転学部・転学科・転専攻願

本大学内で、学部・学科・専攻を変更することを転学部・転学科・転専攻といいます。
希望する学生は、「転学科願」または「転専攻願」を提出し、選考の上、転学部・転学科・転専攻が許可されることがあります。詳しくは学生生活支援センターにお問い合わせください。

転学部・転学科・転専攻の手続き(2年生以上の場合)

1. 学生生活支援センターに相談。
2. 学生主事と面談する。
3. 学生主事が必要と認めた場合、学生生活支援センターで「転学科願」または「転専攻願」用紙を請求する。
4. 「転学科願」または「転専攻願」に記入する。(保証人連署) *理由書を添付する。
5. 「転学科願」または「転専攻願」に学生主事の認印を受け、学生生活支援センターに、前期転入希望の場合は9月1日から9月末日、後期転入希望の場合は4月1日から4月末日までの間に提出する。
6. 審査料10,000円の納付書を学生生活支援センターで受取り、経理課へ納入する。
7. 本審査の実施科目・日時を学生生活支援センターより連絡。
8. 転入学科は本審査を実施する。 本審査は、書類審査、面接及び学力試験とする。(学力試験は省略することがあります。)
9. 学生生活支援センターから合否を通知。

転学部・転学科・転専攻の手続き(1年生場合)

1. 学生生活支援センターに相談。
2. 学生生活支援センターに申込書を提出(後期授業期間終了日から2週間以内)。
3. 2月20日ごろに基準を満たしているか学生生活支援センターから連絡。
4. 学生生活支援センターで「転学科願」または「転専攻願」用紙を請求する。
5. 「転学科願」または「転専攻願」に記入する。(保証人連署) *理由書を添付する。
6. 学生主事と面談する。
7. 学生主事が認めた場合、「転学科願」または「転専攻願」に学生主事の認印を受け、学生生活支援センターに、2月25日ごろまでに提出する(提出期限は学生生活支援センターから指示がある)
8. 審査料10,000円の納付書を学生生活支援センターで受取り、経理課へ納入する。
9. 本審査の実施科目・日時を学生生活支援センターより連絡。
10. 転入学科は本審査を実施する。 本審査は、書類審査、面接及び学力試験とする。(学力試験は省略することがあります。)
11. 学生生活支援センターから合否を通知。

本審査及び各委員会で審査の結果、適当と認められた場合

認められた学期より希望した学部・学科・専攻に転入することができます。
ただし、どの学年に入れるかは受入学科で決めます。例えば2年生で申請して次の4月から、3年生になれるとはかぎりません。

BACK