派遣留学
留学期間
2015.8-2016.7
中国

【sahara】広東外語外貿大学

2016.07.05 1年間の留学を終えて

こんにちは!広東外語外貿大学に留学しているサハラです☆1年間の留学生活が終わりました。長いようで、とても短く全力で駆け抜けた1年間でした。

私の留学生活は120%満足しています!!

大学の食堂も数多くあり、ご飯も安くて美味しく、フルーツも日本の1/2の値段で味も美味しいのでドラゴンフルーツやマンゴーなどを毎日食べていました!大学の近くには中華料理だけでなく韓国料理やタイ料理など外国の料理屋さんもあるので、毎日がお祭りの屋台で食べている感覚でした!

テストやHSK前、資料を探しに日々図書館へ行き、スピーチ大会前は毎日教室で一日中先生や学生に発表と歌を聞いてもらい、ジムや運動場、プール、近くにある白雲山に登って汗を流し、そんな1日1日が今では宝物のように思います。


私は実際この1年間、成功以上に沢山失敗をしました。クラスでは前期後期共に班長に指名されましたが、前期は特にクラスを上手くまとめられず、先生には発音や听力、翻訳で同じ所を指摘される始末。代表で出場したマラソンでは足を捻挫し自己ベスト更新出来ない結果。他にも沢山の事で多くの人に迷惑をかけてしまい、自分の甘さを改めて感じました。しかし、自分がコツコツ歩いた道は決して無駄ではないし、その失敗が大きな成功に繋がっていると思います。

最後に2つアドバイスをして留学生ブログを終わろうと思います。

1つは中国へ留学する事を躊躇わないで欲しいという事です。
今、TVでは中国に対する悪い報道も沢山されており、留学へ行く生徒はもちろん、親御様がお子様の心配されるのはもちろんの事だと思います。私の親も、中国に留学に行く私をとても心配していました。中国で1年間過ごしてきましたが、日本人という理由で差別されたり暴力をされたりした事はほとんどありませんでした。しかし、タクシーの運転手や中国人の方に「今の日本の政治はどうか」「日中関係についてどう思う」等と聞かれる事は多かったです。ですので、留学に来る以上、自分の国と中国がどのような状況になっているのかは知っておくべきだと思いました。治安も大学の中や付近は比較的に安全かと思います。

2つ目は留学当初は語学に自信がなくても1年間の努力次第で大きく進歩出来るという事です。 
留学へ行けば、自分よりも中国語のレベルや、他の色々な面で優れている人に沢山出会う事になります。私は元々、中国語のレベルは決して高くはありませんでした。留学に来て1週間は自分の思いが伝えられない悔しさから宿舎で泣いていました。そんな中で、自分自身がこの1年間で大きく飛躍出来たのは、沢山の人達の支えがあったのと、上手く他の人達の良い所を吸収して『自分らしさ』を最後まで貫いたからではないかと思います。
例を挙げると、中国に来てから中国酒の文化、歴史、そして1つの地区に違ったお酒が作られており、祝日やお祭りに違った中国酒が飲まれている事を知り、興味を持つようになり、図書館へ通い資料を集め、院長先生の計らいにより佛山にある米酒の会社と博物館を訪れる機会も頂きました。中国酒を知る事で、昔の中国人の考え方や祝日の起源等も知る機会にもなり、その知識が自分の財産となりました。
また、私は以前からマラソンが大好きで、留学中にマラソンにいくつか出場させて頂きました。マラソンを通して、沢山の中国人の選手と仲良くなり、その交流を通して肇庆マラソンとサハラマラソン講演会、オリンピック金メダリストとトークセッションをする機会も頂きました。私は自分の大好きな趣味を沢山の人達に伝える事で、語学力を伸ばしていきました。
広外では留学生を対象としたイベントも行われており、日本語専攻の学生も英語専攻の学生に次いで多いので、交流の場は沢山あると思いますし、そのような活動に参加していると自ずと友達が増えると思います。クラスの先生方も良い先生ばかりですので、人との繋がりを大切に自身の交流の幅を広げていって下さい!絶対にあなたを助けてくれる人がいます!!

1年間、ブログにお付き合い頂きありがとうございました。次は大学で皆さんとお会いするのを楽しみにしています!!

2016.05.30 大学のスピーチ大会と作文大会で2位受賞

こんにちは!広東外語外貿大学に留学させて頂いているサハラです
留学も残すところ、あと少しとなりました。

5月25日に大学で留学生を対象に第五回演讲写作比赛がありました!
この大会はスピーチ部門と作文部門があり、作文部門は800字以内でテーマに沿って書き、スピーチは3分以内にこちらもテーマに沿って演説をしたり、演説中に中国の歌を歌ったり舞踊、太極拳をしたりと工夫を凝らすスピーチが求められました。
予選と決勝があり、毎日先生や中国人の友人に添削や発音のチェック、歌の練習をして貰い、いかに観客に思いを伝えられるかを重視しながら表現力を高めていきました。

今回、私は『辣』という言葉をメインにフリップを使って演説をしました。広州料理は基本辛くないので(人の性格もおっとり)、最初聞いた時に皆疑問に思いました。『辣』は漢字を分解すると辛と束になります。留学生活で辛いことや麻烦なこと(面倒なこと)が沢山あるけれど、『辛』に1文字足すだけで(1文字は沢山の人の支えや自分の努力)『幸』に誰でも変える事は出来るという内容で話を展開していきました。(あくまで個人の考えです)歌は、歌詞がとても好きな姚贝娜の『也许明天』という曲を歌いました。中国語の歌は四声がないので歌いやすいと思います。

正直な所、今回2位を獲得出来たのが本当に信じられませんでした。
初めて留学に来た時はほとんど中国語を話せず、言葉も上手く聞き取れず、毎日悔しい思いでいっぱいでした。それが本当に少しずつ少しずつ、沢山の先生や友達の支えによって色々なことを知り、学び、今ではシンポジウムや会議で意見を言ったり、オリンピック選手と会話したり、他の留学生達とスピーチで戦えるまでに成長する事が出来ました。

今でも自分の中国語のスキルはまだまだ足りないと思っています。残り1ヶ月となりましたが、これからも継続して自分自身と向き合い、精進していきます。
写真は今回の賞状と副賞のお守り?です。

サハラ

2016.05.27 中外青年体育対話会と肇庆マラソン

こんにちは!広東外語外貿大学に留学中のサハラです☆中国では既に夏で熱い!熱い!熱い!セミも元気に鳴いています!

私は5月8日〜9日に『中外青年体育対話会』と『肇庆マラソン』に参加して来ました。
『中外青年体育対話会』では、以前出場したサハラマラソンについての演説と、アテネ、北京オリンピック柔道女子48〜52kg級で金メダルに輝いた冼东妺選手とのトークセッションを行いました。
今回、大学の院長先生と主催者の方々からのお誘いで、オリンピック選手とトークセッションという形で話す機会を頂けた事に心から感謝しています。冼东妹選手からお褒めの言葉を頂いた時には涙が止まりませんでした。沢山の挫折を乗り越えながら常に前を向いて挑戦し続ける冼东妹選手、私にこんな言葉をかけて下さいました。
『挑战自我』挑戦するのはライバルではなく、自分自身。他人と比べるのではなく、常に自分と向き合い、限界に挑戦する事が大事。私もこれからも努力を怠らず精進しようと思いました。

9日には、大学の留学生代表として『肇庆マラソン』に出場して来ました。他の留学生メンバーはマラソンのボランティアと医療補助ボランティアとして活動していました!
綺麗な肇庆の景色を見ながら、沢山の中国人の方々、そして广外の留学生からの熱い声援を受け、本当に本当に感動しました!
今回の2日間、本当に貴重な経験をさせて頂き感謝の気持ちでいっぱいです。
沢山の人々と出会い、交流が出来た事、心から幸せです!留学中の忘れられない思い出となりました。写真は冼东妹選手との1枚です。

サハラ

2016.01.07 広外での半期が終わりました

こんにちは!広東外語外貿大学に留学中のサハラです☆彡
私たちの大学は12月24日にテストが終わり、25日で秋季班修了式が行われ、半学期が終了しました!

広外では半学期の終わりに「优秀学生(優秀学生)」「积极分子(活動家)」「全勤奖(皆勤賞)」の3つの表彰があり、私はこの度「优秀学生」に選ばれました!本当に半年間頑張ってきて良かったなと心から思います。
クラスの班長に指名された半年間、本当に支えて下さった老师,朋友達に感謝します!授業では他の海外の留学生達が積極的に質問をしたり発表をしたりしていて、毎日とても刺激を受けながら過ごしていました。そんな意欲の高い生徒達の中でこのような賞を頂けたのは本当に嬉しいです。
先生がいつも私達に言っていた言葉があります。それは「多听多说,不怕出错」です!
*「間違う事を恐れずに、沢山聞いて沢山喋りなさい」という意味です。

外国人と話す中で「もし間違ったらどうしよう」と間違う事に対して恥ずかしい!と思い、なかなか話せない人も少なくはないのでしょうか?たくさん話して間違えた人ほど上達が早くなると思います。それに実際に間違えた事は記憶に残りやすいので、逆にちゃんとした言い方を学べるチャンスだと思うので中国や他の外国に留学に来られた際にはどんどん話しかけてみて下さいね!

前の記事に書いたように、私のクラスは中国に起業をしに来られたオーナーの方が非常に多かったので、実際に交流を深めていく中で、授業以外の場で企業訪問やインターン、自分が興味のある分野の調査などの貴重なチャンスを頂き、自身の糧に繋げる事が出来ました。卒業論文のテーマも決まり、広外の大きな図書館には資料が沢山あるので、資料集めや翻訳も順調にする事が出来ました。
中国での差別や格差問題、普通の生活、授業、語学面で考えさせられる問題も沢山あり、悔しい思いも沢山経験した分、更に中国への理解が深まり、成長出来たのではないのかなと思います。この半年間、世界文化祭や50周年記念式典などの行事もあり充実した日々を過ごす事が出来ました。

写真は「优秀学生」として頂いた表彰奖です!紅色の立派な表彰状でした!
最後に神戸女学院大学からもう1人留学に来て、いつも支えてくれた友達に心から感謝します!来期も実りのある半期になるように気を引き締めて頑張ります!
2016年も皆さんにとって素敵な一年になる事を中国で祈っています。
祝你新年快乐!!

2015.11.18 世界文化祭と広外50周年式典

皆さん、こんにちは。サハラです!広東はまだまだ暑く、私は未だにノースリーブで過ごしています。今回は、最近あった「世界文化祭」と「広外50周年記念式典」について書きたいと思います!

10月29日に、広東外語外貿大学では「第七回世界文化祭」が行われました!
世界文化祭とは留学生達が開催するお祭りの事で、私たち日本人留学生も参加しました。広外に留学している日本人は13人と比較的に少ないですが(韓国人留学生は100名以上います)その13人でそれぞれのグループに分かれて取り組みました!世界文化祭は大きく分けて3つに分けられています。「外国文化讲座(口座)」「世界美食长廊(長廊)」「晩会(ファッションショー、ダンス)」です。私は外国文化讲座(発表)、世界美食长廊(売り子)、そして晩会でファッションショーの日本人モデル、踊りに参加しました(^O^)☆
「外国文化讲座」は各国の文化や歴史について発表するイベントで10月21日に行われました!私達日本人チームは5人で「可愛い文化」をテーマに「ゆるキャラ」や「猫が沢山いる青島」「メイク」「ファッション(きゃりーぱみゅぱみゅ)」等を発表しました(*´▽`*)!!この講座で一番感じたのは中国語で自分の国の事について表現する難しさでした。パワポや原稿を何度も何度も書き直し、仲間たちと練習を重ねた分、発表が終わった直後には思わず泣いてしまうほど達成感がありました!日本の他にも29か国の国が参加しており、異国文化の理解を深められて参加して良かったなと心から思いました。
「世界美食长廊」は大学の正門付近に長い道があり、そこで各国ごとに料理を作って売るイベントで、10月29日の午後2時~5時まで行われました!日本人留学生は浴衣や法被などを着ながら「お団子(あんこ、みたらし)」を作りました!留学生だけでなく中国人も沢山来てくれて、4時頃には完売してしまうほど売れ行きも好調でしたよ!!私は浴衣を着ながらイエメンやスペイン、トーゴの踊りに途中参加しました。他の国の料理を食べたり、一緒に写真を撮ったり、踊りを踊ったり...本当に参加していて凄く楽しかったです(^O^)!!
「晩会」は大学の近くにある云山会堂と呼ばれる大きなホールで29日の7時から9時半頃まで行われました。晩会では各国の男女2名が衣装を着てウォーキングをする「ファッションショー」、「ダンス」や「曲」、そして中国人学生による「太極拳演武」などが見る事が出来る貴重なイベントです。私は浴衣を着てファッションショーに出演しました!色んな国の伝統衣装を近くで見る事が出来て幸せでした!そして、日本人留学生7人で「よさこい」と「ソーラン節」を踊りました!「よさこい」では現代風にアレンジした「よさこい」の音楽に合わせて実際に鳴子を持って踊り、「ソーラン節」は法被を着て踊りました!!

「広外50周年記念式典」では広外が創立50周年にあたって大学全体で式典が行われました! 式典に合わせて、学校の食堂ではある日のお昼ご飯と夜ご飯が無料で支給されたり、大学全体が装飾されたり、教室や道路が新しく整備されたり、正門近くの長い道にはモニュメントや広外の歴史について書かれた看板も設置される等、大学全体がお祭りムードでした☆彡
日本人留学生達は1日中、大学にある大きなグラウンドで世界文化祭と同じく「みたらし団子」と新たに「味噌汁」を売りました。(どちらも5元(100円)で売りました!!)沢山の広外のOB・OGの方も各地から参加しており、神戸女学院大学からも英文科の先生がこちらの大学を訪問して下さりました!本当に沢山の学生や先生、OB・OGの方々と共に50周年をお祝いできたことは本当に幸せでしたし、この貴重な年に留学に来れた事を誇りに思います!

毎日ダンスの練習をしたり、モデルウォーキングの練習をしたり、文化講座のパワーポイントを作ったり、看板などの準備をしたりと「世界文化祭」や「広外50周年記念式典」の準備で大忙しで本当にあっと言う間の一か月でした。
準備中は留学生同士で意見がまとまらない事もありましたし、体調を崩した人も少なくはありませんでした。ですが、日本人留学生の間で足りない部分を補い合い、支え合い、励まし合う事でモチベーションを維持する事が出来た結果、団結力も深まりましたし、苦労が大きかった分、終わった時の達成感は感慨一入でした!
そして、他の留学生や中国人の方々に日本の文化や食について知ってもらえた事が何よりも嬉しかったですし、2つのイベントを通して本当に多くの人達と出会う事が出来ました!!本当にこの2つのイベントは私の留学生活で忘れられない大切な思い出です!もし広外に留学に行かれる方は是非参加して見て下さいね☆彡

 写真は広東外語外貿大学50周年式典の際に設置された特製モニュメントです!多くの人達がここで写真を撮っていましたよ(*´ω`*)

サハラ

2015.11.10 広東外語外貿大学での授業と生活

皆さん、こんにちは!総合文化学科3回生のsaharaです!私は中国の広州にある広東外語外貿大学に1年間派遣留学をさせて頂いています。更新が遅くなってしまいましたが、このブログを通して「少しでも中国に留学がしたい!」「広東に行ってみたい!」と思って頂ける方々が増えたら嬉しいです。

今回は授業と大学生活についてご説明したいと思います。
授業は「総合」「閲読(Reading)」「口語(Speaking)」「写作(Writing)」等があり(授業ごとに先生は違います)、クラスは事前に先生と話し合って決めた所に入る仕組みで、初めの1週間はクラスを変える事が出来るので、自分が決めたクラスが難しいと思えば、すぐに変える事が出来ますよ!人数は30前後と少ないので、先生や生徒との距離がとても近いのが特徴です。先日の世界文化祭や50周年式典(後日掲載予定)には、授業の先生全員が見に来て下さって本当に嬉しかったです!!

私は現在、先生から指名を頂き、クラスをまとめる班長の役割をしています。授業改善にクラスの先生達と共に取り組んだり、班全体のイベント企画のリーダーをしたり、休み時間を利用してクラスのメンバーの学習や生活の悩みを聞いたりと、班長を通して学ぶ事が多い毎日を過ごしています。
 クラスメイトは30名、韓国、スペイン、ロシア、ドイツ、コロンビア、ウズベキスタン、ギニア、ケニア、リビア、レバノン、ウクライナなど様々な国から来ています。クラスによって雰囲気が違うのですが、私のクラスは特に大学生よりも、アパレル、車、漁業、IT会社の社長やファッションモデルなど中国に仕事に来られた大人の方が数多くいます。最初はほとんどが年上の方ばかりでとても緊張しましたが、皆さん本当に優しい方ばかりで、お食事や買い物に行ったり、中国と海外の経営方法の違いや実際に会社を見学させて頂いたりと、毎日クラスに行くのが本当に楽しく、大好きな先生方やクラスメート達とこのクラスで学ぶ事が出来て本当に幸せだと感じています。

また図書館も広く、自習室も数多くありますので勉強する環境は十分整っていると思います。私は12月にあるHSKの6級取得に向けて日々勉強をしています!広東外語外貿大学では学期末にクラス毎に「優秀賞」と「皆勤賞」の発表があり、赤の立派な表彰状が貰えます!ですので、こちらに留学に来られた方は是非こちらも狙って見て下さいね。

中国の留学生活は本当に快適です!広州は中国の南に位置しており、比較的に温暖な地域ですので、11月が過ぎた今でもノースリーブや半袖、半パンスタイルで過ごされている方が非常に多い印象です。
食事に関してはまず困りません!美味しいものが多いので毎日何を食べようか迷うぐらいです(笑)大学にはいくつかの食堂があったり大学の付近にも沢山のお店やスーパーがあります。200~300円ぐらいで食べる事が出来るので基本的に安く、お持ち帰り(打包(ダーパオ))も出来ます。それにお店に電話をすれば大学の寮まで来て料理を配達してくれるサービスもあるので本当に便利です!!水は1.5リットルで40円、バナナ一房80円など日本よりも食べ物や飲み物を安く購入する事が出来ます。
つづいて寮生活について。中国に到着した日に近くにあるスーパーで布団やまくら、フローリングに敷くマット等を購入しました(6,000円ほど)。留学生は基本的に2~4人部屋で(2人部屋で半年で4800元。1人部屋も可)、3~4人部屋は学習机の上にベッドが設置してあるスタイルです。留学生達はお好みで部屋をカスタマイズしていて、私は友達の部屋に行くのがいつも楽しみです! お花屋さんが近くにあり沢山の綺麗な花がとても安く売られているので、私はお部屋にいつも飾っています。

私が中国に来て驚いたのは、蚊などの虫が思ったよりも多く、部屋の中に入ってくる事です。蚊は季節を問わず出て来ますので、留学に行かれる方はぜひ「蚊対策グッズ」を持って来て下さいね!!私は蚊対策でスーパーで売っていた蚊帳を設置しているので比較的に快適に過ごせています。
中国に留学する上での注意の1つとしては、LINEやFACEBOOK、TWITTERが中国政府の規制により繋がりにくい事です。無料のアプリで繋ぐことは出来ますが、接続が切れやすく、とても不安定な印象でした。私は「インターリンク」という会社の(900円/月)VPNを繋いでいるのでネット環境がとても良いです。ですので、もし留学する際にLINE等を使いたい方がいらっしゃったらこの様なタイプの対策をおススメします。

日本も季節の変わり目で体調を崩される方が多いかもしれませんが、衣服を着て暖かくして過ごされて下さいね(^O^)
写真は大学の中のお気に入りの風景です。大学である事を忘れてしまいそうなぐらい綺麗で広いキャンパスです!

sahara☆

一覧ページへ