【お詫びとご報告】 2018年度入学試験における出題ミスによる追加合格について

2018.03.02
お知らせ

                                                                                                                        神戸女学院大学 学長 斉藤 言子

本学2018年度入試におきまして、出題ミスがあったことが判明致しましたので、ご報告申し上げます。
厳正・確実であるべき入学試験においてこのような事態を起こし、受験生、保護者ならびに関係者の方々に多大なご迷惑をおかけしたことを深く反省し、心よりお詫び申し上げます。

1.経緯
2018年1月29日に実施した一般入試前期A日程のうち、人間科学部(心理・行動科学科および環境・バイオサイエンス学科)受験者の選択科目「生物」において出題ミスのあったことが判明しました。
判明にいたった経緯は、入試実施後に受験者の関係者より問い合わせを受け、それにより本学にて出題ミスを確認したものです。

2.内容
「生物」の問いの正答が出題内容に含まれていたため、不適切な出題として当該の問いについては生物受験者全員を正答とする判断となりました。
一般入試前期A日程の当該学部受験者は2科目型226名、3科目型174名であり、そのうち「生物」を選択した受験生は、2科目型23名、3科目型20名でした。

3.合否判定の訂正について
当該日程の合否発表は2月9日に実施しましたが、入試ミスの事実を受け、2月14日に再度合否判定教授会を開き、生物受験者に対する補正を行った採点結果に基づき、一般入試前期A日程について合否の再判定を行いました。その結果、人間科学部環境・バイオサイエンス学科前期A日程2科目型において追加合格者が3名生じました。同学科3科目型および心理・行動科学科においては追加合格者は生じませんでした。

4.追加合格の発表および対応について
追加合格者には連絡を行うとともに、合格通知をお届けしました。

5.今後の再発防止について
入試問題のチェック体制の見直しを改めて実施し、再発防止に努める所存です。

                                                               お問い合わせ先:神戸女学院大学 入学センター TEL0798-51-8543
                                                                                                             (月~金 9:00~17:00・土日祝除く)

関連ニュース