幅広い学びを求めて総合文化学科へ

- 多くの知識を吸収し、世界が広がる楽しさを知った -

幅広い学びを求めて総合文化学科へ

- 多くの知識を吸収し、世界が広がる楽しさを知った -

Episode 02

2017/11/28

総合文化学科 
卒業生

原田里緒さん

高校まではバスケットボール一筋の生活で、ほかのことはあまり経験していなかったという原田さん。その分、大学では今までにないことを体験してみたかったそうです。一体どのような活動に打ち込んでいたのか、お話ししてもらいました。
 

学びたいことが多くて悩んだ高校時代

高校3年生のときは法学に興味があったのですが、社会学や語学も捨てがたく、大学選びに悩んでいました。神戸女学院大学の総合文化学科ならそれらの分野をすべて学べると知って、オープンキャンパスに参加してみたんです。美しいキャンパスを見て「これ以上の大学はない」と感じ、入学を決めました。
総合文化学科では1、2年生の間に8つの領域を学び、3年生でひとつの専門に絞ります。入学当初は法学にするだろうと思っていたのですが、実際に選んだのは日本語学でした。自分でも意外でしたが、講義を通して当たり前に使っている日本語の難しさを知り、すごく興味をそそられたんです。無意識に話している言葉の奥深さに触れれば触れるほど、視野が広がる気がしました。
もしも法学部に入学していたら、途中で後悔していたかもしれません。講義を受けながら専門を考えられる総合文化学科にして、本当によかったと思っています。

最終日にみんなで泣いた日本語教員実習

日本語の難しさを知るとともに「教える」ということにも魅力を感じ、日本語教員養成課程を4年間受講していました。
とくに思い出深いのは、4年生のときに日本語学習センターで行った実習です。6名の学生で1週間の授業をすべて受け持ちました。教案はあらかじめ用意していたのですが、
前日になって内容を変えることもしばしば。ゼミの先生にメールで相談しながら、徹夜で準備することもありました。
とても大変でしたが、その分学習者の方に「楽しかったです。ありがとう」と言っていただけたときの喜びは大きく、実習生同士の絆も深まりました。最終日に先生とメンバー全員で号泣したことは忘れられません。
日本語を教えるためには、学習者の立場や気持ち、文化を理解し、思いやる必要があります。今の仕事は日本語教員ではありませんが、養成課程ではコミュニケーションをとるうえで大切なことを身につけることができたと感じています。

学生スタッフになってからは大学の魅力探しが習慣に

日本語教員の資格取得と並んで力を入れていたのが、学生スタッフの活動です。私がオープンキャンパスに参加したとき、目をキラキラさせながら大学の説明をしてくれた先輩方に憧れて始めました。
神戸女学院大学の魅力を人に伝えるためには、まず自分が大学について詳しくならなければなりません。そこで、講義を受けているときや校舎を歩いているときなど、大学にいるときには常に細かいところにまで目を向けるよう心がけていました。そのおかげで、私自身がすっかり神戸女学院大学のファンに。いいところをたくさん見つけたことで、学生生活がよりいっそう楽しくなったと思います。
4年生のときはグループリーダーを経験。「リーダー」というとみんなの前に立って引っ張っていくイメージでしたが、どちらかといえば縁の下の力持ちとして、ひとりひとりのいいところを引き出すように務めました。

私はまだ、すべてを知らない

総合文化学科でさまざまな領域の講義を受けたり、学生スタッフの活動に参加したりと、私の大学生活は新しいことに挑戦する4年間でした。新たな知識を吸収すると世界が広がる。その楽しさを知ったことは、人生における大きな収穫です。
社会人となった今も、挑戦は続けています。とくに力を入れているのは、釣りやゴルフといった新しい趣味を開拓することです。知識や経験を蓄えると会話できる人の輪が広がり、多くの人と話すことによってさらに新しい世界に触れられると感じています。
仕事をしているとまとまった時間はなかなかできませんが、生きている限り多くのことに挑戦し続けるのが私の目標。まだまだ知らないことばかりなので、どんどん吸収して成長していくつもりです。

Profile
総合文化学科 卒業生
原田里緒さん

兵庫県立西宮南高等学校卒業。2017年3月、文学部・総合文化学科卒業。現在は営業職として仕事をしている。商品の魅力を説明するときには、神戸女学院の魅力を高校生に伝えていた学生スタッフの経験が役立っているとのこと。

最新の記事

prev
next