神戸女学院は1875年に創立されました。以来、「キリスト教主義」「国際理解」「リベラルアーツ&サイエンス教育(以下、リベラルアーツ教育)」を軸とする少人数制の女性教育において、高い評価をいただいています。この在り方を、時代と対話しつつさらに深めるため、以降10年間の重点項目をまとめました。

Ⅰ.目指す姿

大学像

豊かな人間性と国際感覚を育む、日本を代表するキリスト教主義リベラルアーツ女子大学。

学生像

21世紀にふさわしい教養と知性、高い語学力、そして「愛神愛隣」の精神を身につけ、どのような立場に置かれても十分に能力を発揮し、状況に立ち向かうことができる学生。

Ⅱ.取り組みの概要

1)国際化の推進

本学のミッションステートメントの視点から、国際教育、海外との教育研究交流を活発に行うための体制をさらに充実させます。

2)英語教育の強化

共通英語教育をさらに発展させると共に、全学的に共感性の高い人を育成し、リベラルアーツ教育への理解を深めることのできる英語教育を構築します。

3)リベラルアーツ教育の整備

本学のカリキュラム・ポリシーの精神を生かして複合領域を視野に収められる学修制度を整え、多角的な分析力、応用力、受容力を陶冶します。

4)学修支援環境の充実

学生一人一人が、学生相互また教職員との出会いの中で、自発的かつ協働的な学修姿勢を体得できる環境を研究し、整備します。

5)社会連携の強化

本学の「愛神愛隣」の精神に基づき、学生、教職員が本学の研究と学びを地域社会に還元するための組織体制を整えます。

 

神戸女学院大学では今後も議論を深め、順次具体化し、公表していきます。

Ⅲ.2017年度の取り組み

1)「これからの道標」の深化、評価と検証

制定から5年がすぎ、この間の取り組みの成果を検証し改善を続けています。中長期目標の達成に向け、第二期中期目標・計画を推進します。

2)グローバル時代への対応

第一期中期目標に掲げた「豊かな国際感覚」と「高い語学力」を備えたグローバル時代にふさわしい力の育成という目標を常に確認しながら、グローバル意識を高め、更なる英語教育の強化、海外研修制度の充実を図ります。神戸女学院大学の国際化ビジョンをもとに国際化を全学の重点方針として推進します。

3)リベラルアーツ教育の充実と応用

リベラルアーツ教育を柱にした本年度開始新カリキュラムの円滑運用を図り、その効果を検証します。リベラルアーツ&サイエンスプログラム(2017年度入学生よりマイナープログラム)の浸透と活発な運用を引き続き促進します。さらに各分野の有機的連携、大学院レベルの研究につながる指導を進め、またキャリア意識を醸成します。

4)自主性を促す学修および学修支援環境の整備

新カリキュラムの理念と目標を教職員で共有し、学生の自主的な学びを促していきます。また実地で学びを深めるプロジェクト科目を推進します。地域との連携をさらに強め、サービスラーニングにも全学的に取り組みます。そのために、教育研究等環境の整備に関する方針をもとに、教員支援を含む教育研究環境の充実を図ります。また、社会貢献・地域連携を全学の重点方針として推進します。

5)学生の学内学修・生活環境の充実

キャンパスにおける学修・生活環境の向上を図り、バリアフリー化を推進します。また重要文化財に指定(2014年)された学舎を活用したツアー・マイスター制度をさらに充実、定着させ、世間への認知度を高めます。

6)キャリア・サポート体制の充実

就職・採用活動をめぐる社会情勢を見極めながら、卒業年次生への支援、指導を強化します。加えて下級生に対しても、準備態勢とキャリア意識の強化を図ります。

7)教職課程の充実

教職科目に加え、教育現場から求められる教員としてふさわしい知識、情報の提供を行い指導します。

8)専門課程の充実

本学の教育理念のもと各学科専門課程の研究教育の一層の充実と活性化を目指します。

9)広報体制の強化

ブランディング方針を明確化し、また本学の取り組みを正確かつスピーディーに学内外へ伝えるための多角的な広報体制を構築します。

10)キャンパス・グランドデザインの構築

重要文化財を含めた学院全体のキャンパスデザインを、ソフト、ハード面から考察し、グランドデザインの立案につなげていきます。

Ⅳ.2016年度の取り組みと報告

1)「これからの道標」の深化、評価と検証

制定から4年がすぎ、教育の三つの柱を軸とする検証と改善を続けています。長期目標の達成のため、次期中期計画を策定します。
 

-2016年度から2020年度までの大学の中期目標・計画を策定し、学内で共有しました。

-大学3ポリシーを改定し、本学の教育方針を一層明確に示しました。

2)グローバル時代への対応

第一期中期目標に掲げた「豊かな国際感覚」と「高い語学力」を備えたグローバル時代にふさわしい力の育成という大学全体の目標を再確認し、更なる英語教育の強化、海外研修制度の充実、学内におけるグローバル意識を高めてゆきます。
 

神戸女学院大学の国際化ビジョンをもとに、国際化を全学の重点化方針として取り組みます。

-中長期留学、海外研修、語学研修に2016年度参加した学生は116名でした。
-2016年度に新たに淑明女子大学(韓国)および文藻外語大学(台湾)の2大学と交換留学協定を結び、派遣留学(長期)の協定校は14校になりました。
-海外大学とのネットワークづくりを展開し、2016年度にACUCA(アジアキリスト教大学協会)へ加盟申請をしました。2017年度の正式承認を経て今後アジア圏8か国、60の大学とつながっていくこととなる予定です。
-本学への留学生が、自治体等が主催する催し・ワークショップ等に参加し、地域の方々と触れ合う機会を持ちました。
-OSAKA ENGLISH VILLAGE(大阪府吹田市)に本学特別枠レッスンを設けていただき、学生にアメリカ疑似体験の場を提供しました。
-西宮市内の小学生を対象にKids English Easter Fun!を催し、イースターエッグ探しなど、イースターの体験を英語でしてもらいました。
-教員向けに第1回CLIL(Content and Language Integral Learning)教授法研修会を開催しました。全学科から教員が参加し、英語によるアクティブ・ラーニングの技法を学びました。

3)リベラルアーツ教育の充実と応用と成果

2017年度から実施されるリベラルアーツ教育を柱とした新カリキュラムに向け、準備を重ねて行きます。専門教育を深め、リベラルアーツ&サイエンスプログラムの浸透を図ります。また、各分野の有機的連携、大学院研究につながる指導、キャリア意識の更なる醸成を促します。

-「2017年度から始まる新カリキュラム -理念と行動」をまとめ、2017年度から展開するカリキュラムの目的と内容の浸透を図りました。

-新カリキュラムの核となる「クローバーゼミ」のパイロット講座を後期に開講し、授業の見学や学内への報告等で、共有を行いました。

4)自主性を促す学修および学修支援環境の整備

新カリキュラム導入に向かい、学生の自主的な学びに向けての教員の意識と指導の方向性の共通認識を高めてゆきます。また実地研修で活かすプロジェクト型科目を推進していきます。地域との連携を深化させ、サービスラーニングにも全学的に取り組みます。

教育研究等環境の整備に関する方針をもとに、教員支援を含む教育研究環境の充実を図ります。また、社会貢献・連携推進を、全学の重点方針の一つとして取り組みます。

-公募型の全学プロジェクト科目開設に向けた準備をしました。

-学内無線LANの整備が今年度で完了しました。

5)学生の学内学修・生活環境の充実

キャンパスにおける学修と生活環境の更なる充実、活用への検証、改革とバリアフリー化を検討します。重要文化財に指定(2014年)された学舎を活用した学生ツアー・マイスター制度の定着をはかります。

-文学部2号館32、33、34教室の机と椅子を入れ替えました。第一体育館体育室の床面の改修を行いました。ジュリア・ダッドレー記念館および図書館新館、オルチン記念音楽館のトイレ改修を行いました。

-重要文化財見学ツアーのガイドを担当する学生ツアー・マイスター制度がスタートし、約3年が経過しました。2017年3月末現在で、約60名の学生が登録しています。所定の研修(座学および実習)を受講すると、ツアー・マイスターに認定されます。2016年度は8日間の一般公開日をはじめ、各種関係団体からの申込みによる見学ツアーが開催され、1000名以上の方をご案内しました。この他、NHK-BSプレミアムのテレビ出演の機会もありました。

6)キャリア・サポート体制の充実

就職・採用活動についての申し合わせや倫理憲章等、卒業年次生への支援・指導を強化し、加えて下級生に対しての準備態勢、キャリア意識の強化を図ります。

-キャリアサポート体制を充実させ、就職活動準備としてガイダンスやセミナー等、約130回のプログラムを実施しました。特に、過去最多となる延べ159社の説明会を行い、学生が学内で企業と出会える機会を広げました。

7)教職課程の充実

教職希望学生に対して、教職科目に加え、教育現場から求められる教員としてのふさわしい知識、情報の提供を行います。

-英語、国語、社会(地歴・公民)、理科の各教科で、現場の中学校・高等学校の教員を招いて、教職講演会を実施しました。

8)専門課程の充実

本学の教育理念のもと各学科専門課程の研究教育を一層充実します。

-全学的なカリキュラム改革にあわせて、各学科専門課程でも開設科目の充実を図りました。環境・バイオサイエンス学科では専門課程のカリキュラムの整備を行い、2016年度入学者から実施しました。英文学科でも、新たな専門課程カリキュラムを2017年度入学者から実施します。

関連ページリンク