1. トップページ
  2. 受験生の皆さんへ
  3. 9月20日(月・祝)オープンキャンパスで英文学科の模擬授業、入試対策講座を実施しました。

9月20日(月・祝)オープンキャンパスで英文学科の模擬授業、入試対策講座を実施しました。

9月20日(月・祝)オープンキャンパスで英文学科立石浩一教授の模擬授業「What English Isn’t」を実施しました。

英語はアメリカ英語やイギリス英語を標準とした世界の共通語で、使っている人も一番多いけれど、日本人は英語がへた。「英語」の一般的なイメージはこんな感じだと思います。

IMG_1641.JPG

「英語」をどうとらえるかによって、こうしたイメージは現実と大きく違っていることを、立石先生による説明をきいてひとつひとつ学びました。パラオは日本語も公用語であることやイギリスやアメリカは公用語を定めていないこと、知らないことがたくさんありました。また、英語を母語とする人、第二言語とする人、そして日本人のように外国語、共通語として使っている人というように、英語は世界に広がり、使われる地域によって方言もあることを知り、方言を聞けるデータベースで実際に音声を聞きました。

イギリスやアメリカで使われている英語が書き言葉では標準になっていますが、英語には「標準英語」のようなものはなく、日本人の英語も方言のひとつであり、いわゆる英語のネイティブ・スピーカーの英語が絶対ではないので、自分の言葉で英語のコミュニケーションを、というしめくくりのメッセージに背中を押された人も多かったのではないでしょうか。

IMG_1650.JPG

公募制推薦入試対策講座(英語)は英文学科長の松尾歩教授が担当でした。

入試問題の傾向や構成についての説明、長文読解はわからない単語があってもそこで止まらずに進みましょう、といったアドバイスなど、全体的なことから始まって、選択問題のパターンの見分け方、英文和訳、和文英訳のコツなど具体的なアドバイスが続き、実際に入試問題を解いてみる時間もありました。解説をききながらの答え合わせはいかがでしたか。

最後は、文法などの勉強のほかに、新聞やテレビ、ネットなどで気になる記事や試験で取り上げられそうなトピックを予測して、読んで単語を確認したり、日本語に訳したり、できることを積極的に、という松尾先生から受験生へのメッセージで終了しました。実施した講座の動画を公開中です。11月22日(月)まで視聴できますのでぜひ、ご覧ください。 ⇒こちらからどうぞ

ご参加ありがとうございました。来春、キャンパスでお会いできるのを楽しみにしています。

 

ページの先頭へ