ここでは、留学のために必要な語学試験について紹介します。留学には(語学研修を除いて)、 語学能力の証明が必要です。
留学を考えている人は、計画的に受験し、必須スコアを獲得しておきましょう。

TOEFL-iBT(トフル)

英語圏の多くの大学で認められている試験です。パソコンとインターネットを使用し、試験が行われます。

詳しい情報はこちら(TOEFLテストの公式webサイト)
詳しい情報はこちら(アール・プロメトリックのwebサイト)

なお、学内で年4回TOEFL-ITP(団体受験)を実施しています。

IELTS(アイエルツ)

主に英語圏の大学で認められる資格試験です。British Councilと(財)日本英語検定協会が共同運営し関西では神戸・京都・大阪で実施されます。

詳しい情報はこちら(British Councilのwebサイト)
詳しい情報はこちら((財)日本英語検定協会のwebサイト)

なお、学内で年2回、団体受験を実施しています。

中国語能力検定試験

財団法人日本中国語検定協会が実施する検定試験です。年3回のみ実施されます。

詳しい情報はこちら(日本中国語検定協会のwebサイト)

HSK試験

中国国家漢語水平考試委員会が実施する、中国語を母国語としない中国語学習者のための中国の国家試験です。年10~12回実施されます。

詳しい情報はこちら(HSK日本事務局のwebサイト)

ハングル能力検定試験

ハングル能力検定協会が実施する検定試験です。日本語を母語とするハングル学習者を対象に実施される語学試験です。年2回のみ実施されます。

詳しい情報はこちら(ハングル能力検定協会のwebサイト)

韓国語能力検定試験

韓国語を母語としない学習者を対象に、世界70ヶ国で実施されている大韓民国政府認定の検定試験です。年3回のみ実施されます。

詳しい情報はこちら(韓国教育財団のwebサイト)

BACK