1. トップページ
  2. 教員紹介
  3. 松尾 歩 教授
松尾 歩 教授・学科長
教授・学科長
松尾 歩
MATSUO Ayumi

Kobe College (B.A.), University of Connecticut (M.A., Ph.D.)

私は神戸女学院大学の英文科の卒業生です。もう一度母校で仕事ができることは、私にとってたいへん嬉しいことです。20年間の海外での経験を生かし、神戸女学院でも英語を使ってイギリスで教えていた様に講義をすることを目標としています。

OpenClose

専門・研究テーマ

●専門
  • First and Second Language Acquisition
  • Psycholinguistics
  • Bilingualism
  • Syntax
●研究テーマ
  • バイリンガル児(日ー英)の語用について
  • 2歳児の動詞の獲得方法
  • 子供の時制と相の認識について
  • 動詞削除構文の習得
  • 名詞優位、動詞優位について(健常児と発達遅延児対象)

研究室紹介

私は神戸女学院で教育を受け、その後アメリカに留学し、20年を海外で過ごすことになりました。アメリカで言語学博士を取得した後、カナダ、オランダでポストドクトラルフェローとして言語学の研究をし、初めて教鞭についたのはカナダのオタワ大学でした。その後イギリスの大学で6年間教えた後、神戸女学院大学に戻ってきました。専門は心理言語学で、子供達の母語の習得、そして大人の第2言語習得、その他バイリンガリズムの研究もしています。特に興味があるのは大人子供に関わらず、人間には言語を司るためのどのような能力が備わっているかということです。もちろん、それが生得のものなのかについても大変興味があります。私のするすべての研究は調査でデータを集め、それを分析するというものです。対照言語も英語に限らず、日本語、オランダ語、ドイツ語、ポーランド語についての論文を書いてきました。ほとんどが統語論、意味論の発達についてです。「卒業論文はどの分野を受け付けますか?」とよく聞かれますが、いつも「音声学、音韻論以外の言語学。」と答えます。これは、大学院の時代から音が苦手だったことと、神戸女学院大学の英文科には音のエキスパートが二人もおられるからです。このページにある、卒業論文のタイトルから分かると思いますが、今までの4年生は、広範囲に渡ったトピックについて、卒業論文を書かれています。

担当科目

  • Introduction to Linguistics I
  • Introduction to Linguistics Ⅱ
  • Syntax I
  • Psycholinguistics
  • Graduation Thesis Seminar I
  • Graduation Thesis SeminarⅡ

大学院担当科目

  • 英語学演習

卒論

  • Considerations and Suggestions of Articles Learning in English Education (2011年英語学部門最優秀賞)
  • "Accent Tag" in Canadian Academy (2013年 英語学部門最優秀賞)
  • Considerations and Suggestions of Something/Anything in English Education (2014年 英語学部門最優秀賞)
  • Using Novel Words that Could Be Understood as Both a Noun and a Verb Would Show Children's Noun Dominance or Verb Dominance (2014年 英語学部門優秀賞)
  • The Analysis of Japanese Complex Predicates--Focusing on the Differences between NV-suru and NV-o suru-- (2016年 英語学部門最優秀賞)
  • Characteristic lines and wording of dubbed Japanese animations (2019年 英語学部門最優秀賞)

主な著書

  • Matsuo, A*., *Ogura, T., & Naigles, L. (2017) Is the noun bias the default?
    Testing novel word learning in Japanese toddlers using simple scenes. Paper presented at *Boston University Conference on Language Development, *Boston University, USA.
  • Matsuo, A.*, *& Naigles, L. (2017) Japanese 2-year-olds' Use of Multiple Cues in Verb Acquisition. Paper presented at *GALA (Generative Approaches to Language Acquisition), *Universitat de les Illes Balears Palma de Mallorca, Spain.
  • Matsuo, A.*, *& Naigles, L. (2017) The Cues Japanese Children Use When Learning Novel Verb Meanings. Paper presented at *Ninjal 10th International Conference on Practical Linguistics of Japanese (ICPLJ, National Institute for Japanese Language and Linguistics*, Tokyo, Japan.
  • Matsuo, A.*, *& Naigles, L. (2017) The Cues Japanese Children Use When Learning Novel Verb Meanings. Paper presented at *JSLS the Japanese Society for Language Sciences 19th Annual International Conference, Kyoto Women's University*, Kyoto, Japan.
  • Ogura, T., Matsuo, A.*,* & Watamaki, T. (2017) Children's production and understanding of Nouns and Verbs, and their Imageability scores. Poster given at the 28th Annual Meeting for the Japan Society of Developmental Psychology.
  • Matsuo, A., Naigles, L.R., Wood, G., & Kita,S. (2016) Children’s use of morphosyntax and argument stracture to infer the verb meaning of novel transitive and intransitive verbs. In T. kageyama & W.Jacobsen(Eds.) Transitivity and Valency Alternations : Studies on Japanese and Beyond. De Gruyer : Mouton.
  • Duffield, N., A. Matsuo, and L. Roberts (2012) "Processing VP-ellipsis and VP-anaphora with structurally parallel and non-parallel antecedents" Language and Cognitive Processes, Advance online publication. doi:10.1080/01690965.2012.676190.
  • Matsuo, A., S. Kita, G. C. Wood, Y. Shinya and L. Naigles (2012) "Japanese two year olds use morphosyntax to learn verb meanings" Journal of Child Language, 39-3, pp.637-667.
  • Surian, Matsuo, Geraci, Iozzi, Okumura, Itakura and Siegal (2011) "Bilingualism accentuates children’s conversational understanding" PLoS one, 5-2, pp.1-8.
  • Matsuo, A. (2009) "Young Children's Understanding of Ongoing vs. Completion in Present and Past Participles" Linguistics, 47-3, pp.743-757.(過去3年分)

ページの先頭へ