中期英語留学
留学期間
2008.8~2009.3
米国

【tomi*】チャタム大学

2009.04.01 チャタム大学へ中期英語留学に行ってきました!

2008年8月20日から中期留学でアメリカ・ペンシルバニア州のピッツバーグに あるチャタム大学に行って来ました!!

大学はちょうど新入生が入ってくる時期で、アメリカに到着した最初の1週間はオリエンテーションの毎日でした。

オリエンテーションスタッフの人たちが企画してくれたゲーム・ダンスパー ティ・アスレチック・BBQなどなど...
時差ボケに耐えながらも楽しい毎日を過ごしました♪

アメリカ人はみんないっつもハイテンションで積極的な性格!!
そんな性格に圧倒されながらも、一生懸命ついていこうってほとんど全部のアクティビティに参加しました。

特にダンスパーティはアメリカ人のダンスの上手さにビックリ!!
今まで踊ったことない私はどうしよう-って少し戸惑いました。

私はチャタム大学でAmerican Governmentと中国語、それからピアノの授業を受講しました。
ピアノ以外の授業は50分授業が週3回、ピアノは1時間レッスンが週1回でした。

特にAmerican Governmentは大統領選の時期に受講したので、アメリカの選挙の仕組み・候補者の考えについて学ぶことができました。
また、アメリカ人学生と日本の政治の違いについて話し合う機会もありました。

実際ネイティブの英語はと-っても早く、リスニングが苦手な私にとってはなかなか理解するのに苦労したけど、アメリカの大学の授業を受けられる機会なんてそうはないので、良い経験になりました。

中期留学を通して、辛かった点は英語で自分の思い・意志を正確に伝えることが困難だったことです。

けれど、この辛い体験が今はプラスになっていて、日本語が使える今は、出来る限り自分の思い・意志を伝えようと思えるようになりました。

日本人は自分の意見を言うことが苦手な人が多いですが、自分の気持ちを相手に伝えることは大事なことだと思います。

中期留学は、英語だけでなく自分自身も成長できた素敵な7ケ月でした。

一覧ページへ