各種団体からの研究費公募の一覧です。

 

2022-07-25

<募集> 第57回リバネス研究費 ダスキン開発研究所賞

◆募集分野:「衛生環境を整える」あらゆる研究
「衛生」を、体の健康だけではなく、心の健康も守ることであると捉え、
人々の快適で健康的な生活空間の実現を目指します。
ダスキンの知見と皆さまの専門知識を活用して、ぜひ一緒に衛生環境を整えてみませんか。

質の高い「キレイ・健康」を実現する衛生環境を整える、あらゆる研究を募集します!

【キーワード】行動科学、抗菌、抗ウイルス、抗ストレス、環境発電、無線給電、 ニオイのセンシング、花粉、
アレルギー物質、ハウスダスト、プラスチック代替素材、再資源化、人獣共通感染症、節足動物媒介性感染症など

☆webページの申請テーマ例もご覧ください。

◆採択件数:若干名
◆助成内容:研究費50万円
◆申請締切:2022年7月31日(日)18:00まで

□ホームページ

※申請にはリバネスID(無料)へのご登録が必要になります。
 こちらから登録、情報の更新とパスワードの再設定等をお願いしたします。
https://go.lne.st/e/66312/2022-07-22/27bntdv/1498266838?h=7-i6yU-hsyhoLBrTK-BU7a4n6rI6NGE2pLTOAOQRoK8
 

□お問い合わせ
株式会社リバネス 教育開発事業部
〒162-0822 東京都新宿区下宮比町1-4飯田橋御幸ビル6階
TEL: 03-5227-4198  FAX: 03-5227-4199
URL

2022-07-25

<募集> 第57回リバネス研究費 鈴茂器工賞

◆募集分野:お米に関するあらゆる研究

人文科学、社会科学、生物学、農学、栄養学、機械工学、建築学、
環境学・制御工学など幅広い科学・技術分野の研究を募集します。

【採択件数】若干名
【助成内容】研究費50万円
※申請締切:2022年7月31日(日)18:00まで

鈴茂器工は、1981年に寿司ロボットを世界で初めて開発しました。
国内外を含めて、寿司の大衆化に貢献したリーディングカンパニーであり、米飯文化への貢献度の高い企業です。
寿司ロボットのシェアは約80%あり、海外へも80ヵ国以上に販売をしています。
国内外で、おいしいご飯を実現するための最適なプロセスが求められています。
おいしいご飯に関わる様々な研究やアイデアを結集し、
科学的においしいを解明していきたいと考えています。
ご飯を多岐にわたる分野からの研究や斬新なアイデアをお待ちしています。

□ホームページ

※申請にはリバネスID(無料)へのご登録が必要になります。
 こちらから登録、情報の更新とパスワードの再設定等をお願いしたします。
https://go.lne.st/e/66312/2022-07-22/27bntdv/1498266838?h=7-i6yU-hsyhoLBrTK-BU7a4n6rI6NGE2pLTOAOQRoK8
 

□お問い合わせ
株式会社リバネス 教育開発事業部
〒162-0822 東京都新宿区下宮比町1-4飯田橋御幸ビル6階
TEL: 03-5227-4198  FAX: 03-5227-4199
URL

2022-07-25

<募集> 第57回 リバネス研究費 吉野家賞

◆募集分野
 「はたらく」を楽にするあらゆる研究
  ・ロボティクス、データサイエンス、情報通信、XR、コミュニケーション、
   薬学、医学、材料工学、電子工学、人間行動学、心理学、経済学、建築学、
   デザイン、ものづくり、など分野を問わず幅広い科学・技術分野の研究を募集

◆募集対象
  ・大学・研究機関に所属する40歳以下の研究者
  ・海外に留学中の方でも申請可能
  ・研究室に所属して研究を始めていれば、学部生からでも申請可能
  
◆助成内容:研究費50万円+店舗等を研究・実証試験フィールドとして提供

◆申請締切:2022年8月31日(水)18:00まで

□ホームページ

2022-07-25

<募集> 第57回 リバネス研究費 ニッスイ賞

◆募集分野
 健やかな生活とサステナブルな未来を実現する、新しい“食”を創造する研究
  ・持続可能な食品生産に関する研究:代替タンパク、未利用資源・
   食品製造副産物の有効活用、食品製造・保存の省エネ化など
  ・食べる“人”視点の研究:行動科学、心理学、脳科学、予防医学、
   ヒューマンコンピュータインタラクションなど
  ・より良い食をつくる基盤研究:香り、脂質、物性、乳化に関する研究など
 上記を始め、新しい“食”を創造するあらゆる研究を募集します。

◆募集対象
  ・大学・研究機関に所属する40歳以下の研究者
  ・海外に留学中の方でも申請可能
  ・研究室に所属して研究を始めていれば、学部生からでも申請可能

◆助成内容:研究費50万円

◆申請締切:2022年7月31日(日)18:00まで

□ホームページ

2022-07-20

<募集> (公財)上廣倫理財団 令和4年度 研究助成公募

『若手研究者』や『女性研究者』の支援を目的に、優れた「倫理」研究に助成いたします。

◆助成対象となる研究
 (1) 人間の「生命」や「生き方」、社会における「共生」に関する哲学、倫理学、教育学、心理学等、人文社会科学分野からの研究
 (2) 現代の倫理的課題に関する実態研究及び調査
 (3) 学校における倫理教育・道徳教育に関する研究

◆研究期間:令和5年3月1日より1年間

◆助成金額
 ・助成(新規)=60万円(上限)
 ・助成(継続)=60万円(上限)
※コロナ禍を鑑み、当面は助成金額を上限60万、期間は1年間のみとします。
 前年と変わっておりますのでご注意ください。

◆応募期間
 令和4年7月1日(金)~9月15日(木):必着

◆応募方法・詳細はコチラ

ホームページ

◆お問い合わせ
 〒102-0075
 東京都千代田区三番町6-3
 公益財団法人 上廣倫理財団 研究助成係
 TEL:03-3261-8711
 FAX:03-3261-8747
 E-mail:info@rinri.or.jp
 

2022-07-14

<募集> 日教弘本部奨励金

当会奨励金は、幼児教育及び初等中等教育の向上発展に重要であり
かつ、特色ある研究や継続的な活動に対し助成を行う事業です。

◆原則令和5年度(2023年4月1日~2024年3月31日)1年間で完了する研究・活動に限る
◆助成:1件あたり100万円以内
◆対象者:国公私立大学院、大学、短期大学、高等専門学校などの
     教育機関に所属している教職員・大学院生
     (その他対象者詳細はホームページをご覧ください)
◆募集期間:令和4年6月1日(水)~令和4年9月30日(金)

□応募方法など詳細はコチラ

□お問い合わせ
公益財団法人 日本教育公務員弘済会 日教弘本部奨励金事業係
TEL:03-3354-4001
e-mail:ko-eki@nikkyoko.or.jp
URL:https://www.nikkyoko.or.jp/

2022-07-12

<募集> 住友生命 第16回「未来を強くする子育てプロジェクト」

平成19年より、少子化対策支援事業を実施しております。
今年度も、以下2部門の募集をいたします。

【子育て支援活動の表彰】
◆地域において子育て環境づくりに取り組む団体や個人

「スミセイ未来大賞」 副賞100万円
「スミセイ未来賞」 副賞50万円

子育てと人文・社会科学分野の研究活動の両立に努力されている女性研究者
「スミセイ女性研究者奨励賞」 助成金最大200万円

□募集期間:2022年7月11日(月)~9月9日(金)

□ホームページはコチラ
 主催:住友生命保険相互会社
 後援:文部科学省、厚生労働省

チラシ

□お問い合わせ
「未来を強くする子育てプロジェクト」事務局
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋2-14-7光ビル
TEL:03-3265-2283 FAX:03-3265-2267
 

2022-07-11

<募集> 国立国語研究所 令和4年度 異分野融合型 共同研究

◆趣旨・目的
 日本語・言語・日本語教育に関する研究のさらなる新展開を図るため、
 新たな学際的研究への応用と発展を探る萌芽的な研究として「異分野異分野融合型共同研究」を公募します。

◆研究テーマ:「趣旨・目的」の記載に合致するもの
 (例)
 ・危機言語資源アーカイブのための技術調査
 ・子供の発達障害の言語的側面に関する研究
 ・言語摩滅や Aging に関する研究
 ・マーケティングにおける日本語に関する研究
 ・洒落などの言葉遊びに関わる人工知能の研究
 ・熟練技能者の技能の言語化の研究
 ・日本語研究と脳科学研究の接点
 ・現代語手書き文字のAIによる自動認識
 ・日本語と日本的死生観の関係に関する研究

◆提出期限:2022年8月29日 (月) 17時 (必着)

□募集要項
□ホームページ

◆問い合わせ
 人間文化研究機構 国立国語研究所 管理部研究推進課
 〒190-8561 東京都立川市緑町10-2
    TEL:042-540-4353
    E-mail:suishinka@ninjal.ac.jp

2022-07-07

<募集> リンダウ・ノーベル賞受賞者会議派遣事業参加者

「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」とは、ノーベル賞受賞者が世界各地から
ドイツ南部、リンダウに集った若者研究者に対し、講演を行うと共にディスカッションに応じる国際会議です。
若手研究者がこの会議に参加することを支援します。

◇対象研究分野:生理学・医学分野
※申請資格をすべて満たす必要があります。
 募集要項をご確認ください。
◆募集要項

◇推薦予定数: 12 名以内
◇会議の開催期間:令和 5 年(2023 年)6 月 25 日(日)~30 日(金)
 ※全日程に参加することが求められます

□ホームページ
□チラシ

<お問い合わせ> 
〒102-0083
東京都千代田区麹町 5-3-1 独立行政法人日本学術振興会
国際統括本部 国際事業部 研究協力第一課
リンダウ・ノーベル賞受賞者会議派遣事業担当
電話:03-3263-0986  E-mail: lindau@jsps.go.jp 

2022-07-05

<募集> 第14回HOPEミーティング参加募集について

アジア・太平洋・アフリカ地域から選抜された優秀な大学院生等を対象として、
ノーベル賞受賞者などの世界の知のフロンティアを開拓した人々との対話、同世代の研究者との交流、
さらには人文社会分野の講演や芸術プログラムを通じて、科学者としてより広い教養の涵養と
人間性の陶冶を図り、彼らが将来のアジア・太平洋・アフリカ地域等の科学研究を担う
研究者として飛躍する機会を提供します。

◇開催日:2023年2月27日(月)~3月3日(金)
◇開催地:茨城県つくば市(予定)
◇募集要項・申請書などは、下記URL(本会ホームページ)よりダウンロード可能です。
※申請締め切り:2022年9月9日(金)【17:00】

□URL:https://www.jsps.go.jp/hope/gaiyou14.html
チラシ

〈お問い合わせ〉
〒102-0083
東京都千代田区麹町5-3-1
独立行政法人日本学術振興会 国際統括本部国際事業部研究協力第一課
「HOPEミーティング」担当
TEL:03-3263-2414
E-mail:hope-meetings@jsps.go.jp