神戸女学院大学 「障がい学生支援に関する基本方針」

目的

 この基本方針は、「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(以下「法」という。)に基づき、「文部科学省所管事業分野における障害を理由とする差別の解消の推進に関する対応方針」に即して、神戸女学院大学の教職員が適切に対応するために必要な事項を定めることを目的とする。

基本理念

 神戸女学院大学は、キリスト教主義の建学の精神に基づき、全ての教職員が障がいを理由とする差別の解消に取り組み、障がいのある人がそうでない人と平等に教育・研究に参加できるよう機会を確保する。

基本方針

1.機会の確保

 本学に入学を希望する障がいのある人、および本学に在籍する障がいのある学生が、障がいのない学生と同等の修学ができるよう機会の確保に努める。ただし、高等教育機関として適切な教育研究の質の確保に留意する。

2.情報公開

 障がいのある大学進学希望者や学内の障がいのある学生等に対して、支援の方針や相談体制、合理的配慮の事例等を公表する。

3.支援体制

 権利の主体が障がいのある学生であることを踏まえ、障がいのある学生一人ひとりの要望に基づき、相談受付担当部署、学生主事会、学生支援ネットワーク、各所属学科、その他関係部署が当該学生と相談の上、学生部が中心となり、個別に支援を決定する。

4.教育方法等

 情報収集の保障、コミュニケーション上の配慮、公平な試験、成績評価など、教育全般における配慮を行う。

5.施設・設備

 障がいのある学生が、安全かつ円滑に学生生活を送れるようキャンパスの環境整備に努める。

6.合理的配慮

 障がいのある学生から社会的障壁の除去を必要としている旨の意思の表明があった場合、実施に伴う負担が過重でないときは、当該学生の権利利益を侵害することとならないよう、社会的障壁の除去について、必要かつ合理的な配慮に努める。

7.研修・啓発

 障がいを理由とする差別の解消の推進を図るため、学生・教職員に対し、必要な研修・啓発を行う。

障がいのある学生への支援内容

 

1.支援事例

・入学試験、正課授業、学校行事(入学式、卒業式等)、修学支援、就職支援他

 

2.共通の支援

・窓口における説明、書類代筆
・授業における席の確保

 

3.入学試験の支援内容

・当該者と相談の上、状況に応じた支援

 

4.聴覚障がい

・文章による説明、筆談
・ノートテイカーの配置
・音声文字変換ソフトによる支援
・レジュメなど文字情報の提示
・その他、状況に応じた支援
 

5.肢体不自由

・車いす移動可能教室への変更
・移動への補助支援
・その他、状況に応じた支援
 

6.精神障がい・発達障がい・その他の障がい

・状況に応じた支援

キャンパスの環境整備

障がい学生支援

建設当時(1935年)からの校舎(有形文化財指定)の階段は、段差が非常に小さく緩やかで昇降の不自由さを最大限緩和出来るように作られていますが、現在もバリアフリー化を進めています。校内は、建物入り口へのスロープ、点字ブロック(一部分)、ユニバーサルトイレ等を設置し、障がい学生の支援に備えています。

最近の改修工事

・スロープの設置
2008年度 講堂中庭側、2009年度 デフォレスト館横から文学部2号館、文学館北東側、2013年度 総務館西側、2014年度 新社交館北側、理学館北側

・エレベーターの設置 (1984年以降に新設した建物については竣工当初よりエレベーター設置あり)
2010年度 デフォレスト館、文学部2号館、2013年度 文学館、2014年度 文学部1号館

・ハートビル法に基づいたトイレの改修 (1997年以降に新設した建物については竣工当初より多目的トイレの設置あり)
2004年 デフォレスト館1階、2010年度 新社交館、2013年度 文学館1階、2015年度 理学館1階、文学館2号館1階

・手摺の設置
2009年度 文学館内、2011年度 各所階段、2019年度 岡田山ロッジ入口前階段、茶室敷地内階段

・自動ドアの設置
2000年度 社交館2階、新社交館2階、2013年度 文学部1号館1階、2014年度 文学部2号館1階、2016年度 入学センター入口

・点字ブロックの設置
2022年度 音楽館正面入口、音楽館1階中央階段、音楽館~デフォレスト館渡り廊下、理学館~図書館渡り廊下、理学館北側入口、図書館新館前階段

関連ページリンク