派遣留学
留学期間
2015.8-2015.12
フィリピン

【ねこ】ミリアム大学

2015.08.28 授業について

ミリアム大学の教室の机

こんにちは、初めまして!
2015年度ミリアム大学派遣留学生のねこと申します。これからよろしくお願い致します。

7月29日に期末テスト全日程を終え、30日にこちらに到着しました。
正直なところ実感のないままいつの間にか留学生活が始まっていたような感じです。それだけでなく飛行機の中では2人とも友達から貰ったメッセージやお手紙を読んで大号泣していたので、私たちの留学生活は涙のスタートで始まりました。笑

そして8月4日には本格的に授業が始まりました。私は、
Introduction to Peace Studies
(Tuesday, Thursday 10:30-12:00 )
Speech Communication
(Wednesday, Friday 9:00-10:30 )
Issues and Challenges in Developing Nations
(Saturday 8:00-11:00 )
の3科目を登録しました。

Exchange studentsは3コマまでの履修なので、女学院にいたときよりも時間割に余裕がありますが、なんと今期Exchange studentsは女学院生2人だけということで、どの授業にも私たちのような留学生はいません。
一コマ一コマ、現地の子たちについていくために物凄く集中します。予習復習も欠かせません。そのため3コマでちょうど良かったかなと思っています。

ちなみにまだ始まったばかりですが、私が今のところ一番好きな授業はIntroduction to Peace Studiesです。クラスメートはInternational Studiesの3年生で、私以外全員フィリピン人です。初回の授業からテーマはずっとAtomic bombs in Hiroshima and Nagasaki。クラスに1人の留学生というわけではなく、クラスに1人の日本人として先生や周りから質問されることが多く、一週目から物凄くプレッシャーのかかる恐怖の時間を過ごしています。笑 先生があなたは知ってるから答えないでね、といって生徒に質問を投げかけるときがありますが、私も知らないときがあるので、そういうときは心の中で泣いています。笑

でも日本人として恥ずかしくないように、一生懸命事前にリサーチをするようになりました。日本人として自分が学んできたことを一生懸命伝えるだけではなく、原爆投下の必要性に関して日本人以外の意見をたくさん聞いて、派遣留学の醍醐味を早速味わっています。来週は広島と長崎の原爆投下に関するテストがあります。先生にがっかりされないようにいい点数をとらなくては...とどきどきしています。
厳しい分、私はこの授業を楽しんでいます!

また私は、一年生の春休みにオーストラリアのクイーンズランド大学での語学研修に参加していたのですが、やはり派遣留学と語学研修は大きく違うなと3週間しか経っていないにも関わらず痛いほど実感しています。
周りも留学生、自分も留学生、そして一緒に英語を英語で勉強する。それが語学研修です。
留学生はクラスにわずか。(ミリアム大学の場合、自分1人だけの場合がほとんど。)現地の子たちと一緒に英語で専門分野を勉強する。これが派遣留学です。
神戸女学院大学でも普段から英語で授業を受けてきましたが、クラスメートが現地の子たちなので、そこに大きな違いがあります。プレゼンのスクリプトを作成したときには周りの英語力と自分の英語力の差に涙が出そうになりました。

写真はミリアム大学の教室の机です。
左利きの人は大変そうだなっていつも思っています。笑

一覧ページへ