神戸女学院は1875年に創立されました。以来、「キリスト教主義」「国際理解」「リベラルアーツ&サイエンス教育(以下、リベラルアーツ教育)」を軸とする少人数制の女性教育において、高い評価をいただいています。この在り方を、時代と対話しつつさらに深めるため、以降10年間の重点項目をまとめました。

Ⅰ.目指す姿

大学像

豊かな人間性と国際感覚を育む、日本を代表するキリスト教主義リベラルアーツ女子大学。

学生像

21世紀にふさわしい教養と知性、高い語学力、そして「愛神愛隣」の精神を身につけ、どのような立場に置かれても十分に能力を発揮し、状況に立ち向かうことができる学生。

Ⅱ.取り組みの概要

1)国際化の推進

本学のミッションステートメントの視点から、国際教育、海外との教育研究交流を活発に行うための体制をさらに充実させます。

2)英語教育の強化

共通英語教育をさらに発展させると共に、全学的に共感性の高い人を育成し、リベラルアーツ教育への理解を深めることのできる英語教育を構築します。

3)リベラルアーツ教育の整備

本学のカリキュラム・ポリシーの精神を生かして複合領域を視野に収められる学修制度を整え、多角的な分析力、応用力、受容力を陶冶します。

4)学修支援環境の充実

学生一人一人が、学生相互また教職員との出会いの中で、自発的かつ協働的な学修姿勢を体得できる環境を研究し、整備します。

5)社会連携の強化

本学の「愛神愛隣」の精神に基づき、学生、教職員が本学の研究と学びを地域社会に還元するための組織体制を整えます。

 

神戸女学院大学では今後も議論を深め、順次具体化し、公表していきます。

Ⅲ.2018年度の取り組み

1)「これからの道標」の深化、評価と検証

制定から6年がすぎ、この間の取り組みの成果を検証し改善を続けています。中長期目標の達成に向け、第二期中期目標・計画を推進します。

2)グローバル時代への対応

第一期中期目標に掲げた「豊かな国際感覚」と「高い語学力」を備えたグローバル時代にふさわしい力の育成という目標を常に確認しながら、全学レベルでグローバル意識を高め、更なる英語教育の強化、海外研修制度の充実を図ります。神戸女学院大学の国際化ビジョンをもとに国際化を全学の重点方針として推進します。学生への情報提供と浸透を徹底し、海外研修への積極的参加を促します。また、留学生の受け入れ体制の充実を図ります。

3)リベラルアーツ教育の充実と応用

リベラルアーツ教育を柱にしたカリキュラムの円滑運用を推進し、その効果を検証します。リベラルアーツ&サイエンスプログラム(2017年度入学生よりマイナープログラム)の浸透と活発な運用を引き続き促進します。さらに各分野の有機的連携、大学院レベルの研究につながる指導を進め、キャリア意識を醸成します。

4)自主性を促す学修および学修支援環境の整備

新カリキュラムの理念と目標を全学で共有し、学生の自主的な学びを促していきます。また実地で学びを深めるプロジェクト科目を推進します。地域との連携をさらに強め、サービスラーニングにも全学的に取り組みます。教育研究等環境の整備に関する方針をもとに、教員支援を含む教育研究環境の充実を図ります。また、社会貢献・地域連携を大学の重点方針として推進します。

5)学生の学内学修・生活環境の充実

キャンパスにおける学修・生活環境の向上を図り、バリアフリー化を推進します。また重要文化財に指定(2014年)された学舎を活用した本学学生によるツアー・マイスター制度をさらに充実、定着させ、世間への認知度を高めます。

6)キャリア・サポート体制の充実

就職・採用活動をめぐる社会情勢を見極めながら、卒業年次生への支援、指導を強化します。加えて下級生に対しても、準備態勢とキャリア意識の強化を図り情報提供を行います。さらに、企業との連携の強化を図ります。

7)教職課程の充実

教職科目に加え、教育現場から求められる教員としてふさわしい知識、情報の提供を行い指導します。教職再課程認定に備え、カリキュラムに応じた教育の充実を図ります。

8)専門課程の充実

本学の教育理念のもと各学科専門課程の研究教育の一層の充実と活性化を目指します。社会から求められる能力を備えた人材を育成します。

9)広報体制の強化

ブランディング方針のもと、本学の取り組みを正確かつスピーディーに学内外へ伝えるための多角的な広報体制を強化します。ホームページの充実を進めます。

10)キャンパス・グランドデザインの構築

創立150周年に向けて、重要文化財を含めた学院全体のキャンパスデザインを、ソフト、ハード面から考察し、グランドデザインを立案し、タイムスケジュールにそった具体的計画を構築します。

Ⅳ.2017年度の取り組みと報告

1)「これからの道標」の深化、評価と検証

制定から5年がすぎ、この間の取り組みの成果を検証し改善を続けています。中長期目標の達成に向け、第二期中期目標・計画を推進します。

-「新しい〈3つのポリシー〉と新カリキュラム」をテーマに開催した秋季大学教授会研修会では、大学の内部質保証システムについて理解を深め、全学科の3ポリシーと新カリキュラムに基づく教育充実の取り組みについて、教職員で協議し共有する機会を持ちました。

-第三期認証評価の基準に沿った新自己点検評価システム構築が完了し、次年度からの運用準備が整いました。

2)グローバル時代への対応

第一期中期目標に掲げた「豊かな国際感覚」と「高い語学力」を備えたグローバル時代にふさわしい力の育成という目標を常に確認しながら、グローバル意識を高め、更なる英語教育の強化、海外研修制度の充実を図ります。神戸女学院大学の国際化ビジョンをもとに国際化を全学の重点方針として推進します。

-国際化推進委員会が始動しました。学生の海外への送り出しと学内の英語教育をリンクさせるため、国際交流センターと共通英語教育研究センターの連携を強化しました。

-「神戸女学院大学、外へ~中長期計画との関わりで」をテーマに行った春季教授会研修会で、国際化推進に向けての発題を通して、本学の課題について協議しました。

-中長期留学、海外研修、語学研修に2017年度参加した学生は129名でした。

-2017年度に新たに揚州大学(中国)およびタイキリスト教大学の2大学と交換留学協定を結び、派遣留学(長期)の協定校は15校になりました。2018年度は11名の派遣留学生を本学から海外協定校へ送り出す予定です。

-海外大学とのネットワークであるACUCA(アジアキリスト教大学協会)への加入が2017年度に正式承認されました。今後アジア圏8か国、60の加盟大学との交流を促進していく予定です。

-OSAKA ENGLISH VILLAGE(大阪府吹田市)に本学特別枠レッスンを設けていただき、1年生の必修科目の課題として、学生にアメリカ疑似体験の場を提供しました。

-2016年度に引き続き、第2回CLIL (Content and Language Integrated Learning) 教授法研修会を開催しました。全学科から教員が参加し、英語によるアクティブ・ラーニングの技法を学びました。

-英文学科は、2017年度から高度な英語力と専門性を積極的に身につけることができる新カリキュラムを開始しました。

-音楽学科では、モーツァルテウム音楽大学(オーストリア)との Friendship Week 2017に加え、今年度は協定校、サムヒューストン大学(アメリカ)と共同でオペラ公演を企画し、学生9名が渡米して現地の学生と共に公演を行いました。

3)リベラルアーツ教育の充実と応用

リベラルアーツ教育を柱にした本年度開始新カリキュラムの円滑運用を図り、その効果を検証します。リベラルアーツ&サイエンスプログラム(2017年度入学生よりマイナープログラム)の浸透と活発な運用を引き続き促進します。さらに各分野の有機的連携、大学院レベルの研究につながる指導を進め、またキャリア意識を醸成します。

-新カリキュラムが始動しました。「新しい〈3つのポリシー〉と新カリキュラム」をテーマに実施した秋季教授会研修会で、新カリキュラムの実効性ある運用に向けた取り組みや課題を共有する機会を持ちました。

-新カリキュラムの核となる「クローバーゼミ」が1年生を対象に始動しました(音楽学科は2年生後期)。9つのテーマでそれぞれ3領域の教員のもと学科を超えて学んだ学生達は、異なる価値観への気づきや広く捉えて深く学ぶ面白さに刺激を受けたようです。

-副専攻プログラムA(リベラルアーツ&サイエンスプログラム)を受講して、音楽学部で実技や音楽専門科目を履修した第1期生3名が修了証書を得て卒業しました。

4)自主性を促す学修および学修支援環境の整備

新カリキュラムの理念と目標を教職員で共有し、学生の自主的な学びを促していきます。また実地で学びを深めるプロジェクト科目を推進します。地域との連携をさらに強め、サービスラーニングにも全学的に取り組みます。そのために、教育研究等環境の整備に関する方針をもとに、教員支援を含む教育研究環境の充実を図ります。また、社会貢献・地域連携を全学の重点方針として推進します。

-アカデミック・アドバイザー制度、学修計画書を全学的に導入しました。

-地域連携推進委員会が始動しました。西宮浜をフィールドとした連携について西宮市から提案があり、委員会で協議の上、今後各学科で検討することになりました。

-英文学科では、教職課程履修学生が西宮の小学校で英語教育指導補助を行っています。

5)学生の学内学修・生活環境の充実

キャンパスにおける学修・生活環境の向上を図り、バリアフリー化を推進します。また重要文化財に指定(2014年)された学舎を活用したツアー・マイスター制度をさらに充実、定着させ、世間への認知度を高めます。

-学修を行う上で困難を抱える学生に対して、適切な支援を行える体制づくりの検討を行ってきました。準備が整い、2018年度より新しい体制で学生支援に取り組みます。

-プロジェクト科目「神戸女学院を創る」に、ツアー・マイスター志望者に推奨される新たな科目を追加しました。

-2017年度は受講生27名を含む38名がマイスター資格を取得しました。

6)キャリア・サポート体制の充実

就職・採用活動をめぐる社会情勢を見極めながら、卒業年次生への支援、指導を強化します。加えて下級生に対しても、準備態勢とキャリア意識の強化を図ります。

-英文学科では、2018年度から国際的なキャリア形成を希望する学生を対象として、新しいタイプのインターンシッププログラムを導入します。

7)教職課程の充実

教職科目に加え、教育現場から求められる教員としてふさわしい知識、情報の提供を行い指導します。

8)専門課程の充実

本学の教育理念のもと各学科専門課程の研究教育の一層の充実と活性化を目指します。

-心理・行動科学科では、公認心理師(国家資格)にかかわるカリキュラム導入の準備が整い、2018年度入学者から実施します。

9)広報体制の強化

ブランディング方針を明確化し、また本学の取り組みを正確かつスピーディーに学内外へ伝えるための多角的な広報体制を構築します。

-学長室広報担当を事務局とし、外部パートナーとも連携しつつ、大学企画評価会議にて広報施策案を検討・決定する体制を構築し、スピーディーに施策を実施しました。
 
-ブランディングを進める中で制定されたタグライン「私はまだ、私を知らない。」を広く社会にPRするために、交通広告(電車内広告)3回掲出しました。 

-タグラインとその考え方を在学生に伝えるためのリーフレットを発行し、登録ガイダンス、各ゼミで教員がそれぞれ説明しました。

 -大学ホームページ(トップページを含む広報管轄分)を全面リニューアルし、本学の学びや取り組みがわかりやすく体系的に発信できるようになりました。
 

10)キャンパス・グランドデザインの構築

重要文化財を含めた学院全体のキャンパスデザインを、ソフト、ハード面から考察し、グランドデザインの立案につなげていきます。

関連ページリンク