1. トップページ
  2. コース紹介
  3. Global Studies グローバル・スタディーズコース

Global Studies グローバル・スタディーズコース

現代社会の諸問題について、英語で学び、
研究することをとおし、英語運用能力を磨きます

2017年度 卒業論文発表会

英語による卒論発表会:学生たちは様々な国際問題について研究を行い、4年間の集大成として英語で卒業論文やビデオプロジェクトを作成します。

教員紹介

■異文化コミュニケーションの問題を学際的に学び、英語で読み、議論することを通して、高度のグローバル・リテラシー(国際対話能力)を養います。
■国内外でのフィールドワークによる研究もできます。

自分で考え行動できる国際人に
Critical thinking to be an active global citizen.

英語を上手に話せるのが、国際人なのではありません。海外にばかり目を向けていることでもありません。まず 「自分」を知っていること。自分の周りの出来事を知り理解することで、様々な視点から物事を分析し、自分の考えで行動できる良き市民となれるのです。「グローバル・スタディーズ」の授業では、国際関係、女性学、移民学、メディア学、国際ビジネスなど、多分野にわたるトピックスを取り上げ、実践的な英語力と考える力を養成します。社会問題に関心を持つことを通じて、日本と英語圏との比較をし、自分の意見を表現し、自分の考えを発展させて、議論を深める方法や技術 を身につけることができます。

このコースでは、英語運用能力が高まることは言うまでもなく、グローバル・リテラシー(国際対話能力)を養い、国際理解力を深めます。英語「を」覚えるよりも、英語「で」専門知識を得ることを目的にしています。授業内では最新テクノロジー(iPad、授業専用website、ブログ、youtube、等)を用いてアクティブ・ラーニングを行っています。様々な授業では、フィールドワーク理論を学習して実際に学生が取材したり、FM局を想定しラジオ番組を作ったりなど、必ず学生にワンアクションをする機会を与え、自分の考えを構 築できるように考慮しています。

◎主な授業

●国際関係論 (International Relations)
  • 平和と紛争に関する様々な側面を研究し、英語で自分の意見をいかに表現するかを学びます。
  • 様々な国際問題の原因分析、紛争解決のやり方、紛争の仲裁とコミュニケーションの問題などを学びます。
  • 9.11テロ事件、北朝鮮問題、日中関係などの実際の問題を教材としてとり上げることで、英語で国際問題を考える能力を伸ばします。
●女性学研究(Women's Issues)
  • 英語で女性に関する諸問題を考え、女性としての自らの立場をどのように表現するかを学びます。
  • インターネット・ビデオ・衛星放送などで、女性の声を直接聞くことで、聞き取り能力ものばします。
  • より高度な内容として、戦争と平和におけるジェンダーの役割などについて論文を読み、議論します。
●国際ビジネス(Global Business)
  • 国際情勢が国内外ビジネスに与える影響について学び、日常生活との関わりについて英語でリサーチやディスカッションをします。
  • 国際ビジネスのあり方と貧困や環境汚染といった国際社会問題との関係について勉強します。
  • 国際競争にさらされている日本企業の挑戦およびチャンスについて学び、日本経済の将来について考えます。
●メディア学 (Media Studies)

  • 学生が実際に、様々な形のメディアを作成することを通じて、メディアの直面する困難や、その重要性を体験しながら学びます。
  • 映画、新聞、テレビ等様々なメディアの長所・短所を学ぶことによって、学生の「メディア・リテラシー」を高めます。

◎カリキュラム

カリキュラムはシラバスにてご確認ください。

ページの先頭へ