• 取組について
  • メッセージ
  • 活動報告
  • よくあるご質問
Home > よくあるご質問

よくあるご質問

1 授業について・・・どうしたら取れるのか、何を学ぶのか?
2 コンサートについて・・・どんなコンサートをやっているのか?
3 コンサートを聞きたい・・・どうやって申し込むのか?
4 コンサートを依頼したい・・・どうやって申し込むのか?
5 コンサートに出演したい・・・どうやって登録するのか?

1.授業について・・・どうしたら取れるのか、何を学ぶのか?

質問 「音楽によるアウトリーチ」の授業を取りたいのですが、どうしたら取れますか?
答え この授業は3回生用の「音楽によるアウトリーチ(講義)」と4回生用の「音楽によるアウトリーチ(実習)」の二つからなっています。まず3回生の後期で「音楽によるアウトリーチ(講義)」を履修してください。
質問 4回生の「音楽によるアウトリーチ(実習)」だけ履修することもできますか?
答え いいえ、残念ながらできません。3回生用の「音楽によるアウトリーチ(講義)」で基本的な考え方やプログラム案の立案などを行いますので、こちらを先に取っていることが必要です。
質問 誰でもこの授業を取ることができますか?
答え はい、この授業は関心と意欲のあるすべての学生に開かれています。音楽学部生は、どの専攻であっても履修することができます。他学部生は、担当教員と面談の上、履修人数に余裕さえあれば履修することができます(総合文化学科生が履修した例があります)。
質問 この授業ではどんなことを学ぶのですか?
答え 自分がこれまで磨いてきた音楽の力を社会の中でどのように活かしていくかを考え、そのために必要な視点や知識を学びます。卒業後の活動に向けて準備を始めるものです。
質問 「音楽によるアウトリーチ(実習)」では実際にどんなことをするのですか?
答え 自分の専門を生かした音楽プログラムを仕立てて、小中学校や病院に出向いて披露したり、学内の「子どものためのコンサート」をみんなで協力して実施したりします。どうしたらお客様に喜んで聞いてもらえるか、知恵を出し合って工夫を重ねます。

ページの先頭へ

2.コンサートについて・・・どんなコンサートをやっているのか?

質問 どんなコンサートをやっているのですか?
答え 大きく分けて3種類あります。小中学校へ出向いてのコンサート、病院や美術館に出向いてのコンサート、そして「子どものためのコンサート・シリーズ」の3つです。
質問 小中学校でのコンサートでは、どんなことをやっていますか?
答え 音の不思議やおもしろさについて、子どもたちに感じたり考えたりしてもらう工夫をしながら、演奏を楽しんでもらうプログラムを提供しています。
質問 病院や美術館でのコンサートでは、どんなことをやっていますか?
答え 催しの趣旨(七夕やクリスマスなど)に沿って、季節感や聞いて下さる方々の関心を大切にしながら、さわやかで溌剌としたコンサートをお届けしています。
質問 「子どものためのコンサート・シリーズ」では、どんなことをやっていますか?
答え 基本的に年3回、7月の七夕コンサート、秋のスペシャル・コンサート、12月のクリスマス・コンサートを行っています。場所は主として神戸女学院講堂です。

ページの先頭へ

3.コンサートを聞きたい・・・どうやって申し込むのか?

質問 「子どものためのコンサート」を聞きに行きたいのですが、どうすれば入場券が手に入りますか?
答え 毎回、往復ハガキで申し込んで頂いています。会場の人数制限を超えた場合は抽選になります。返信ハガキに「(〜時の部に)ご来場下さい」と記して詳細と共にお送りしますので、ご来場の際はこの返信ハガキをご持参ください。抽選に外れた場合はその旨ご連絡申し上げます。
質問 このコンサートについて、どうしたら情報を得ることができますか?
答え このサイトの「トップページ:今年度の予定」ページをご覧ください。ご希望の方にはお知らせハガキをお届けしますので、お名前、住所、電話番号をご記入の上、神戸女学院大学アウトリーチ・センター(outreach@mail.kobe-c.ac.jp)までメールでお申込ください。その際、件名に「コンサートお知らせ希望」とご記入ください。
質問 乳幼児がいるのですが、それでもこのコンサートを聞くことができますか?
答え はい、七夕コンサートとクリスマス・コンサートでは可能です。第一部の「年齢制限なし」の方にお申し込みください。スペシャル・コンサートについては一定の年齢制限を設けておりますので、ご注意ください。
質問 子どもをバギーに乗せてコンサートに行ってもいいですか?
答え はい、大丈夫です。バギーは会場入り口で係りの者がお預かり致します。会場へのお持ち込みはご遠慮頂いています。
質問 授乳やおむつ換えは可能でしょうか?
答え はい、可能です。そのための別室をご用意しています。会場でスタッフにお訊ねください。
質問 子どもが泣き出したらどうしようと心配ですが、どうすればいいですか?
答え お子様がむずかり出した時は、抱っこして会場内を少し歩いてあげる、それでも むずかしければ一旦外に出て気分転換をしてあげるなどの対処をされた後、会場へお戻りください。会場への出入りをスムーズに行なって頂けるようスタッフがお手伝い致します。
質問 子どもが小さいので車で連れて行きたいのですが、可能ですか?
答え 申し訳ありませんが、学内には駐車場がないため、車でのご来場はご遠慮ください。最寄り駅(阪急神戸線西宮北口駅)からタクシーでお出で頂くことは可能です(ワン・メーター程度です)。
質問 ゼロ歳児でも入場券が必要ですか?
答え はい、必要です。子ども料金をお支払いください。
質問 兄弟姉妹の年齢が、第一部(年齢制限なし)と第二部(小学生以上)の両方にまたがっている場合、どちらに参加申込したらよいですか?
答え 小学生以上のお子様が第一部に参加することは可能ですが、小学校入学前の小さ なお子様は第二部にはご入場頂くことができません。したがって第一部にお申込頂くことになります。ただ、第一部と第二部で内容が若干異なる場合もありますので、もし可能であれば、お知り合いのご家庭と協力なさって、小学生以上のお子様たちが第二部にまとまって入場できるように工夫されるのも一案かと存じます。
質問 楽器体験コーナーでは、どのような楽器を手にすることができるのですか?
答え これまでにフルートや打楽器、パイプ・オルガン、フルート、ヴァイオリンといった楽器の体験コーナーを実施してきましたが、どの楽器を使うかはコンサートによって異なります。いずれの楽器の場合も学生が演奏指導を行います。

ページの先頭へ

4.コンサートを依頼したい・・・どうやって申し込むのか?

質問 コンサートを依頼したいのですが、どうすればよいですか?
答え 演奏派遣依頼用紙(PDF:28KB)をご記入の上、神戸女学院大学アウトリーチ・センターまでメール(outreach@mail.kobe-c.ac.jp)、またはファックス(0798-51-8551)でコンサート実施予定の2ヶ 月前までにお申込下さい。後日、担当者からお電話差し上げて、詳細を伺います。
質問 コンサートにはどのような経費がかかりますか?
答え 楽器運搬費、調律代、交通費実費、出演料(出演者が在校生以外の場合)がかかります。これらの経費負担をお願いします。マネジメント料は頂いておりません。
質問 コンサートの内容や演奏曲目について希望を出すことはできますか?
答え はい、喜んで伺います。できるだけご希望に沿ったプログラムを工夫致します。担当者に具体的にお話しください。

ページの先頭へ

5.コンサートに出演したい・・・どうやって登録するのか?

質問 コンサートに出演したいのですが、演奏家として登録することができますか?
答え 今はまだ準備段階ですが、近い将来、演奏家の登録制度を作って、地域の身近な場で演奏する機会を提供していく予定です。
質問 その登録制度には誰でも登録できるのですか?
答え 今はまだ検討中ですが、基本的には神戸女学院大学音楽学部の卒業生で、卒業後一定の年限以内の若い人を対象とする方針です。
質問 この登録制度に関心があるのですが、今後の情報を知らせてもらうことはできますか?
答え はい、ご希望の方には今後の情報をメールでお送りします。氏名、住所、メールアドレス、最寄り駅、卒業年度、専攻楽器を記入の上、「登録制度お知らせ申込」とタイトルをつけたメールを神戸女学院大学アウトリーチ・センター(outreach@mail.kobe-c.ac.jp)までお送りください。
サイトマップ