中期海外研修
留学期間
2015.8-2016.3
オーストラリア

【Meg】クイーンズランド大学

2016.03.16 Internship & my 7 months life in Brisbane

こんにちは、オーストラリア中期海外研修として留学していたMegです。

早くも7か月の留学生活が終わり、日本に帰国して恋しかった日本のお風呂と日本食を満喫してのんびり過ごしています。
今回で最後のブログになるのですが、インターンシップと留学生活のまとめをさせていただきます。

まず、インターンシップでは私は私が英語を勉強していたICTEとよく似たViva Collegeというインターナショナルスクールで働かせていただきました。インターンシップは月曜日から金曜日までで朝8時半から5時までの8時間ほど働きます。毎日仕事に行って8時間働いてというのはバイトでもやったことがなかったので初日は緊張もあったからだと思いますが、ものすごく疲れました。(笑 学校に行って勉強しているのと働くのはこんなにも違うのかというくらい、疲れ具合が全然違いました。私は1か月という短い期間ではあったものの受付業務からマーケティング、会計、あとはデータ入力やファイリング、スキャンといった単純な作業まで様々なことをさせていただきました。そしてこれらの仕事をやっていくうちにマーケティングの仕事は正直やってみるまで全然知らなかったのですが、やってみて楽しいなと気づくことができましたし、様々な仕事をやらせていただいのでどういう仕組みでこの学校が動いているのかというビジネス的な面でも学ぶことができました。私は2回生でこの留学に行ったので、就活のことはまだ何も考えていませんでしたが、今回を機にどのような部署がどのような仕事をするのかというのを軽く知る機会にもなったのでとてもいい経験になりました。

そして、今回この留学を終えていろんなことを学び、知り、気づき、自分でも大きく成長することができた7か月だったのではないかなと思います。振り返ってみると早かったですが、一日一日充実した毎日が送れたので満足しています。他国で半年間も住み、多国籍国家でのんびりとした国柄であるオーストラリアだからこそ様々な国の人と出会うことができ、触れ合えることができたのではないかなと思います。ブリスベンは割とアジア人が多く、同じアジア人である私にとっては親しみを持てたので話す時も話しやすかったりしました。安全でしかも出身国の差別もほとんどないブリスベンだからこそ私ものびのびと充実した生活が送れたと思います。私はこのブリスベンという街は留学するのにはとてもいい環境だと思います。
これからこの中期留学を考えている方、今年この中期留学に留学が決まった方、思う存分楽しんで外国人ももちろんですが、外国人に関わらずいろんな人に出会ってしゃべることを心がけてください。きっとそこから学ぶこともたくさんあると思います。特に社会人やUQの大学で勉強している人など年上の人と話すとたくさんのことが学べますよ。

では、これで留学生ブログを終わらせていただきます。このブログを読んで興味を持っていただけたり、参考にして留学生活を頑張ってもらえると嬉しいです。今まで読んでいただいた方ありがとうございました。

2016.02.15 Last session

こんにちは、UQで5か月ほど勉強をしていたMegです。
昨日2月12日にて、私のUQでの英語学習留学は終わってしまいました。振り返ると本当に5か月も勉強していたのか!という感じで未だにもうUQで勉強することはないという実感がありません。それと同時にもうすぐインターンシップが始まってしまうと思うと少し焦ります。笑

さて、前回も書いたように私はもう一度EIBCというビジネスクラスを取りました。前回に書いた目標を達成できたかというと1か月もHolidayという英語にあまり触れない機会があったため英語力が一気に落ちた気がして、授業が始まった時に自分のできなさに自信を失くし、あまり期待通りの満足はできずに終わってしまいました。ですが、唯一プレゼンは前のsessionよりも断然自信を持ってできたような気がしました。というのも、プレゼンでは3人グループの少人数グループで発表するのですが、Sales business の経験があるチリ人にビジネスのことを教えてもらいつつ、私のプレゼンのアドバイスやサポートもしていただきプレゼンの練習をグループで行う際もスクリプトなしでやってみてと言われ惑いながらも練習を重ねた結果、本番でもスクリプトを見ずに発表できました。全体的に見てあまり達成感はありませんがプレゼンだけは前よりも自信がついたので良かったかなと思います。

さて、英語学習が終わり、来週からは1か月間のインターンシップが始まります。お仕事体験ということで緊張もしますがいろんなことを学び、自分の英語にも自信をもって日本に帰れるように頑張りたいと思います。
それと最後の一か月なので思い切り楽しみたいと思います。

2016.02.15 1 month holiday & notification

こんにちは、UQに留学しているMegです。
前のsessionが終わって1か月の夏休みがあったためブログを書くのが久々に感じているところです。笑今回は、1か月の夏休みをどう過ごしたのかとUQの授業スタイルが変わったことをお知らせしたいと思います。

まず、夏休みの過ごし方なのですがいろいろ旅行に行ってオーストラリア内を旅行しまくろうと思っていたのですが、実際遠出をしたのはSydneyとGold Coast だけで割とLocal Lifeを楽しんだ1か月でした。旅行以外にもヨガや何か資格でも取ろうかなといろいろ考えていたのですが、クリスマス、年末年始と大きな休みが連続していたのでお店も閉まっているところが多く、思い通りに行かずに終わってしまいました。笑
そのような中でもクリスマスはBible Studyで会った子の家でキリスト教徒がやるクリスマスパーティに参加したり、年末年始の大バーゲンに行って買い物したり、友達とお泊りをして一緒にひたすら毎日日本食を作って食べてという感じで、年末には近くのアジアショップでかき集めた材料で年越しそばも作りました!
なかなか楽しかったですよ!笑 このHolidayで日本食を作っていたので、年明けの学校に持っていく昼ご飯はサンドウィッチではなく日本食になりました!おかげさまでお昼ご飯に飽きずにすみました。笑

そして、今年2016年からUQの授業スタイルが大きく変わり、去年まで月曜日から木曜日に3限分と金曜日に2限分の授業があったところが、月曜日から金曜日に2限分の授業だけになり、午前中に授業が終わり午後の授業は自主学習としてオンライン授業になりました。そのため、午後はずっとフリーという感じです。オンライン授業の内容は文法や listening がメインだったと思います。

さて、今回の写真はクリスマスパーティで食べた料理の写真を載せました。
いろんな国の人が集まったのでそれぞれの国の料理を持ってこようということで多国籍料理を食べられました!どれもおいしかったです。

2016.01.07 3回目の5weeks session

こんにちは、UQで勉強しているMegです。留学に来てから4か月が経ち7か月の留学生活も折り返し地点を過ぎてしまいました。そして早くも2015年も終わろうとしていて今年もあっという間だったなと感じています。

さて、前回のブログではクラスを上げれるか上げれないかの瀬戸際!という感じでしたが運よくlevel 5 から EIBC(English for International Business Communication)に変更できました!!と喜びたいところですが、なかなか大変な毎日でした。笑 

もともと「クラスを上げてあげるけど確実にあなたがそのクラスの中で底辺なので自分への挑戦として頑張ってください」とクラス管理担当者に言われていたので最初は負けずに頑張るぞ!と活き込んでいましたが、実際授業が始まると周りの英語レベル、クラスメートの積極的な態度、今まで取っていたGeneral Englishのクラスとは全く違う授業内容に圧倒されてしまい、更に通常10週間同じクラスに留まるところ、私は5週間でクラスを上げたのでクラスメートも全く見たことない人だらけで頼れる人も助け合う人もおらず最初の1週間は本当にきつくて絶望的でした。笑
最初は授業を一つ受けただけで「しんどい、まだあと2つも授業あるの?」という感じでした。さらにGEクラスとは違って課題の量も多かったです。1週間の間にlistening 3つ reading 2つ出されるのですが、最初に出されたreadingは内容が難しすぎたのでそれでまた絶望感が湧きましたね。笑

EIBCクラスは文法を習って英語力を高める、というよりは自分の意見を伝える練習をたくさんします。そのためGEクラスよりも話す機会が多いので慣れれば授業は楽しいですよ。けれどどれだけちゃんとした英語を話すかではなく、どれだけ自分の考えを素早く思いついてそれを伝えるかがこの授業のポイントではないかなと思います。
私はビジネスと言ってもよくわからないというところから始まったのでideaも何も知識がないからどうしていいかわからないことだらけでした。このクラスは年齢層が高めでビジネス経験が豊富な社会人も割と多いのでそういう人にわからないことを聞いて教えてもらったり例文を出してもらったりもしていました。
この授業では毎週少人数グループ内でプレゼンをする機会があったり、グループ分けをして商品の売買の交渉の練習、会社にとってデメリットな状況に置かれた時の問題点と改善方法の提案など、ビジネスで起こり得るあらゆるシーンの練習ができ、本当に話す機会が多いです。
私は今回の授業で自分の成果に満足しきれなかったところが多かったので、次回もう一度EIBCを取って今回満足しきれなかったところを満足できるように頑張りたいと思います。そして自信を持って気持ちよくインターンシップに臨みたいと思います。

今回の写真はEIBCクラスのみんなでshare lunchをしたときの食べ物たちです。笑
それぞれがそれぞれの国の食べ物を持ってきたのでいろいろおいしいものが食べられました。

2015.11.09 Holiday の過ごし方と2回目の5 weeks session

こんにちは、UQーICTEで勉強しているMegです。
1週間の holiday が終わりました。ブリスベンでの生活も早くも2か月が過ぎ、早くも2 session が終わってしまいました。ここでの生活も大分慣れて、英語だけの生活にもあまり違和感なく過ごせています。さて、それではこの一か月の過ごし方を振り返りたいと思います。

前回のSession が終わって1週間の Holiday の間英語を話さない状況はさすがに良くないと思い、全部英語を話す状況を作ろうと外国人の友達と一緒にDream World という遊園地に行ったり、Morton Island というブリスベンから割と近い島に行ったり、NoosaというブリスベンのCityから3時間ほどの所を電車とバスを乗り継いで行きました。Morton Island は学校のActivity OfficeというICTEの建物の5階でツアー案内しているので、そこでツアーを組んで行きました。Noosaも外国人の友達と泊りで行く予定だったのですが、向こうの体調がよくなかったので残念ながら一緒に行くことができませんでした。

2 Session目のクラスでは Level 5に上がり最初はLevel 4とLevel 5の授業の雰囲気が全然違ったので戸惑いながらも、1週間も経てば授業にも慣れました。
何が違ったかと言いますと、Level 5になるとLevel 5なんだからこんな簡単な単語を使ってたらダメとか質問に単語だけで答えないで文章で答えなさい、など。Level 5からは英語力がHigh Level の枠に入るのでLevel 4に比べて細かく厳しく指摘されるように感じました。
前回は日本人が多いクラスでしたが、今回は中国人がクラスの半分を占めるという感じで、日本人は自分を含め4人でした。日本、中国人、台湾人が比較的多く、後はタイ、サウジアラビアといったアジア系やコロンビア、チリといったラテン系が次に多く、ヨーロッパ系はあまり見かけません。
今回の2 Session目ではほとんどの人がクラスを自動的にレベルアップできるので私のクラスレベルが上がったことはそこまで凄いことではないのですが、この2 Session から 3 Sessionにレベルを上げることは成績が良くないと上げさせてくれないのでかなり大変です。私は今後EIBCというBusiness EnglishのCourseを取りたいと思っているので昨日11月6日に受けたテストの成績が良ければいいのになぁ、と願うばかりの状態です。 もし上がれなかったらLevel 5を10週間受けることになってしまうので。それが通常なんですけどね。

さて、前回のブログで書きましたように何かにチャレンジしようということで、ICTEの一歩外の世界に行こうと思い、UQのクラブが主催している Bible Studyに毎週金曜日参加してました。特に聖書には興味がなかったのですが、自分の意見を英語で伝える良い機会というそれだけのために行ってました。 あとは日曜日の朝に教会に行って讃美歌を歌ったり、教会に来てる人たちでお喋りしたり、ICTEのコーラス部に何回か行ったり、UQのWasabiという日本に興味を持つ方々のクラブ活動に参加してみたりと、とりあえず話す機会を増やそうと思い、様々な行事に参加してみました。友達の輪も広がるので、これから留学に行く人はぜひ色々な事にチャレンジしてみてください。

2015.09.28 5weeks sessionを終えて

こんにちは、オーストラリア中期海外研修でThe University of Queensland (UQ)に留学に来ているMegです。
この7か月の留学プログラムは新しいためか、ブログの数が他の留学先よりも少ないから定期的にブログを更新してあげてという要望がありましたのでこれから頑張って定期的に更新したいと思います。笑

早くもここに来て1か月が過ぎ、昨日9月25日で5weeks session が終わり今日から1週間学校が休みでリラックスタイムという感じです。
それでは1か月の学校生活の流れを振り返っていきます。

まず、オーストラリアに着いて翌日にクラス分けのテスト(リスニング、リーディング、ライティング、スピーキング)を受け、その翌日には自分のクラスが判明し、クラスメイトと初めて対面し、そのメンバーで5 週間一緒に授業を受けます。テストは思ったよりリラックスして受けられる環境だったのでクラス分けのテストだと思って緊張しなくても大丈夫です。

私はlevel 1~level 7 までクラスがある中のlevel 4に配属され、5週間 4 whiteというクラスで授業を受けていました。
クラスには中国人、韓国人、タイ人、フランス人、コロンビア人、日本人がいたのですが、コロンビア人の子は途中でクラスチェンジをしたためほとんど一緒に授業は受けられませんでした。
クラスチェンジも希望すればクラスを上げることも下げることもできます。私は、クラスを上げたいとオフィスの人に言いに行って上がってもいいよ、と言われたのですが4 whiteのクラスメートが好きだったので結局変えませんでした。(笑
この語学学校には大学生だけでなく社会人や高校生もここで勉強しに来ています。高校生で来ている子は中国人の子が多く、UQの大学に入るために語学学校に来ていると言ってました。
そして、最初の5週間は1か月プログラムで多くの日本人が語学留学に来るのでクラスにも16人中半分くらい日本人という感じです。最初は学校のどこに行っても日本人を見つけるというくらいほんとに多かったです。

1日の流れとしては、1限、30分のMorning break、2限、1時間の昼休み、3限という感じです。
私は、授業中は日本人とあまり関わらないように席も外国人がいるところに座って授業を受けてました。そのため最初はずっと英語を使うことがしんどかったので、30分の休みはクラスの外国人と、昼休みはクラスの日本人と一緒にいるという感じで日本人といる時は息抜きがてらに日本語で喋ってました。
そのおかげで日本人とも外国人とも仲良くなれたので結果的には良かったかなと思っています。
昨日はクラスメートの中国人と一緒に放課後にバレーボールをして、今日はタイ人の友達と一緒にRiver fireというブリスベンの大きなフェスティバルに行って花火を見てきます。

ここに来て1か月経ち、そろそろ何かに挑戦してみようかなと思っているので次のブログではその内容が書けたらいいなと思っています。

そして、今回のブログに載せた写真どこだと思いますか?
実は語学学校の建物前にある広場なんです!
学校の敷地内の広場に遊園地のアトラクションがあるなんて日本では考えられないですよね。笑 私は授業があったので遊ぶことはできませんでしたが、みなさん楽しそうでした!

一覧ページへ