南蛮音楽の特別レクチャー・コンサートを本学内で開催!

日時
2018/5/17(木)11:40-12:40
場所
神戸女学院 講堂
受験生在学生保護者一般の方卒業生

5月17日(木)に、日本とスペインの外交関係樹立150年を記念して、スペイン政府の芸術文化スポーツ省から派遣される演奏グループによるレクチャー・コンサートを開催します。
「南蛮音楽 〜イベリア半島から日本への音楽の旅〜」と題し、出演はマドリッド音楽院のペドロ・ボネ教授が組織したバロック・アンサンブル「ラ・フォリア」のソリスト2名です。16世紀から18世紀までの様々なサイズとタイプの笛20種ほどを吹き分けて、「南蛮音楽」の演奏とレクチャーを行います。
キリスト教および洋楽の日本伝来を考える貴重な機会です。また、スペイン国の文化事業につき、一般公開・入場無料です。

【日程】 5月17日(木) 11時40分~12時40分
【場所】 神戸女学院講堂  ※入場無料※
【出演】 バロック・アンサンブル「ラ・フォリア」
     ペドロ・ボネ(リコーダー奏者、マドリッド音楽院教授)
     ベレン・ゴンサレス・カスターニョ(リコーダー奏者)
【演奏曲目】
・ゴンサーロ・デ・バエナ〈クルチフィクスス〉
・バルタサール・マルティヌス・コンパニョン〈エル・コンゴ〉
・隠れキリシタンの歌〈サン・ジュアンさまの歌〉  他

≪イベントのチラシはこちら