神戸女学院は1875年に創立されました。以来、「キリスト教主義」「国際理解」「リベラルアーツ&サイエンス教育(以下、リベラルアーツ教育)」を軸とする少人数制の女性教育において、高い評価をいただいています。この在り方を、時代と対話しつつさらに深めるため、以降10年間の重点項目をまとめました。

Ⅰ.目指す姿

大学像

豊かな人間性と国際感覚を育む、日本を代表するキリスト教主義リベラルアーツ女子大学。

学生像

21世紀にふさわしい教養と知性、高い語学力、そして「愛神愛隣」の精神を身につけ、どのような立場に置かれても十分に能力を発揮し、状況に立ち向かうことができる学生。

Ⅱ.取り組みの概要

1)国際化の推進

本学のミッションステートメントの視点から、国際教育、海外との教育研究交流を活発に行うための体制をさらに充実させます。

2)英語教育の強化

本学の英語教育をさらに発展させると共に、全学的に共感性の高い人を育成し、リベラルアーツ教育への理解を深めることのできるカリキュラムを構築します。

3)リベラルアーツ教育の整備

本学のカリキュラム・ポリシーの精神を生かして複合領域を視野に収められる学修制度を整え、多角的な分析力、応用力、受容力を陶冶します。

4)学修支援環境の充実

学生一人一人が、学生相互また教職員との出会いの中で、自発的かつ協働的な学修姿勢を体得できる環境を研究し、整備します。

5)社会連携の強化

本学の「愛神愛隣」の精神に基づき、学生、教職員が本学の研究と学びを地域社会に還元するための組織体制を整えます。

 

神戸女学院大学では今後も議論を深め、順次具体化し、公表していきます。

Ⅲ.2019年度の取り組み

本年度の重点項目として、1.広報、2.学修環境の充実、3.社会連携の強化、4.リベラルアーツ教育の推進、5.国際化の充実(学生の意識と能力アップ、英語教育の強化を含む)が定められました。

1)「これからの道標」の深化、評価と検証

制定から7年がすぎ、この間の取り組みの成果を検証し改善を続けています。中長期目標の達成に向け、第二期中期目標・計画を推進します。

2)グローバル時代への対応

第一期中期目標に掲げた「豊かな国際感覚」と「高い語学力」を備えたグローバル時代にふさわしい力の育成という目標を常に確認しながら、全学レベルでグローバル意識を高め、更なる英語教育の強化、海外研修制度の充実を図ります。神戸女学院大学の国際化ビジョンをもとに国際化を全学の重点方針として推進します。学生への情報提供と浸透を徹底し、海外研修への積極的参加を促します。また、提携校の拡充と見直しを進め留学生の受け入れ体制の充実を図ります。

3)リベラルアーツ教育の充実と応用

リベラルアーツ教育を柱にしたカリキュラムの円滑運用を推進し、その効果を検証します。リベラルアーツ&サイエンスプログラム(2017年度入学生よりマイナープログラム)の浸透と活発な運用を引き続き促進します。さらに各分野の有機的連携、大学院レベルの研究につながる指導を進め、キャリア意識を醸成します。

4)自主性を促す学修および学修支援環境の整備

新カリキュラムの理念と目標を全学で共有し、学生の自主的な学びを促します。また実地体験で学びを深めるプロジェクト科目を推進します。地域連携をさらに強め、サービスラーニングにも積極的に取り組みます。教育研究等環境の整備に関する方針をもとに、教員支援を含む教育研究環境の充実を図ります。また、社会貢献・地域連携を大学の重点方針として推進します。

5)学生の学内学修・生活環境の充実

キャンパスにおける学修・生活環境の向上を図り、バリアフリー化を推進します。また重要文化財に指定(2014年)された学舎を活用した本学学生によるツアー・マイスター制度をさらに充実、向上、定着させ、世間への認知度を高めます。

6)キャリア・サポート体制の充実

就職・採用活動をめぐる社会情勢を見極めながら、卒業年次生への支援、指導を強化します。加えて下級生に対しても、準備態勢とキャリア意識の強化を図り情報提供と助言を行います。さらに、企業との連携の強化を進めます。

7)教職課程の充実

教職科目に加え、教育現場から求められる教員としてふさわしい知識、情報の提供を行い指導します。教職再課程認定を受け、カリキュラムに応じた教育の充実を進めます。

8)専門課程の充実

本学の教育理念のもと各学科専門課程の研究教育を一層充実、活性化させ、さらなる発展を目指します。社会から求められる能力を備えた人材を育成します。

9)広報体制の強化

本学の取り組みを正確、迅速かつ効果的に学内外へ伝えるための多角的な広報体制を強化します。ホームページの充実、活性化を進めます。

10)キャンパス・グランドデザインの構築

学院創立150周年を視野に入れ、重要文化財を含めた学院全体のキャンパスデザインを、ソフト、ハード面から考察し、グランドデザインを立案し、タイムスケジュールに沿った具体的計画を構築します。

11)学院創立150周年に向けた取り組み

学院が設置した特別委員会の上位概念のもと、各事業計画を検討、決定し、推進していきます。

12)本学への帰属意識の向上

ゆるがない建学の精神のもと、学生、教職員、同窓生が、誇りと自信をもって、本学にかかわっていく意識を醸成します。

Ⅳ.2018年度の取り組みと報告

1)「これからの道標」の深化、評価と検証

制定から6年がすぎ、この間の取り組みの成果を検証し改善を続けています。中長期目標の達成に向け、第二期中期目標・計画を推進します。

2)グローバル時代への対応

第一期中期目標に掲げた「豊かな国際感覚」と「高い語学力」を備えたグローバル時代にふさわしい力の育成という目標を常に確認しながら、全学レベルでグローバル意識を高め、更なる英語教育の強化、海外研修制度の充実を図ります。神戸女学院大学の国際化ビジョンをもとに国際化を全学の重点方針として推進します。学生への情報提供と浸透を徹底し、海外研修への積極的参加を促します。また、留学生の受け入れ体制の充実を図ります。

-英文学科ではポーランドへのField Studyを実施し、他学科の学生を含め10人が参加しました。

-モーツァルテウム音楽大学との毎年の交流プログラムに加えて、協定校サム・ヒューストン州立大学(SHSU)との合同オペラ公演が実現。H.パーセルのオペラ《ディドとエネアス》が両校の学生と教員の共同制作でSHSUとKCで上演されました。 

-共通英語教育研究センターにおいては、2017年度まではTOEIC指導に力を入れ実績も上がってきたので、2018年度は留学に必要なTOEFL, IELTS指導にも力を入れ、Advanced English for TOEFL and IELTS(選択科目)、TOEFL-ITP 対策講座、IELTS対策講座等を充実させました。

-2018年度 中長期留学、海外研修、語学研修に参加した学生は135名でした。

-留学に必要な外国語能力検定試験の成績アップを目指して、IELTS対策講座(英語)、HSK対策講座(中国語)を初めて実施しそれぞれ着実な成果を挙げました。

-2018年度には新たにカリフォルニア州立大学ベーカーズフィールド校と交換留学協定を締結し、派遣留学(長期)の協定校は16校となりました。2019年度は本学から13名の派遣留学生を海外協定校へ送り出す予定です。

-2018年10月にタイで開催されたACUCA(アジアキリスト教大学協会)主催の学生キャンプに、初めて4名の学生を派遣しました。

-2018年度には海外協定校より、今回が初めてとなる淑明女子大(韓国)、揚州大(中国)、文藻外語大(台湾)からを含む19名の長期留学生を受け入れました。
 

3)リベラルアーツ教育の充実と応用

リベラルアーツ教育を柱にしたカリキュラムの円滑運用を推進し、その効果を検証します。リベラルアーツ&サイエンスプログラム(2017年度入学生よりマイナープログラム)の浸透と活発な運用を引き続き促進します。さらに各分野の有機的連携、大学院レベルの研究につながる指導を進め、キャリア意識を醸成します。

4)自主性を促す学修および学修支援環境の整備

新カリキュラムの理念と目標を全学で共有し、学生の自主的な学びを促していきます。また実地で学びを深めるプロジェクト科目を推進します。地域との連携をさらに強め、サービスラーニングにも全学的に取り組みます。教育研究等環境の整備に関する方針をもとに、教員支援を含む教育研究環境の充実を図ります。また、社会貢献・地域連携を大学の重点方針として推進します。

-文学部Ⅰ号館1教室を改修し、全面ホワイトボード、高輝度プロジェクタ、グループ学習ツール等を導入しました。プレゼンテーションやグループワークを通じてコミュニケーション力など様々な能力を磨く環境が整いました。

-エミリーブラウン館にコンピューター音楽室を設置。FinaleやGarageBandなどを駆使して作曲の新たな可能性を追求できる良い環境が整いました。

5)学生の学内学修・生活環境の充実

キャンパスにおける学修・生活環境の向上を図り、バリアフリー化を推進します。また重要文化財に指定(2014年)された学舎を活用した本学学生によるツアー・マイスター制度をさらに充実、定着させ、世間への認知度を高めます。

-2018年度より専任の修学支援担当者を配属し、年々多様化・複雑化する修学支援を、より専門的・合理的に解決するため、新しい支援体制を整え始めました。

6)キャリア・サポート体制の充実

就職・採用活動をめぐる社会情勢を見極めながら、卒業年次生への支援、指導を強化します。加えて下級生に対しても、準備態勢とキャリア意識の強化を図り情報提供を行います。さらに、企業との連携の強化を図ります。

-英文学科では、キャリア支援として特別プロジェクト(人生への戦略)を実施。3年次学生が国際的企業での長期インターンシップを実現しました。

7)教職課程の充実

教職科目に加え、教育現場から求められる教員としてふさわしい知識、情報の提供を行い指導します。教職再課程認定に備え、カリキュラムに応じた教育の充実を図ります。

-文科省から新法に基づく教職再課程認定を受け、2019年度からの新課程開始を実現しました。さらに旧課程から新課程への移行に対応できるカリキュラムを整備・充実しました。

8)専門課程の充実

本学の教育理念のもと各学科専門課程の研究教育の一層の充実と活性化を目指します。社会から求められる能力を備えた人材を育成します。

-心理・行動科学科では、2018年度より公認心理師(国家資格)取得のためのカリキュラムをスタートしました。

9)広報体制の強化

ブランディング方針のもと、本学の取り組みを正確かつスピーディーに学内外へ伝えるための多角的な広報体制を強化します。ホームページの充実を進めます。

-大学広報では、新制大学設置認可70周年を記念した交通広告の掲出と、卒業生のインタビュー冊子『Stories-私はまだ、私を知らない。』を作製しました。

10)キャンパス・グランドデザインの構築

創立150周年に向けて、重要文化財を含めた学院全体のキャンパスデザインを、ソフト、ハード面から考察し、グランドデザインを立案し、タイムスケジュールにそった具体的計画を構築します。

関連ページリンク