1. トップページ
  2. 教員紹介
  3. 古村 敏明 准教授
古村 敏明 准教授
准教授
古村 敏明
Toshiaki Komura

University of Michigan, Ann Arbor (Ph.D. in English Literature), Cornell University (M.F.A. in Creative Writing)

専門は主に19~21世紀の英米詩です。 アメリカのCornell UniversityでM.F.A.、University of MichiganでPh.D.を終え、その間コーネル・ミシガンの両大学や、その後オハイオ州の大学などで英米文学、文芸創作、アカデミックライティングなどを教えていましたが、20数年ぶりに日本に戻りました。 長い海外生活で学んだことは、いろいろな価値観と対話することの重要さと、自分の外に出ることでしか「自分」というものを理解できないということです。 授業では、そのような事について考えたり、気づいたりする場所を作ることを目標にしています。

担当科目は、詩学やアメリカ文学が主です。 詩はわかりにくい、とよく言われますが、不可解なものについて考え続けることで、人の心の中に隠されたもの、容易に答えに辿り着かない謎、あるいは、必ずしも答えのない問いなどに興味を持つ「好奇心」を培うことは大切なことだと考えます。 また、文章を書くことで、自分の思考を形のあるものにする「表現力」を磨くことも重要です。

OpenClose

専門・研究テーマ

●専門
  • アメリカ詩(19世紀から現代)
  • Lyric Poetry(近・現代の英米詩、他)
  • エレジー
  • 文学と心理学・精神分析
  • Creative Writing
  • Academic Writing
●研究テーマ
  • 現代詩におけるエレジーの変化についての研究(Wallace Stevens, Elizabeth Bishop, Sylvia Plath などの作品を扱う)
  • 詩・文学の翻訳過程における「喪失」に関しての考察(Hilda Doolittle, Anne Sexton, Lafcadio Hearn などの作品を扱う)
  • 現代アメリカ詩における多様性の現れ方についての研究(Robert Hayden, Janice Mirikitani などの作品を扱う)
  • 回復,「Resilience」の概念に関する研究

研究室紹介

19世紀から現代までの英米詩の中心テーマのうちの一つは「喪失」であると考えています。「悲劇の世紀」とよばれた20世紀が終わったあとも、2001年に起きた9.11や、2011年の東日本大震災など、「喪失」を意識せざるをえない時代が続いています。また、大戦や大震災などの「大きな喪失」のほかにも、もっと身近なもの、例えば、落としてしまったペンや無為に費やしてしまった1~2時間といった「小さな喪失」、そして、翻訳の際に起こる「意味の喪失」や、大人になって失くしてしまった子供のころのものの見え方といった「見えない喪失」など、様々な喪失が私たちの生活を形作っています。悲劇的「喪失」及び日常的「喪失」と、それらの風化・隠滅・忘却などによるさらなる「喪失」に関して、現代詩や精神分析、文化理論を通して考察するのが、3年次の、Graduation Seminar I(喪失の詩学:Poetry of Loss) です。この授業も含めた、これまでの3年間の授業で得た興味、知識、スキルを使って、自分のテーマを確立し、研究するのが、4年次の Graduation Seminar II になります。自分でテーマを探し、立案、計画、研究、分析、論文執筆などの活動をとおして、好奇心、企画力、情報収集及び分析能力、思考能力、文章力などの個々のスキルを一つのプロジェクトにおいて統合することが目標です。また、学問と自分自身、及び社会との関連性を考えることもねらいの一つです。このようなプロジェクトを完遂した体験というものは、将来にきっと役立つことと思います。私の専門分野は、近・現代英米詩(19-21世紀)が主ですが、過去に指導した卒論は、文学以外にも、アメリカの社会や文化についてのものや、心理学、比較研究や、翻訳理論の分野のものなど、多岐にわたります。学生の好奇心に寄り添って指導ができるように心がけています。

担当科目

2018年度
  • Introduction to Literature - "Literature and Consolation"
  • Contemporary Literature and Culture - "Poetry through the Prism of Psychology and Psychoanalysis"
  • American Literature and History - "Multiple Voices, Multiple Ways of Seeing"
  • Workshop in International Studies
  • Graduation Thesis Seminar - "American Poetry"
  • Special Lecture in Literary Studies - "Social Psychology and the Literature of the Self"
  • Comparative Literature - "Images of Women"

大学院担当科目

  • 2018年度 American Poetry, Thesis Writing

主な著書

Selected List of Scholarly Works
  • "Modern Elegy and the Fiction and Creation of Loss: Wallace Stevens's 'The Owl in the Sarcophagus.'" ELH. Vol. 77.1 (Spring 2010): pp.45-70.
    http://muse.jhu.edu.proxy.lib.umich.edu/journals/elh/v077/77.1.komura.html
  • Poetry of Lost Loss: a Study of the Modern Anti-Consolatory Elegy (UMI: ProQuest, Ph.D. Dissertation)
    http://hdl.handle.net/2027.42/84433
  • "Loss Created: H.D.'s Translation of Sappho's Fragments." The Bulletin of FWU Humanities Division. Vol. 50 (February 2013): pp.39-71.
  • "Translations of Snow Women as Exiles: Lafcadio Hearn's 'Yuki-Onna' and Anne Sexton's 'Snow White and the Seven Dwarfs.'" The Bulletin of FWU Humanities Division. Vol. 51 (February 2014): pp.1-30.
  • "Robert Hayden's 'Sphinx': An Allegory Expressing the Inexpressible." The Explicator. Vol. 73:4 (November 2015): pp.296-300.
    http://www.tandfonline.com/doi/full/10.1080/00144940.2015.1090382
  • "Revisiting Janice Mirikitani: a Search for Unencumbered Aesthetics." Colloquies. Arcade: Stanford University, 2 July 2015. Web.
  • "Photographs of the Dead: Posthumous Identity Assertion and the Possibility of Empathy in Sharon Olds's The Dead and the Living." Women's Studies Forum. Vol. 30 (Spring 2016): pp.23-44.
  • "Robert Lowell's 'Waking Early Sunday Morning': Making of an Unconfessional Confession." The Explicator. Vol. 74:4 (November 2016): pp.255-258.
    http://www.tandfonline.com/doi/full/10.1080/00144940.2016.1238814
  • "The Otherworld in Everyday Life: the Fantastical Realism of Contemporary American Poetry."Women's Studies Forum.Vol. 30 (Spring 2019): pp.21-40.
  • "The Problematics of Self-Elegy: John Berryman's "Dream Song 78, Op. posth. no.1."The Explicator.Vol. 77:1 (January 2019)
    https://doi.org/10.1080/00144940.2018.1551773
  • "Theorizing Elegiac Consolation as a Transitional Object: the Arab Dream in William Wordsworth's The Prelude."European Romantic Review.(forthcoming)
Selected List of Creative Works
  • "A Porcupine's Dilemma" (Sycamore Review, 2005)
  • "One Afternoon in the Park" (Quercus Review, 2005)
  • "A Signal Soldier's Quiet War" (Willow Review, 2006)
  • "Crossing Luxembourg" (Evansville Review, 2006)
  • "The Torso of a Robed Statue" (Pikeville Review, 2007)
  • "As It Rains in the Street" (Stirring, 2008)
  • "The Old Moon in the New Moon's Arms" (Georgetown Review, 2009)
  • "A Showing at Long Point" (River Oak Review, 2013)
  • "Read or Dream" (TAB: Journal of Poetry and Poetics, 2014)
  • "A Broken Watch" (Hartskill Review, 2014)
  • "Even After a Happy Ending, Fairy Tales..." (Verdad, 2014)
  • "Eclogue in October" (Stone Canoe, 2017)
  • "Children's Corner" (The Louisville Review, 2019)

リンク集

ページの先頭へ