派遣留学
留学期間
2014.8-2015.5
米国

【ひかり】ボーリンググリーン大学

2015.04.13 イースター

皆さん、こんにちは!音楽学部音楽学科声楽専攻4年生のひかりです。

4月に入り、寒い日が続いていたオハイオ州ボーリンググリーンもやっと暖かくなりました。
学内で出会う小鳥やうさぎ、赤ちゃんリスが春を感じさせてくれます。

さて、今回はイースターについてお話します。
つい最近まで「卵の日」と私が勘違いをしていたイースターは復活祭と呼ばれるキリスト教の行事の一つ、アメリカでは祝日です。

寮に住む学生の多くが実家に帰省し、私も友達のお家でアメリカのイースターを体験させてもらいました。人々は「Happy Easter!」と挨拶をし、町中がイースターエッグやうさぎのモチーフで溢れていました。
教会では沢山の家族が朝早い礼拝に出席し、キリスト教の教えだけではなく、それぞれの大切な故人に想いを巡らせていました。また、礼拝が終わった後には、教会のパイプオルガンや大きなベルを特別に演奏させてもらい、とても感動したと同時に、町の人々の中に生きづくキリスト教を感じました。

2015.03.16 最近の楽しみ

皆さん、こんにちは!音楽学部3年生のひかりです。
ボーリンググリーン州立大学では春休みが終わり、私は学期末の試験に向けて毎日課題に追われています。

さて今回はスポーツ観戦についてお話します。アメリカの大学はスポーツの盛んな大学が多く、ボーリンググリーン州立大学もシーズンごとに様々なスポーツが催されます。
先学期はバスケットボールやアイスホッケーなどがシーズンで、私はすっかりバスケットボールの試合観戦が大好きになってしまいました。

会場ではブラスバンドやダンスチームが試合を盛り上げ、観客も大きな声で大学のバスケットボールチームを応援します。スポーツに詳しくない私も楽しめる、まるでショーのような試合です。
写真はシーズン最後の試合の後の様子です。ボーリンググリーン州立大学のカラーであるオレンジを着て沢山の学生が応援しました。

2015.02.02 美味しかった冬休み

皆さん、こんにちは。音楽学部音楽学科 声楽専攻3年生のひかりです。今回は、冬休みと今学期の授業についてお話します☆

秋学期が終了すると、寮に住む学生はすぐに寮から出て約3週間の冬休みを過ごします。私は冬休みの前半を友人のお家で過ごし、後半はボーリンググリーン州立大学の近くに住む神戸女学院の大先輩のお家でお世話になりました。

アメリカで過ごすクリスマスにお正月。私は毎日食べてばかりいました。家族でお祝いするクリスマスでは、大きなハムやミートボール、かわいいクッキーなどがテーブルに沢山並びます。女学院の先輩のお家で過ごした新年には、お節料理やおでん、お寿司など、恋しかった日本料理を毎日振舞ってくださいました(写真はその時のおでんです)。この冬休みでまた一段とふくよかになった私ですが、とても美味しく幸せな冬休みでした。感謝の気持ちで一杯です。

さて、ボーリンググリーン州立大学ではいよいよ春学期が始まりました。先学期に引き続き、ノンネイティブのための英語の授業と幼児教育、レッスンやオペラなどを履修します。先学期よりも難しい内容の授業が多く、毎日エッセイやレポートの提出期限と格闘しています。先学期の始めは早く帰りたいとばかり思っていた私も、今ではすっかりアメリカでの大学生活が大好きになり、日本に帰るのが寂しいです。残りの一日一日を大切に、素敵な思い出を沢山作ります。

2014.12.01 もうすぐ冬休み

みなさん、こんにちは。ボーリンググリーン大学へ留学中のひかりです。

サンクスギビングも終わり、町はすっかりクリスマスモードになりました。お店ではクリスマスソングが流れ、軒先にはクリスマスツリーが並んでいます。

そんな楽しいクリスマスを目前に、私たちには期末テストが待ち受けています!学期の始めは英語を聞き取ることすら苦労した授業。いよいよテストを受けなければならないと思うと、胃がキリキリします。音楽教育や看護など、興味のままに勉強してきましたが、単位をもらえるようにテスト勉強を頑張ります!

2014.11.03 ハロウィン

皆さん、こんにちは!音楽学科声学専攻3年生のひかりです。
さて今回は、私が体験したハロウィンについて書きたいと思います♪

日本でも行事として定着しつつあるハロウィン、皆さんはどんなハロウィンを過ごされたでしょうか。

私は、ボーリンググリーンで、ホワイトクリスマスならぬホワイトハロウィンを体験しました。雪と風で凍える寒さの中、町はハロウィン一色に染まります。子供から大人まで、想像を絶するお祭り騒ぎが繰り広げられていました。

日本で見掛ける仮装は可愛らしいものが多いかと思いますが、こちらでは本当に怖い仮装や、ド迫力のものがたくさん見受けられました。私よりも遥かに大きな人が恐ろしい仮面を被り、ご丁寧にも挨拶してくださった時には泣きそうになりました。

そんな私は、セーラー服のコスプレをして友達の家のハロウィンパーティーに参加しました。家の中は、お化け屋敷のように暗く怖い飾り付けがされ、50人程の人がいました。お互いにコスチュームの話をしたり、写真を撮ったり、踊ったり、何よりもお菓子を山程食べました。

そして次の日は疲労困憊で、目が覚めると夕方でした。きっと人生で最初で最後の全力ハロウィン、とても楽しい思い出ができました。写真は、日本語専攻の友人と教授アシスタントの方と撮ったものです。

2014.09.24 「ごはんの時間」

皆さん、こんにちは!音楽科3年生のひかりです。
さて今回は、私が留学をしているボーリンググリーン州立大学の食べ物について
お話します。
皆さんはアメリカの大学の食事について、どんなイメージを持っていますか?

あまり良いイメージがないな、と思った方がおられましたら朗報です。
ボーリンググリーン州立大学は、食事の美味しい大学です。
大学内には有名なコーヒーカフェやフローズンアイスクリーム店やドーナツ屋さんなどがあるだけでなく、2つの食べ放題バイキングのダイニングがあります。
サラダバーにスープバー、毎日変わるメニューにはアジアンフードもあります。
さらに自分で焼いてトッピングできるワッフルやソフトクリーム、新鮮なフルーツにケーキ、そして何より、目の前の窯で焼き上げてくれるピザが絶品です。
私の留学生活において、「ごはんの時間」はとても大切な時間です。
ショッピングモールもカラオケも、プリクラも何も無い今、ごはんの時間は私の最大の楽しみです。
今日はどんなピザだろうか。どんなメニューだろうか。今日もぶどうがあるだろうか。
考えるだけでも幸せです。そして、なんとお寿司も大学内のコンビニで買うことができます。

今は体重の増加が悩みですが、やはり美味しいごはんに勝るものはありません。
皆さんがもし異国の地で毎日お勉強をする時があれば、きっとごはんの時間が
皆さんを癒してくれると確信しています。

2014.08.20 初めまして!

皆さん、初めまして!
音楽学部音楽学科声楽専攻3年生のひかりです。
私は今、派遣留学でアメリカのオハイオ州、ボーリンググリーン州立大学に来ています。皆さんの中には、海外旅行が好きな方やもう留学を経験された方が、きっと沢山いらっしゃると思いますが、私は家が大好きであまり外に出たくない性格なので、全てがドキドキでした。
こちらに到着してからは、まず大学の広大な敷地に驚き、また人の優しさに驚いています。ドアを開けていてくれたり、「大丈夫?」と声をかけてくれたり、荷物を運ぶのを手伝ってくれたり、道を教えてくれたり...先日はバナナとヨーグルトもいただきました!
ここ数日で得たものは、笑顔で挨拶する力と、誰かに尋ねる力です。
もうすぐ授業が始まり、大学の大きな食堂もオープンします。次の投稿では、食べ物について書きたいと思います。
皆さん、素敵な夏休みをお過ごしください。

一覧ページへ