中期海外研修
留学期間
2015.8-2016.2
カナダ

【グース】ヨーク大学

2015.12.24 授業について

みなさんこんにちは。カナダヨーク大学の語学学校(YUELI)に留学中のグースです。カナダに来てから約4カ月が経った今、やっと初めてのブログを更新しています。ちなみに先日、冬休み前の授業が終わり今は約2週間ほどある冬休みを過ごしている途中です。今までの留学生活を送ってきたなかで、みなさんに伝えたいことは山ほどあるのですが 今回は学校などのことについて書きたいと思います。

まずカナダに来てすぐの1ターム目(1タームは約2カ月間)は、私はlevel3からスタートしました。YUELIのアカデミックプロがグラムには7つのレベルがあり、level1, 2, 3, 4, 5b 5a, 6と分かれています。level1~3のクラスは午後に授業があります。ですから、最初の2カ月間はずっと昼から授業という生活を送っていました。
クラスメートには、中国人やベトナム人、日本人、サウジアラビア人などがいました。みんなそれぞれが全く違う言語や文化を持っているわけですからお互い色々なことを吸収することが出来ます。私の先生は特に、それぞれの国の文化を尊重して下さる先生でした。ですので、もしクラスメートが誕生日を迎えたら授業中にそれぞれのクラスメートが母国語でハッピーバースデーの歌を歌ったりもしました。また、先生が誕生日だった日には、一人のクラスメートが大きなケーキを学校に持ってきてみんなでお祝いしたりもしました。本当に和気あいあいとした、とてもいいクラスメートと先生に巡り合うことが出来たタームでした。

2ターム目はlevel4に上がることが来たので、授業が午前授業に変更になりました。朝に弱い私にとっては、午前授業はなかなか大変です。level4はとにかくたくさんプレゼンをする機会があり、やっとプレゼンが終わったと思うと、また次のプレゼンの準備をしなければいけないというように、とにかくこのタームはプレゼンに追われていました。
プレゼンの準備をするうえで、少なくとも一つ以上の資料を大学の図書館から借りなければならないという決まりがありました。York大学の図書館はとにかく広く、もちろん現地の学生さんがたくさんいます。みんなそれぞれ勉強をしたり、グループでプレゼンなどの準備をしたりしている光景があちらこちらで見受けられます。私もたまに休日に図書館で勉強をすることがあります。ここまで広い図書館は日本ではなかなか多くはないと思いますので、この広い図書館を使えるというのも York大学の一つのメリットかもしれません。
レベルも変わったことで、先生も変わり1ターム目の先生とは全く違ったタイプの先生で戸惑うことも正直ありました。またグループプレゼンを通して苦労することも多々ありました。正直何回かクラスメートと衝突したこともあります。笑 お互い全く違う意見を持っていて、ましてやそれを忠実に英語で伝えなければいけないという状況なわけですから、大変なのは当たり前のことです。自分の英語の出来なさに悔しい思いをすることなんて多々あります。でも、「悔しい!!!もっと頑張ろう!!!!」と思わせてくれるのも同時にクラスメートなのです。そう考えると私は英語はもちろん、それ以上にたくさんのことを色々な人から学ばせてもらっている気がします。

留学に来て思ったことなのですが、文法、リスニング、リーディング、スピーキングすべての能力は英語を学ぶうえでどれも欠かすことのできないものだということです。当たり前のことなのですが、留学にきてそれを強く思いました。文法が出来ないとちゃんと相手に伝わる英語は話すことが出来ないし、リスニングが出来ないと相手の伝えたいことが理解出来ないのですから 会話をすることが出来ません。そう考えると、すべての能力をバランスよく伸ばすことが大切なんだと実感しました。

level4を無事にパスし、冬休み明けからまた新しいタームが始まります。たくさん大変なこともあるとは思うのですが、このタームが私にとって最後のタームになるわけです。本当に本当にここまでの4カ月間は恐ろしいくらいに早く過ぎていき、きっと最後の2か月間は今まで以上に早く過ぎてしまうんだと思います。あとの2カ月間、自分にとって有意義な生活を送っていきたいと思います。

一覧ページへ