ディプロマ・ポリシー

文学部は、他者との共生を志す国際理解の精神に基づき、豊かな感性と深い批判的思考力をもって人間と社会の諸相に向きあい、地域社会や国際社会に貢献できる人格を養成します。
そのような人格に必要な以下の能力を修得し、かつ所定の単位を取得して卒業論文を提出した学生に対して、学士(文学)の学位を授与します。卒業論文は担当教員が審査し、公開の卒業論文発表会が行われます。

  1. 人間の精神・言語・文化・社会に関わる専門分野の体系的な知識と技能を備え、専門分野における問題を理解し解決する力
  2. 豊かな教養と広い視野、複数分野を組み合わせる思考方法を備えることで、文化や社会の諸問題を複合的に捉えて、ものごとの本質を見きわめる力
  3. 自ら課題を設定し取り組む主体性・創造性と、それを的確に伝える力
  4. 母語および外国語の高い運用能力と異文化理解力を備え、多様な背景をもつ他者と共感・共生する力
  5. 社会の一員としての高い倫理意識を備え、置かれた場において役割を果たすべく自らを高めていく力

カリキュラム・ポリシー

ディプロマ・ポリシーに定めた能力をもつ人格を養成するため、文学部に英文学科・総合文化学科の2学科をおき、以下の方針に基づいてカリキュラムを編成します。

  1. 学科、コース、専攻科目群ごとに体系的な「メジャー科目」を設置し、基礎から応用まで段階的に専門性を高めること。また多角的で柔軟なものの見方を養成し、深い人間理解を導くため、学科内の複数領域の「メジャー科目」の履修を課すこと
  2. 専門領域の学びによって習得した知識・技能をもとに、主体的に問題を設定・解明し、それを人に伝える能力を養うため、少人数ゼミによる指導をおこない、英文学科では英語、総合文化学科では日本語による卒業論文の作成を課すこと
  3. 実践的な応用力、判断力、行動力を身につけるため、フィールドでの学びや体験型の学びを促進する科目やプログラムを設置すること
  4. 国際理解と国際対話の能力を養うため、「コア科目」と「メジャー科目」を通じて高度の外国語運用能力を養成し、言語文化への理解を深める科目やプログラムを設置すること
  5. 専門的知識と結びついたキャリア形成のために、教職課程、日本語教員養成課程、資格取得のための科目群を設置すること。また、キャリア意識を高める科目やプログラムを設置すること
  6. キリスト教精神にもとづく人間理解をはぐくみ、自立した市民に必要とされる素養をつちかうため、また文学部の専門分野を学ぶ基礎力をつけるために「コア科目」の履修を、広い視野と総合的な判断力の獲得のために「クローバーゼミ」、「オープン科目」の履修を課すこと
  7. 他学部・他学科の学生に向けて、 人間の精神・言語・文化・社会に対する多角的な関心と理解を深めるために、「オープン科目」や「マイナープログラム」を設置すること

アドミッション・ポリシー

文学部は、本学のミッションステートメントと本学・本学部のディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシーをよく理解し、本学部の教育課程を履修するために必要な基礎学力を備えた人を受け入れます。特に以下のような人を歓迎します。

  1. 世界の文化や社会の問題に強い関心があり、主体的に関わる志をもつ人
  2. 複数の学問分野を学び、事象を多角的に捉える姿勢を身につけたい人
  3. 高度の言語運用能力と専門知識を身につけて、社会に貢献したい人

本学部の教育を深く理解し、積極的に学びたい人を受け入れるために、推薦入学試験、公募制推薦入学試験を実施します。多様な能力と経験を持つ人を受け入れるために、帰国子女入学試験、社会人入学試験、外国人留学生入学試験、国際バカロレア入学試験を実施します。基礎学力を備えた人を広く受け入れるために一般入学試験(前期日程、後期日程)を実施します。

ミッションステートメントと3つのポリシー(大学)

関連ページリンク