神戸女学院は2025年に創立150周年を迎えます。建学の理念である「愛神愛隣」の精神に基づき、地域に開かれた大学として、学生、教職員が学びと研究の成果を社会に還元できるよう、次の課題に取り組みます。

1.地域のステークホルダーとの連携強化

大学が立地する西宮のみならず、日本および世界各地の「地域」と連携を強めるため、住民や自治体、NPO、企業、学校等との交流を活発にします。

2.地域課題の受け入れ

これからの地域が抱える高齢化や人口減少、貧困、多様性などの課題解決のパートナーとなるため、大学の門戸を開いて地域の問題をともに考えます。

3.学内情報の発信と地域へのアウトリーチ

3学部5学科からなる大学の教育・研究内容を、多様な視点で情報発信するとともに、アウトリーチ活動を通じて新たな地域の魅力を探ります。

4.地域と連携した学生教育の充実

地域のリーダーとして活躍できる人材を育成するため、地域社会との連携の下に、実践的な学生教育を展開します。

5.地域連携のための全学的な環境整備

大学の教育・研究活動と地域の課題のマッチングを図るとともに、連携成果の発信や知的財産保護にあたる地域連携部署を設置します。

BACK

関連ページリンク