薬物乱用に関する注意

禁止薬物を乱用すると 

1.脳をおかされて、心も身体もメチャクチャになる 
2.自分の意志では止められなくなる 
3.凶悪な事件を起こす 
4.友人や家族を失う 

大麻や覚せい剤等の禁止薬物の乱用は、本人の精神と身体に悪影響を及ぼすだけでなく、あなたの大切な友人や家族との関係崩壊、また社会全体に計り知れない悪影響をもたらします。
これらの薬物は法令で取り扱いを禁止されており、違反者には厳罰が処せられるとともに、本学としても学生懲戒規程に準じて処罰の対象となります。

なお、危険ドラッグは「合法ドラッグ」「合法ハーブ」などと称して売られていることがありますが、使用すると、呼吸困難を引き起こしたり、死亡することもあります。また異常行動を起こして、他者に危害を加えてしまうこともあります。
「合法ハーブ」などという言葉に騙されてはいけません。「合法」などと称していても、麻薬や覚せい剤と同等以上の危険性を持つ可能性があること認識してください。

好奇心や一時の興味で接することのないよう十分注意するとともに、誘われても断る勇気を持ってください。 
神戸女学院大学の学生の一人として自覚を持ち、あなたの隣人の為にも責任ある行動に努めてください。

薬物のない学生生活のために~薬物の危険は意外なほど身近に迫っています~(文部科学省・厚生労働省・警察庁・内閣府)
薬物乱用防止に関する情報
薬物乱用のない社会を(警察庁)

BACK