遠隔授業に関するFAQ(学生用)

1. 遠隔授業は具体的にどのように行われるのですか?

Moodle(授業支援システム)や、Zoomなどの双方向オンラインシステムを使用します。

遠隔授業は担当教員、他の学生の映像が画面に映り対話が可能ですが、対面授業とは異なり、非言語的情報が伝わりにくいなど、いくつかの違いがありますので、これについては、先生に質問をメッセージ、メール等でするなど、別の方法で補って下さい。

2. MoodleやZoomなどのシステムは有料ですか?

無料です。一切料金はかかりません。

Zoomについては、授業により若干異なりますが、クラスの担当教員からの案内をお待ちください。例えば教員からメールでZoomによる遠隔授業に参加するためのURLが送られてきた場合、そのURLからZoomにアクセスすることで受講が可能です。この時、Zoomのアプリをまだインストールしていない場合は、インストールすることが要求されます。基本的に画面の指示に従って下さい。

3. 遠隔授業を受講するための機器は何を準備すればいいのですか?

スマートフォン、パソコン、タブレット端末などを準備してください。

Moodleや、授業によってはZoomなどの双方向オンラインシステムを使用する場合があります。いずれも上記の電子機器が必要です。
また、遠隔授業でパソコンやタブレット端末を使用する場合は、カメラ、マイクも必要です。どうしてもご用意出来ていないなどの場合、必ず、授業担当者にその旨お知らせください。それによってあなたが不利になることは、ありえません。

 

4. 遠隔授業を受講するための必要な通信環境について教えてください。

一般的なご家庭用の通信環境で十分です。

可能であればパソコンと、有線(LAN)もしくは無線(Wi-Fi)のネット環境が必要です。スマートフォンあるいはタブレットによる受講ではWi-Fi環境でも問題ありません。セキュリティ上の観点からフリーWiFiの利用は控えるようにしてください。

5. 遠隔授業を受講する際の通信料金について気をつける点はありますか。

可能な限りご家庭の通信環境を利用してください。

目安として、Moodle、Zoomあるいは他の何を使うのかによりますが、90分の授業を映像と音声の双方向受講で最低約300MBが必要といわれています。外出先での電話回線の利用は避け、契約しているスマホプランの内容に注意してください。現在、4月から6月末までの3ケ月間は、総務省の要請で電気通信事業者関連4団体が25歳以下の契約者に対し、通信料金の一部無償サービスを提供しています。詳細は各自契約事業者の情報を確認してください。

6. 遠隔授業中のセキュリティ対策について教えてください。

使用するアプリケーションソフトを常にアップデートしてください。

Zoomなどのアプリケーションや、OS、セキュリティソフトなどが最新バージョンになるよう、こまめにアップデートを行うようにしてください。また、受講中は授業で使用するプログラム以外のアプリやプログラムは閉じてください。

7. 遠隔授業を受講する際の注意点はありますか?

双方向型の(Zoomなど)遠隔授業はリアルタイムで開催されます。必ず、時間割で決まった時間に受講してください。
遠隔授業の録画・録音は禁止します。許可なく授業登録者以外の人を同席させることも禁止します。
また、Zoomなどを使用する際、自分の背景(部屋の様子や個人情報)が他の受講者にも見えないよう、場所や背景に注意してください。
授業開始の5分前にはZoomへサインインして、開始を待つようにしてください。
オンデマンド型の授業の多くは、資料を後で見ることも出来ますが、溜め込んでおくと後で大変です。正規の授業時間に見るよう心がけて下さい。ただし、アクセスが集中するなどで、すぐに見られない場合は、後で見ていただいても結構です。それで学生が不利になることはありえません。

8. 遠隔授業の内容や課題についてなど、質問があるときはどうすればよいですか?

担当教員の指示に従ってください。

オンライン授業には、Zoomなどを使用し、映像や音声を双方向でやりとりする遠隔授業の受講、Moodleの活用が含まれます。
課題や、質問をどのような形態で教員とやりとりするかについては、クラス担当教員の指示を仰いでください。

9. 遠隔授業を受講中、何らかの理由で中断した場合はどうすればよいですか?

担当教員の指示に従ってください。

遠隔授業は、どんなに優れたツールを使用しても、受講者の通信環境が異なる限り、必ず中断が起こりえるものです。
もし、受講中に突然中断した場合、慌てずに、一旦Zoomなどのアプリケーションを閉じ、再度サインインしなおしてみてください。
どうしても、復旧できなかった場合は、あとでMoodleやメールなどを利用して担当教員の指示を仰いでください。

10.Zoomはどのアプリをインストールすればよいですか?

下記ページからダウンロードしてください。(PC・スマホ・タブレット版共通)
Zoom最新版ダウンロード▶︎ https://zoom.us/download#client_4meeting 

注意) PC版とアプリ版の名称表示が違いますが、同じアプリケーションです。アプリ版 「Zoom Cloud Meetings」  PC版「ミーティング用Zoomクライアント」    
     
また、受講生は新規にアカウントを取得する必要はありません。担当教員からMoodleやメールでクラスURLのお知らせがありますので、そこからアクセスして参加してください。
すでにアカウントを取得していても特に問題はありません。

11. Zoomの授業に参加する手順を教えてください。

Zoomによる授業に参加するには、下記の情報が必要です。これらの情報はクラス担当教員から、Active!mailやMoodleで伝えられますのでメールやMoodleは毎週必ずこまめにチェックしてください。不明な点や疑問は担当教員へメールやMoodleで問い合わせてください。
※学生の皆さんは新規にアカウントを取得する必要はありませんが、すでに取得していても問題はありません。

<受講に必要な情報>
①クラス固有のURL :
 ここへアクセスします。URLにアクセスするだけで参加できる場合もありますし、次の2つの項目の入力を求められる場合もあります。
 ※これは教員の設定によって異なります。
②ミーティングID(入力を求められた場合は入力してください。)
③パスワード(入力を求められた場合は入力してください。パスワードは毎回異なる場合があります。必ずメールやMoodleをご確認ください。)

12.突然 Zoomが正常に動かなくなりました。どうすればよいですか?(ZOOMアップデート手順)

セキュリティ上の問題を解決する理由や、お使いの機器(パソコンやスマホなど)、デバイス(カメラやマイク)と連動してZoomアプリケーションを正常に動作させるためには、Zoom最新版へのアップデートが必要です。
もしも、突然カメラが映らなくなったなど、これまで問題がなかったのに、急に問題が生じた場合は、最新版へのアップデートが必要な場合があります。アップデートをおこなっても解決しない場合は、「授業に関する問い合わせフォーム」からお問い合わせください。

<最新版アップデートの手順>
下記Zoom公式サイトからダウンロードしてください。既にダウンロードされている場合も自動的に上書きされます。
Zoom最新版ダウンロード▶︎ https://zoom.us/download#client_4meeting  (PC・スマホ・タブレット版共通)

注意)PC版とアプリ版の名称表示が違いますが、同じアプリケーションです。アプリ版 「Zoom Cloud Meetings」  PC版「ミーティング用Zoomクライアント」の「ダウンロード」ボタンをクリックしてください。

Zoomのアップデート方法(学生用)

13. 遠隔授業に関する問い合わせ窓口はありますか?

Universal Passportにログインし、「授業に関する問合せフォーム」からお問い合わせください。

  <問合せフォームへのアクセス手順>
 [UniversalPassportにログイン >授業履修登録関連について(一番上のお知らせブロック)> 開講科目別の授業方法について(遠隔授業に関する質問)> 授業手法に関する質問はこちらから送ってください。]

お問合せ順にお返事を差し上げます。
できる限り早くお返事を差し上げますが、問合せが混雑している場合には、最長でも平日3日以内にお返事を差し上げます。
大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。
 

「環境のお医者さん」と呼ばれる資格。本学は資格認定校で、環境・バイオサイエンス学科で所定科目を履修すれば、在学中に初級を取得できます。

認定NPO法人 自然環境復元協会

生態系の保全や自然を生かしたまちづくりを行う専門技士。環境・バイオサイエンス学科で所定科目を履修すれば、3年次に受験できる2級試験の一部が免除されます。

財団法人日本生態系協会

環境保全や自然再生事業を補佐する資格。本学は資格養成機関であり、環境・バイオサイエンス学科で所定科目を履修すれば、在学中に資格を取得できます。

財団法人 日本緑化センター

BACK