神戸女学院 「学院歌」(1894年制定)

作詞 星野忠直  作曲 E.Torrey  ソプラノ 斉藤言子  オルガン 片桐聖子

1 ちぬの海のもに 照る月かげの 清きみ光に 学ぶぞうれしき
2 みめぐみの露に おいし我等は 風ふきすさぶも 心は変らじ
3 いわおに根ざせる ときわの松の いや高に栄えん 我が学びの家

神戸女学院記念歌 Beauty Becomes a College (2000年制定)

作詞 C. B. DeForest(1933年)  作曲 澤内 崇(2000年)  ソプラノ 斉藤言子  オルガン 片桐聖子

Beauty becomes a college,
Glory befits a soul.
God-made and man-made
Grows the radiant whole.

Beauty becomes a college.
Mold in steel and stone
Tower and arch and pillar
Wisdom acclaims her own.

Beauty becomes a college,
Fruit of bulb and cone,
Rocks, ravines, and vistas,
So is her garden grown.

Beauty becomes a college,
Hearts of age and youth
Warm with the love of serving
Eyes alight with truth.

Beauty becomes a college.
Glory befits a soul.
God-made and man-made,
Grows the radiant whole.

美は学舎まなびやにふさわしく、
賛美はこころに似つかわしい。
神の創りしものと人の作りしものは
輝く全体ひとつのものとなる。

美は学舎まなびやにふさわしく。
くろがねと石とで築かれた
塔やアーチや柱は
英知の作品。

美は学舎まなびやにふさわしく。
草の根、種より育ちし実り、
岩あり谷あり展望のぞみあり、
これみな学びの園をなす。

美は学舎まなびやにふさわしく。
老いも若きも
奉仕の愛、心にあふれ
真理の光、目にきらめく。

美は学舎まなびやにふさわしく。
賛美はこころに似つかわしい。
神の創りしものと人の作りしものは
輝く全体ひとつのものとなる。
 

訳 原田園子

この音源の権利は神戸女学院に属しています。
音源や楽譜が必要な方は、広報(学長室)までご連絡をお願いいたします。

関連ページリンク