本学学生及び教職員が、国際交流センターの留学・研修プログラム、フィールドスタディ及び公務出張等で海外に渡航する場合のガイドライン(「許可」と「不許可」)については、外務省「海外安全ホームページ」の海外危険情報対応基準に基づき以下の通りとする。

海外危険情報判断基準

外務省の危険情報 海外渡航の許可・不許可(※)注1
レベル1     十分注意してください。 原則許可(注意義務)
レベル2 不要不急の渡航は止めてください。 原則不許可(要協議)(※)注2
レベル3 渡航は止めてください。(渡航中止勧告) 不許可(帰国・退避要請)
レベル4 退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告) 不許可(帰国・退避要請)

 

注1)外務省「感染症危険情報」(感染症特有の注意事項など)の内容によっては、危険情報のレベルに関係なく、海外渡航を「不許可」とすることがある。
注2)渡航者の現地滞在歴の程度、渡航先での予測しうる緊急時の対応体制が整っていること等を勘案して、しかるべき安全管理をとりうると判断できる場合は「許可」とする。