「私はまだ、私を知らない。」
「自分は知らない」と自覚することから、「知りたい」という欲求は生まれる。
神戸女学院の学びは、ただ「モノゴトを知る」という表面的なことではなく、『私はまだ知らない。だから、知ろうとし続ける。』
卒業後も人生の指針となる、一生ものの姿勢を身につけるということ。

「知ってる」って閉じてしまわないほうが、世界も、自分もきっと広がっていく。

教育の伝統"三つの柱"

キリスト教主義

ソールチャペルでまもられるチャペルアワー。建学以来続いているこの時間は、学ぶ意味、生きる意味を問いながら、心を静めて自分自身に向き合います。その真摯な姿勢は、隣人の想いを自身の想いとする意識を引き出します。

国際理解

144年前、二人の女性宣教師、イライザ・タルカット、ジュリア・ダッドレーが開校した女學校(後の神戸女学院)。学びの起点となったのは英語でした。それは単なる語学教育ではありません。異質なものを積極的に受け入れ、相互につなぐ行動に向かわせます。

リベラルアーツ&サイエンス

一つの事象をさまざまな角度から考察できるよう、「リベラルアーツ&サイエンスカリキュラム」を設定し、専門を超える分野との対話を試みます。その中で現代の新たな問題を認識し、解決する手だてを学びます。

神戸女学院大学の教育目標:本学で育む7つの力

本学のミッションステートメントと、教育の3つの柱である「リベラルアーツ&サイエンス」「国際理解」「キリスト教主義」をより具体的かつ、わかりやすい形で示したものが「本学で育む7つの力」です。

本学の各授業のシラバスでは、7つの力のうち、その授業ではどのような力を養うのかを示しています。

 

神戸女学院大学で育む7のちから

愛と奉仕の精神 / 豊かな感受性 / 論理的思考力 / コミュニケーション力 / 専門的知識と技能 / 創造力と企画力 / 主体的に学び続ける力

新しい「私」を知る扉を開くための3つのプログラム

深い専門性と同時に、幅広い知識を得て、社会へとつなぐ。神戸女学院大学はこれらの力に合わせたリベラルアーツで、どんな状況にも通用する「想像力」を育みます。変化の激しい時代だからこそ、将来ぶれることのない「自ら学ぶ姿勢」を手に入れてください。

(1)リベラルアーツ&サイエンスカリキュラム

カリキュラムは、全学共通のコアと各学科ごとのメジャーを軸に、専門以外の学びも広く修得する構成です。
どの科目をどれだけ履修するのかはあなた次第です。マイナープログラムで専門性を広げたり、特色プログラムでより実践的な学びを経験したり、オープン科目で未知を切り拓きより広い視野を養ったり、一人ひとりがそれぞれの学びを展開することができます。

各学科の専門科目【メジャー科目[必修]】

各学科の専門家科目。3学部5学科ぞれぞれの、専門知識と技能を深く学んでいきます。

社会での必要な要素を身につける【コア科目[必修]】

キリスト教学、英語・第二外国語、 IT、体育学、クローバーゼミを含む5つの必修科目群。社会で必要な素養を身につけます。 

コア科目一覧
・キリスト教学
キリスト教概説/キリスト教学(旧約学)/キリスト教学(新約学)/キリスト教学(キリスト教史)/キリスト教学(キリスト教思想)

・IT
IT基礎演習/IT応用演習

・英語・第二外国語
英語/ドイツ語/フランス語/イタリア語/中国語朝鮮語/ラテン語/ギリシャ語/スペイン語

・体育学
健康スポーツ科学/生涯スポーツコース

専門以外の学びで視野を広げる【オープン科目[必修]】

各学科提供科目と全学オープン科目からなる触発系の科目。 各学科提供科目では、メジャーやマイナーとして履修する学生と同じように、各学科の科目を履修することができます。全学オープン科目では、さらに学部に捉われずに広い教養を得ることを目的とした科目を設けています。

2つめの専門領域で異なる知識をつなげる【マイナープログラム[選択]】

メジャー以外に3学部19分野のうち1分野を選択。他学科の専門分野の学びを通して、多角的な視点と、より創造的に物事を考えることができる力を養います。

19分野
英米文学文化/言語コミュニケーション/グローバル・スタディーズ/宗教学/欧米の文化と歴史/哲学・倫理学・美学/社会福祉・子供/社会学・メディア/日本語・日本文学/日本・アジアの文化と歴史/経済学・方角・国際関係論/ピアノ/声楽/器楽/作曲/心理行動科学バイオサイエンス/環境・生態科学/女性学
※履修条件のある分野もあります

学びを社会へとつなげる【特色プログラム[選択]】

より実社会に即した高度な学修を行うプログラム。 学外の講師も招き、実践的な学びを展開します。

特色プログラム
キャリアデザインプログラム / 通訳・翻訳プログラム / 地域創りリーダー養成プログラム

(2)留学&語学研修

神戸女学院大学では、多彩な留学プログラムが用意されています。英語・中国語・韓国語等の現地の言語を使用し、海外の学部で正規授業を受講し海外で学びを深める「留学」、英語・中国語・韓国語・フランス語等の運用能力の向上と異文化理解を目的とし、海外協定大学の語学研修センターにて語学向上プログラムを受講する「語学研修」があります。プログラムの目的や期間、留学先の大学生活、授業内容、出願資格などをよく調べた上で、自分に合ったプログラムを選びましょう。

神戸女学院大学の留学& 語学研修3つのポイント

年間100名以上が海外へ!

年間100名以上の学生が留学/語学研修を経験。英文学科だけではなく、全学科の学生が海外へ飛び立っています。

留学中の本学学費は3/4免除

できるかぎり多くの学生にチャンスを掴んでもらうために、留学までのサポートはもちろん、費用面もバックアップします。

協定校は世界30ヵ所以上!

協定校は世界30ヵ所以上。あなたの目標や希望にぴったりの経験がまっていることでしょう。

(3)キャリア・進路支援

1年生から4年生まで段階的なプログラムを編成して、一人ひとりのキャリアデザインをサポート。小規模大学だからこそできる、全方位のサポートが可能です。自分を知る→視野を広げる→深く理解するという段階を踏むことで、着実にステップアップできるよう支援します。

30以上の講座・セミナーを開催
就職活動の基本から、業界研究、Webテスト対策といった実践まで、年間130回を超えるプログラムを開催しています。また、就職だけではなくインターンシップや進学など、進路に関するあらゆる相談に個別に対応しています。

学生全員に1対1の個別面談を実施
就職活動が本格化する3・4年生全員に、キャリアデザインのプロであるキャリアカウンセラーとの1対1の個別面談を実施し、進路に関するお悩み相談から就職活動の実践方法まで幅広くフォローしています。

等身大の声が力になる
「KCキャリアカフェ」では、先輩の実体験から今後の就職活動やキャリアプランに関するヒントが得られます。実際に就職活動を経験した先輩だからこそ語れる苦労やアイデアからたくさんの学びを得ます。

神戸女学院大学の学生が選んだ学び

神戸女子学院大学の学生が、神戸女子学院大学でどのように学び、学生生活を送っているのかをご紹介します。

英語、中国語、日本語。多言語で「おもてなし」を。

英文学科では読み書きだけでなく自分の考えを表現する技術を磨き、海外研修では異文化に触れる楽しさも実感!ホテル業界への就職も見据え、中国語・日本語も幅広く学びました。「言葉」でのおもてなしが私の力です。

(文学部 英文学科4年生)

音楽+Αで夢を全部かなえたい

音楽の教員や音楽療法士への夢があります。専門分野以外を自由に学べることはよいことだらけ。認知心理学や障がい者支援についてのリ式を深めることで広がった視野と予想以上の発見はきっと将来に役立つと思います。

(音楽学部 音楽学科 器楽(ピアノ)専攻3年生)

科学の研究に通訳・翻訳力が役に立つ!

通訳・翻訳プログラムを受講したことで、英語の研究論文が読みやすくなっただけでなく情報処理能力が高まり、研究がスムーズに。留学先では生物学を専攻する傍ら、国際関係論なども学び、視野が大きく広がりました。

(人間科学部 環境・バイオサイエンス学科4年生)

教員が学びの組み立てをサポート"アカデミック・アドバイザー制度"

教員に直接履修相談できるアカデミック・アドバイザー制度。例えば、将来やりたいことと今やるべきことについてなど、どのような科目を履修すべきか教員が助言します。

ゆたかな心を育てる、神戸女学院のキャンパス

神戸女学院のことを知る人の、誰もが口にする美しいキャンパスは、1933(昭和8)年に伝道者でもあるW.M.ヴォーリズにより設計されました。「芸術的な環境空間は優れた人格を形成する」という彼の理念は、長い時を経た今も変わらずキャンパスの中に息づいています。
そして、重要文化財にも指定された美しい学舎が並び、自然もあふれる豊かな環境は、学習意欲を引き出すだけではなく、さまざまな出会いや触れ合い、新しい発見に満ちあふれた舞台です。卒業後も、「帰ってきたい」と思わせる他の場所にはない空気がそこには流れています。