派遣留学
留学期間
2009.8-2010.5
米国

【mahoko】ワイオミング大学

2010.06.30 留学を終えて

帰国して約1カ月が経過しました。

日本の大学のほうがのんびりしているというとみなさん驚かれるかもしれません。
しかし、ワイオミング大学の学生の多くは、学期終了後、Summer Class を取り、夏休みも朝から必死に勉強をします。

ワイオミングでの一年間は、あっという間に終わりました。
しかし、いま私は今からが本当のスタートだと思っています。
一年間という期間は何かを達成するには短すぎて、自分の思うような結果が出せず、悔しいという思いで帰国せざるを得ませんでした。
また日本で勉強のやり直しです。

しかし、一つだけ自信を持っていることは、これからは何でも挑戦するという度胸がついたことです。

留学する皆さん、留学するというのは戦いだと思います。
しかし、それを経験してこそどんな状況でも生き抜ける力がつきます。
それが留学する最大の魅力だと私は信じています。

留学を無事に終えることができたのは、留学機会を下さった神戸女学院の皆様、そしてご指導くださったワイオミング大学の方々からの支えがあったからです。
心より感謝致します。

2010.04.02 勉強について

みなさんお久しぶりです。
留学生活も残り1か月余りとなりました。

期末試験が近付き、私もペーパーやプレゼンテーションの用意で忙しいです。

文学専攻の私はとにかくたくさん読まされます。
1日に100ページは読みます。

最初は、読むことに必死で、おまけに古英語で書かれているので、読んでもなかなか理解できないことが毎日でした。
何を勉強するにしてもこれから留学される方は必ずリーディングに悩まされると思います。

リーディングに関して私がアドバイスできることは、

1.家で読まない。図書館で読む。
(ワイオミング大学の図書館は24時間開いていますので、12時を過ぎても多くの学生が課題をして残っています。)

2.リーディングをするのにどこかひとつお気に入りの場所を見つける。
(私のお気に入りの場所は、図書館の中にある、リーディングルームです。静かで集中できます。)

3.必ず息抜きをする。(私の場合はジムに行き、体を動かします。)

2010.01.18 授業

お久しぶりです。
一か月の冬休みが終わり、春学期が始まりました。

今学期はLiterature I, Literature III, Short Story, American and Christianityという授業を取ります。
大半の学生は4コマの授業を登録しますが、早く卒業したいという理由で、5~6つの授業を受講する学生もいます。

ワイオミング大学での授業の登録は、日本と違い、次の学期が始まる前に学校のWEB SITEで登録します。
ですので、春学期の授業は、12月初旬に登録を済ませました。

新学期が始まり、最初の1週間はお試し期間で、もし授業が自分に合っていなければ、WEBで簡単に変更できます。
また、取ってみたい授業があれば、追加もできます。

もうひとつ日本の大学と違うところは、各学生にアドバイザーがつくところです。
アドバイザーは、教授が各学生に次学期の授業の相談や進路など、個人的に相談に乗ってくれます。
全ての学生は、授業の登録をする前に自分のアドバイザーの所へ相談に行き、授業を決めます。
アドバイザーと相談することによって、自分が何を勉強したいのかが明確になります。

さて、授業の内容ですが、文学専攻の私は毎日100ページほど読まなければなりません。

留学を考えている方は、とにかく留学する前からたくさん英語の本を読んで慣れておくことをお勧めします。

2009.10.13 寮生活

皆さん、はじめまして。アメリカ、ワイオミング州のワイオミング大学に派遣留学中のmahokoです。

ワイオミングに来てからはや一カ月半がたちました。
今日は大学の寮について紹介したいと思います。

ワイオミング大学には6つの寮(Hill, Downey, McIntyre, Orr, Crane, White)があります。

一回生は寮に住むことが決められています。
基本的に2人部屋ですが、希望すれば一人部屋もあります。
学校が始まる前に、学校のホームページから寮の申請をするのですが、その時に一緒に住みたい学生がすでにいれば、その学生の名前を入力し、ルームシェアすることができます。

また、体が不自由な学生のために、バリアフリー化された部屋も各フロアに何部屋かあり(棚や手すりが低く設置されています)、寮の環境は整っています。

各フロアには「RA」と呼ばれる班長がおり、RAは担当するフロアの学生が何か問題があった時の対処や、フロアでイベントの計画などをしています。
RAは2回生以上の学生がなっているので、寮の生活をよく知っています。
どのフロアのRAもとても親切で、廊下で会うと気さくに声をかけてくれます。

さて、現在私はOrr Hall に住んでいます。
Orrは数年前に改築されたばかりなので、他の寮と比べて綺麗です。
残念ながらルームメートはいませんが、一人で部屋にこもらず、友達の部屋に行くようにしています。

各フロアには「Fish Ball」と呼んでいる部屋があり、そこではほかの学生と集まって一緒に勉強したり、話したりすることができます。
私のフロアのFish Ballでは、毎日学生が集まり喋っています。
学生の大半は、近くの市内出身なので、週末になると実家に帰る学生が多いので、週末になると寮が静かになり、寂しいです。

これがワイオミング大学の寮生活です!
寮生活は友達を作るよいチャンスです!

一覧ページへ