派遣留学
留学期間
2012.9-2013.6
韓国

【ふっちょニン】梨花女子大学

2013.06.06 帰国まであとちょっと!!

こんにちは。ふっちょニンです。
帰国まであと2週間ほどとなりました。
ということでもうすぐテストです!
中間テストまでは「まだまだ時間あるなぁ~」という感じで、のほほんとやっていたのですが、中間テストが終わった辺りから、あれよあれよというまに期末のテスト期間になってしまいました。
まだ行きたいと思っていた所の全てには行けてないのに、テストもあるしで、てんやわんやしています(@_@;)

先週の金曜には大学がお休みだったので、帰るまでに行きたいと思っていた場所の一つ、釜山に2泊3日で旅行してきました。浜辺に行ったり、クルーズしたり、新鮮なお刺身を食べたりと、臨海都市ならではの経験を沢山味わいました。
日本にいる時は海に行って遊んだりしないので分からなかったのですが、海雲台(ヘウンデ)というビーチで海に浸かりながら「自分って海に癒される人間だったんだ!」ということに気が付きました。
釜山は想像よりかなり都会で交通機関やお店も充実していたのですが、ローカルな感じもやや残っていて落ち着きました。


釜山から帰省後、例にもれずまだ旅行ボケしているのですが、いよいよ最後のテストということで「だらけずに準備しなければいけないぞ!」と自分を励ましています。
無事にテストを終えることができるように...頑張ります(;O;)
写真は釜山タワーから見た釜山の写真です!
ではまた更新します。

2013.05.07 中間テストあたりの出来事

カンヌンの海

みなさんこんにちは。ふっちょニンです。
先月末は中間テストがありました。
神戸女学院では授業によって中間テストがあったりなかったり、テストの代わりにレポート課題が出たりしますが、こっちの大学ではほぼすべての授業で中間テストが実施されます。私も取っている授業すべての中間テストがありました。

中間テスト中は図書館も自習室も学校周辺のカフェも勉強する学生でいっぱいになります。図書館に籠って朝まで勉強する学生もいるそうです。一概に言えませんが、日本の大学生より授業やテストに対して実直に向き合っている感じがします。
私の留学生活を手伝ってくれているバディーと、テスト期間真っ只中に校舎内でばったり会ったのですが、連日続く徹夜で見るからにやつれていました......私はそこまで大変な授業は取っていませんが、言語のハンデがあるのでやはり日本にいるときよりはストレスを感じるテスト期間になりました。

中間テスト後は打ち上げをしたり1泊2日の旅行に出かけたりしました。旅行先はカンヌン市という、ソウルのずっと東にある臨海都市です。この旅行では「ヒーリング旅行」というテーマを設けて日常生活から逸脱すべく自然に触れてきました。
ついて駅を出た瞬間から空気がおいしく、美しい海も見れ、1時間半かけて山を登り大きな滝も見ました。特に記憶に残っているのは海です。海に行った日が運よく快晴だったので青い空と地平線のコントラストがとても綺麗だったんです。
また予想以上に食べ物もおいしく、ソウルの食堂よりもサービスで出てくる料理の量も多くて満足でした。
帰りは5時間かけて汽車でソウルまでもどったのですが、列車の中から見えた海岸線やひたすら続く畑や山の風景を眺めながら母の故郷・鳥取を思い出しました。テーマ通りまさしく「ヒーリング旅行」でした!

旅行から帰り、ソウルについてからなぜこんなに人が多くて空気が汚れているのかと思いました。でも旅の思い出に浸る隙もなく、次の日からすぐに大学の授業がはじまり、旅から一気に現実に引きもどされてしまいました。次ヒーリング旅行に出かけられるのはいつになるのでしょうか......

写真は旅先のカンヌンの海です!!!
では、また更新します(^^)/

2013.04.05 最後の学期がはじまりました(^^)~

みなさんこんにちは。ふっちょニンです。
3月4日から梨花女子大学での最後の学期がはじまりました。
今学期は「教養韓国語(週8限)」
「Mythic Imagination and Culture(週2限)」
「Travel and Geography in the Contex of globalization(週2限)」という授業をとり、
「環境と人間」そして「中級日本語」という授業を聴講しています。
毎日予習と復習で忙しくしていますが、今学期に入り要領がつかめたようで前学期のようにパニックになったりすることはありません。また前学期と比べて数段授業の理解度が上がっており、他言語で授業を理解できているという喜びで充実感もあります。とはいってもまだまだ自分には足りない部分も多く現地の学生より負担が大きいことは確かで、よく友達に助けてもらっています。

ではでは今回は新しく始まった韓国語のクラス、そして先週あったイースターについて取り上げてお伝えしたいと思います!

新しく始まった教養韓国語の授業ではクラスメイトにタイ人、ベトナム人、モンゴル人、中国人、アメリカ人そして日本人がいます。
今回のクラスの特徴はとにかく元気なところです。
あまりに元気で授業中みんな積極的に発言するので先生が困ってしまうくらいです。
でも授業に活気があるのはとてもいいもので、前のクラスより発言の機会がかなり増えました。

教養韓国語のクラスは毎日午前中にあるのですが授業が終わるとみんなで学食にお昼を食べにいっています。今回のクラスは今までのクラスの中でも最短で仲良くなれた気がします。それはクラス全体の明るい雰囲気もありますし、韓国語の級が上がつにつれて会話・意思疎通が楽になったことも大きな理由だと思います。

お昼ご飯を食べながらクラスメイトの国の言葉を教えてもらったりするのですが、最近私たちのクラスではやっているのはベトナム語の「愛してる」です。
ベトナム語では愛してるを「トユカ~ウ」というらしいのですが、初めて聞いたとき「灯油買~う」に聞こえ印象に残り一発で覚えました。ベトナム人の子が朝教室にやってくるたびにみんなでトユカ~ウを連発しています(^_^;)

さて話は変わりますが先週はイースター祭でしたね。
梨花女子大学はキリスト教の大学ですがイースター休暇は神戸女学院と同じくありません。(「なぜなんだ?」と欧米人は不思議がっています。)日曜には普段教会に行かない友達も朝早く集まって教会に行き、その午後には大学でピクニックをしました。
日本はもう桜が咲いているのに韓国はまだ桜が咲いておらずちょっと残念でしたが、自然の中でのピクニックを十分満喫しました(*^_^*)
天候にも恵まれておひさまもぽかぽか暖かく、手作りの料理もおいしく、とても幸せな時間でした。お花見も別の日に再挑戦しようと思います。
写真のたまごはピクニック中にみんなで描いたものです。なかなかかわいいでしょう??

ではまた更新します(^^)/

2013.03.04 梨泰院フリーダム!!(part2)

みなさんこんにちは。ふっちょニンです。
前回ははじめて梨泰院に行った内容の話を書いたのですが、今回はその第二弾を書いてみようと思います。

梨泰院の魅力は一言で言うと「韓国にいながらにして世界の料理を堪能できる」ところだと思います。
私は食べることが大好きで「まだ食べたことのない世界の料理を食べつくしたい!!」という願望があるのですが、そんな私にとって梨泰院は天国のような場所です。

そして今回食べたのは、ブルガリア料理です!!ブルガリア料理は一度も食べたことがなかったので、梨泰院にブルガリア料理レストランがあることを知ってからは一度行かなくてはと思っていました。

そしてついにそのブルガリア料理を食べられることになったのです(*^_^*)

といいつつも私はブルガリア料理はおろかブルガリアについて知識がほぼなく、ブルガリアと聞けば、ヨーグルト、琴欧洲、...くらいしか浮かばずいったいどんな料理がでてくるのか未知でした。
メニューを見てもよくわからなかったので友達とおいしそうなものを勘で数品注文しました。

そして料理が出てきてびっくり。
出てくる料理すべてどこか見覚えがあったんです。
よく考えてみたら、「全部トルコ料理に似てる!!」ということに気づきました。
それもそのはず、ブルガリアとトルコはお隣さんで、オスマントルコ帝国時には支配下にあったのですね。
調べてみたら現在もブルガリアには10%ほどのトルコ人が在住しているそうです。

世界三大料理のトルコ料理に似ているわけですから、ブルガリア料理ももちろん美味でした。
格式高く計算しつくされた料理ではないけれど家庭の温かみを感じられるような濃い目の味付けでした。
食べたことがない方は、一度食べてみてくださいね!!

なんだか今回は食レポみたいになってしまいすみません(^_^;)
写真は食べた4品中の2品です。
おいしそうでしょう??

ではまた更新します(^^)/

2013.02.12 梨泰院フリーダム!!

みなさんお久しぶりです、ふっちょニンです。
ソウルは最近また大雪が降ったのですが、温度上がらないのでいつまでも積もっています。
それがふかふかの雪だったらましなものを溶けかけたりしてまた凍るので歩道が氷でコーティングされてしまって毎日ツルツルすべりながら語学堂に通っています。
車道も車は徐行運転で動いてはいるのですが見るたびに「いつかスリップするんじゃないだろうか」とこっちがひやひやしてしまいます。(幸いまだスリップした車は見ていません!)
1月より少しは暖かくなってきたのでこのまま春まで徐々に気温があがってくれるのでは......と何度もこりずに期待したりするのですが、今回も裏切られそうです。
雪のせいで町に色味がなく(もともとソウルには自然が少ないですが)、外に出た時の感覚がすべて「寒い!」となってしまうので、日の暖かさとか風とか香りとかを感じられないんです。はやく春がきてほしいです。
さて前置きが長くなってしまいましたが。
先日はじめて梨泰院(イテウォン)にいって来ました。
今までチャンスは何回もあったものの、なぜか行けなかった梨泰院です!!
梨泰院はとても国際色豊かな町です。かつては日本軍基地、現在は米軍基地がありアメリカ人の居住地・商業地として栄えたようです。
今はアメリカ人以外の外国人も大変多く、町を歩けば世界各国の料理屋さんがならんでいます。
まるで韓国のニューヨークです!!
今回私は梨泰院に一緒に行った韓国人の友達においしい店を調べてもらって韓国料理のカフェでお昼ごはんをたべたのですが、いくつか食べた中で衝撃的だったのがビビンバです。
なぜ衝撃的だったかというとまったく辛くないんです。外国人向けの味付けだったのでしょうか......??
さすが梨泰院!といいたいところですが正直あれはもうビビンバではありませんでした。
その後カフェに入りましたが、やはり韓国人以外の外国人の方でいっぱいでした。
前に書いたように梨泰院に行ったのは今回が最初なのですが、なんというか......とっても気に入りました!!
多様な国籍の人が集い住まう町はエネルギッシュですね。
次に行ったときにはアラブ料理を食べてやろうと今からたくらんでいます。
いや、恋しくなってきた日本料理もいいかも......
韓国に旅行に来た方は梨泰院にいけば韓国のみならず世界の味を堪能できますよ。
もちろんショッピングも!
ではではまた更新します。

2013.01.17 新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。 
韓国の新年のあいさつは「새해 복 많이 받으세요(セへ ボン マニ パドゥセヨ)」といいます。
あいさつをする相手にたくさんの福が訪れるように、という願いがこめられています。

日本でもさぞ朝晩は冷え込んでいるのではないでしょうか。
一方韓国はというともっと寒いです!
今日は最高気温が0℃で最低気温が-9℃なのでまだ暖かい方なのですが、最低気温が-15℃前後まで下がる日もあります。
そんな日は外を歩くと冷たい空気で鼻がつぅーんとします。
大学が休みの今、大学付属の言語教育院(語学堂)に通い引き続き朝早くから語学の勉強をしているのですが、外が寒いので語学堂に着くまでに眠気も逃げていきます!

さて、今回は語学堂で出会った人たちと、その人たちと付き合う中で感じたことについて書いてみようと思います。
語学堂では学期中の大学での授業とは異なり授業を受けている人の年齢層や職業が多様です。
主婦の方もいれば休職して語学を勉強しておられる方、宣教師としてやってこられた方など本当に様々なのです。
文化や職業のことなる人々と知り合って、やはり自分とは物事に対する視点や考え方が大きく異なることに驚きます。
'そういう見方もあるんだな'と思ったり'その考え方はちょっと...'と思うことも正直ありますが、新しい考え方に触れるということ自体が純粋におもしろいです。
特にその方の国の文化を聞くこと、そして外国から見た日本、アジアについて聞くことが非常に興味深いです。
ある国に対する歴史的感情について聞かれて話した時に、「君が言ってることと同じことを日本人に対してその国の人たちも言ってたよ。」と聞いた時には本当にびっくりしました。
会話するたびに新しい発見があり、また自分の不勉強を痛感します。
今後も積極的に文化の違う方と付き合っていこうと思います。

今日から韓国語の授業の中間テストです!
頑張ります!
では、また更新します。

2012.12.07 冬休み間近です(*^_^*)♪

こんにちは、ふっちょニンです。
韓国はいよいよ冬も本番です。
朝寮を出てびっくり、外は銀世界でした!
日本にいる時は1年に雪が降るのは2,3回で降っても積もっていることはめったにないのでちょっと興奮しました(*^_^*)

さて、今学期も残すところ1週間となり、来週の期末テストにむけて準備中です。
始まったときはレベルの高い授業についていくのに必死で(今も必死ですが(^_^;))「永遠に終わらないのではないか...」と愕然とした予習・復習や、「このままでは頭が腐ってしまう!」と嘆いた連日続くチームプレゼンテーションの打ち合わせを思い出すと、あと1週間で終わってしまうところまで来れた、ということが自分でも不思議です。
...とは言っても、残りの1週間が肝心ですから最後まで気を抜かないようにしなくてはなりませんね。

冬休みは梨花女子大学の語学堂に通う予定です。
冬休みも引き続き韓国語の勉強頑張ります\(^o^)/

では、また更新します。

2012.11.06 はじめての遠出、全州へ!

こんにちは、ふっちょニンです。
韓国はもうすっかり冷え込み、毎朝ジャンパーにマフラーと手袋を着込んで登校しています。

さて梨花女子大学では2週間前が中間テストの週でした。
私は2つのクラスで中間テストが行われ、そのうちの韓国語のクラスでは3日間にわたりテストが行われました。
それほど大変ではなかったのですが、テストが終わった解放感で急遽旅行にいくことにしました!

行先は全州です。ソウルからバスで2時間半ほどの距離にあります。
全州は昔ながらの韓国がまだ息づいている街で、とっても落ち着く場所でした。
人たちもあたたかく、街並みも美しく、食べ物もとってもおいしかったです。
勉強の良いリフレッシュになりました♪
旅行から帰ってまた忙しい学校生活に戻りましたが、大学の近くにある美味しいごはんを食べたりたまには観光もしたりしつつ、勉強も引き続きやっていこうと思います。

写真はナムサンタワーです。
「これ以上寒くなるといけなくなる!」と言うルームメイトにせかされて行ってきました。
タワーから見る夜景も綺麗だったのですが、タワー自体のライトアップが数秒ごとに変わりとても綺麗でした(^^)
では、また更新します。

2012.10.19 大学での授業について

こんにちは、ふっちょニンです。
梨花女子大学に来てあっという間に1か月が過ぎ、大学の生活にやっと少し慣れてきました。

韓国では今週の水曜まで秋夕(チュソク)という日本でいうところのお盆休みでした。
少し長めの休暇でゆっくりできるかと思いきや、秋夕明けに提出しなければいけない課題や、プレゼンテーションの準備、そして授業の予習などに追われてあっという間に休暇が終わってしまいました。

そして今日はThe Global Environmentという授業で個人プレゼンテーションを行いました。
こちらの授業の特徴ともいえると思いますが、多くの授業にグループ課題やプレゼンテーションが組み込まれています。
来週もこの授業でグループプレゼンテーションを行う予定です。
授業の準備は少し大変ですが、授業内容への関心が高まり充実感があります。
また、何度もプレゼンをすることで伝える力も身につくのではないかな、と思います。

明日から週末ですが提出期限が近付いている課題もあるのでそれらを何とか完成させて、「世界花火大会」にルームメイトと一緒に行くことを計画しています。
とても大きな花火大会らしく楽しみです。

写真は、休み時間に次の授業に向かっている途中でたまたま遭遇したリスです。
少し見にくいですね...大学に来て一度もリスに遭ったことがなかったのでとても驚きましたが、すごくラッキーな気分になりました♪

では、また更新します。

2012.09.20 授業がはじまりました\(^o^)/

こんにちは、ふっちょニンです。
韓国に来て3週間以上が経過し、季節は真夏から朝晩が冷え込む秋へと移り変わりました。
さて、今回は梨花女子大学での授業をテーマに書きたいと思います。
留学生は留学生のための韓国語のクラス(全6単位)を受講することができます。
このクラスは毎週月~木曜日の1~2時間目に10~15人の少人数で行われており、私も受講しています。
予想外だったのですが、振り分けられたクラスには日本人が私だけでした。クラスメイトは中国、香港、台湾、タイ、フィリピン、アメリカ、ドイツ、ナイジェリアと多様な国籍で構成されています。文化の違いが興味深く、毎日とても刺激的です。
単位は学期内で最低9単位取らなくてはいけないので、このクラス以外に少なくとも1科目(3単位)は正規のクラスをとらなくてはいけません。授業登録期間にたくさんの授業を見学した中で選択したのは、「The Global Environment」(英語による授業)と「生活漢字」(韓国語による授業)の2科目です。韓国の大学ではほとんどの授業が週に2回あり、英語も韓国語もまだまだな私は予習と復習に追われて1日が終わっていくという感じです。
また、「高級日本語」の授業で先生のお手伝いを週に1回させて頂いています。このクラスで韓国人の友達が増えました。
そのほかに「Gender and Family in Korean Society」という授業を聴講しています。聴講にした理由は、これをとるとあまりにも負担が増えること、でも英語を聞く機会は増やしたいと思ったからです。
今はまだペース配分がわからず、講義内容を楽しめる段階に至っていません。もう少し時間がたてば慣れてくることを信じて頑張ります!
写真は「学館」という校舎です。梨花女子大学で一番初めに建てられた校舎らしいのですが、改築されて中はきれいです。この校舎で韓国語、生活漢字、高級日本語の講義を受けています。
では、また更新します。

2012.09.03 新しい生活

はじめまして。
8月27日から韓国の梨花女子大学に留学中のふっちょニンです。
今週から来週にかけて外国人登録や振り込みや授業登録など韓国語でしなければいけないことが多くあります。
日本では簡単にできることでも異国では言葉がうまく伝わらないととても難しく感じます。

そんなとき助けてくれるのは梨花女子大学のバディです。
留学生には必ずバディがついていていろいろなお世話をしてくれるのでとても助かるし、精神的にも支えになってくれる存在です。
昨日は留学生のためのオリエンテーションと歓迎会がありました。
オリエンテーションではキャンパスツアーもあり大学の設備を知ることができ、設備の豪華さにとても驚きました。
写真は大学内にあるECCという建物です。コンビニや食堂、本屋さん、広い自習室、映画館、服屋さんなどが入っています。
恵まれた環境で勉強できることに感謝して、一日一日を大切に生活していきたいと思います。

一覧ページへ