでなく、社会人への備えとして社会の現場を視学する絶好の機会となります。修了生の先輩たちは就業体験で得た学びを学業や学生生活の過ごし方、キャリアプランに繋げています。主体性を持って多くの方に参加いただきたいと思います。

※インターンシップ参加までの流れ(学内募集)

  1. (1)募集要項参照
  2. (2)必要書類提出
  3. (3)学内選考(企業で選考する場合もあり)
  4. (4)参加決定
  5. (5)学内事前研修会に参加
  6. (6)夏期または春期休暇中の1週間から4週間実習
  7. (7)実習終了後、学内事後研修会への参加と報告レポートによりその成果を確認

主なインターンシップ派遣先

海外
  • シカゴ日米協会
  • The Sketchy Artist
  • Ten Thousand Villages
  • Anderson Japanese Gardens
  • Daikin Applied Development Center

国内
  • IDEC
  • 朝日新聞大阪本社
  • 尼崎市役所
  • 尼崎信用金庫
  • ウェスティンホテル大阪
  • ANAクラウンプラザホテル神戸
  • 大阪シティ信用金庫
  • 大阪信用金庫
  • 大阪府庁
  • 岡野食品工業
  • 香川県庁
  • 加古川市役所
  • カース・キャリアセンター
  • 関西アーバン銀行
  • 関西環境管理技術センター(EMATEC)
  • きのくに信用金庫
  • 紀陽銀行
  • 協和発酵バイオ
  • 高知銀行
  • 神戸商工会議所
  • 神戸マツダ
  • 小林写真館
  • 鯖江市役所
  • JTB西日本
  • 島津テクノリサーチ
  • ジュンク堂書店
  • 神姫バス
  • テレビ和歌山
  • 東横イン
  • 鳥取信用金庫
  • 西宮市役所
  • 日本旅行
  • 野村證券
  • 阪急交通社
  • 播州信用金庫
  • 姫路キャッスルホテル
  • 姫路信用金庫
  • 兵庫県庁
  • 兵庫県勤労福祉協会
  • 兵庫県雇用開発協会
  • 福井銀行
  • ホテルオークラ神戸
  • 三井住友海上火災保険
  • 三菱UFJリサーチ&コンサルティング
  • 名鉄観光サービス
  • 山口朝日放送
  • 和歌山市役所

※名称はインターンシップ当時

インターンシップレポート

M.T.さん(文学部英文学科)インターンシップ先:ミネソタ日米協会

REPORT 01仕事は与えられるばかりではなく、
自ら作り出すことができるということを学びました。

私はミネソタ州にある日米協会へインターンシップに行きました。

最初に行なった仕事は協会へ寄付をしていただいた方々や会員からの会費を管理する会計業務、新規入会・更新時の手続き業務でした。そして感謝のお手紙を送ることも大切な業務の一つでした。会員のサポートのおかげで、協会の日米の人々の相互理解を促進するという活動が可能になるので、心をこめて書きました。どんな業務でも人を相手にしている仕事なので、相手に対する感謝の気持ちの大切さを実感しました。

また月刊誌「通信」編集・翻訳も担当しました。大学で翻訳クラスを受講していましたが、公式な文章を翻訳することが初めてでしたし、多くの方々が記 事の向こう側にいます。言葉選びにとても悩みましたが、字数の限られた中で読者に楽しんでもらえるように翻訳することについて、深く考えることができました。

そして、今回は企業へ行って職業体験するのと違ってオフィスメンバーの大半がインターンシップ生という状況でしたので、自ら動く姿勢や、責任感、そしてチームで協力しながら働くことの大切さを、身をもって経験することができました。与えられた仕事を正確にこなしていくことはもちろん大切ですが、仕事は与えられるばかりではなく、自ら作り出すことができるということを学びました。

毎日とても刺激的でたくさん勉強することが出来ました。1ヶ月間大変貴重な経験をさせていただいたことに心から感謝しています。

S.O.さん(人間科学部心理・行動科学科)
インターンシップ先:ホテルオークラ神戸

REPORT 02ホテル業務を内部から体験した事は
私自身にとって非常に新鮮なものでした。

8月24日〜9月11日までの3週間、私はホテルオークラ神戸の夏期インターンシップに参加しました。ベル・客室・レストランの3つのセクションを体験させていただきました。

スタッフの一員として働き、ホテル業務を内部から体験した事は私自身にとって非常に新鮮なものでした。ホテルには様々な部署があり、そこで働いているひとりひとりがホテルの機能を支えていることを改めて感じました。私は参加する前まで、表に立ち実際にお客様と接客をしてこそホテリエであると思っていました。しかし、客室係やレストランでの裏方を体験することにより、陰で支えている仕事の重要さを理解することができました。