海外渡航に関する注意喚起(新型コロナウイルス感染症)

2020.03.18
在学生向け

学生の皆さんへ

2月1日、新型コロナウイルス感染症を指定感染症として定める政令が施行されました。また外務省海外安全ホームページにおいて、中国湖北省以外の地域も感染症危険情報レベルが2「不要不急の渡航は止めてください。」に引き上げられる地域が増えています。これを受けて、感染症危険情報レベルが2とされている地域への渡航等に関する本学の対応についてお知らせいたします。

1.レベル2指定地域への渡航は原則として見合わせてください。

2.レベル2指定地域から帰国された方で、発熱など症状がある場合は、地元の保健所や医療機関に事前連絡の上、指示に従って受診してください。感染が認められた場合は学生生活支援センターに連絡の上、治癒するまで自宅待機し、大学構内への立ち入りは控えてください。

3.レベル2指定地域から帰国後体調に問題がない場合、当面は原則2週間、経過観察をし、不要不急の外出は控えてください。2週間の間に何か症状が出た場合は、地元の保健所や医療機関に事前連絡の上、指示に従って受診してください。医療機関で指示を受けた内容については学生生活支援センターに連絡してください。

4.追試やレポート提出の必要がある場合は、教務課、各学科事務室など必要な部署に連絡をしてください。

5.レベル2指定地域への渡航の有無に関係なく、新型コロナウイルスの感染者もしくは感染の疑いのある者との濃厚接触者についても、上記3と同様の措置を講じてください。

6.引き続き手洗い・マスク着用・うがいなどの感染症予防対策を各自行うとともに、下記のホームページをはじめ最新情報と本学からのお知らせにも注意を払ってください。

2020年3月18日
神戸女学院大学

◆外務省海外安全ホームページ
PC版、スマートフォン版は≪こちら
モバイル版は≪こちら

◆厚生労働省ホームページ「新型コロナウイルス感染症について」は≪こちら

関連ニュース