休学願

前期あるいは後期の1学期を単位として欠席する場合は、休学となります。
1学期を単位としない場合は、欠席届の手続きが必要です。

●前期:4月1日~後期授業開始日の前日
●後期:後期授業開始日~翌年3月31日
 

休学の手続き

休学する場合には、その学期の登録修正日以前に、次の手続きを行う。

1.学生主事と面談する。
2.学生生活支援センターで「休学願」用紙を請求する。
3.「休学願」に記入する。(理由を明示し、保証人連署)
 *理由が本人の病気である場合には、医師の診断書を添付する。
4.「休学願」に学生主事の認印を受ける。
5.「休学願」を学生生活支援センターに提出する。

(審議の結果、休学を承認した学生に許可書を発行します。)

休学時の学費

休学を許可された学生は、在籍費として150,000円(大学院生は学費の1/2額)を納入しなければなりません。在籍費の納入期日は別途定めます。
ただし、1年生の前期は休学の取り扱いはなく、長期欠席をした場合でも納付済学費の返還はありません。

休学を続ける場合

休学は学期単位のものです。休学している学生が次の学期も引き続き休学する場合には、休学期間満了前に再び「休学」手続きをし、「許可」されることが必要です。ただし、休学期間は連続2年、通算3年が限度です。

休学を終える場合

休学を終える場合は、休学期間満了前に「復学願」を提出しなければなりません。

〈学籍異動についての注意〉
 当該学期の登録修正日を過ぎると、休学・復学・退学いずれの学籍異動も申し出ることはできません。従って所定の学費を納入しなければなりません。

BACK