2020年度前期授業の全面遠隔授業化について(教員向け)

2020.04.28
お知らせ

2020年4月27日

教員の皆様へ

2020年度前期授業の全面遠隔授業化について

学長 斉藤 言子
副学長・教務部長 立石 浩一

4月7日付にて、授業の原則遠隔化についてのご案内をいたしました。その際、実技・実験を伴う授業については対面でも可として、開始を遠隔授業より1週間遅く、5月14日開始とする、とお伝えいたしました。

しかしながら、新型コロナウイルス感染症の影響は、緊急事態宣言から2週間が経った現在も止まるところを見せず、昨今では緊急事態宣言を延長する可能性についての報道がなされている状況で、登校することにまつわるリスクも大きくあり、さらなる決断をせざるを得ませんでした。

2020年度前期は、授業をすべて遠隔(オンライン)で行い、5月7日開始、8月7日終了といたします。その間、引き続き学生の登校は原則禁止、課外活動も禁止といたします。

先生方には、状況の変化ゆえの決断であることを、何卒ご理解いただき、ご協力の程お願い申し上げます。なお、以下学生向けに案内している内容になりますので、ご参考までにお知らせいたします。

学生の皆さんには、通信環境の整備をよろしくお願いいたします。昨日4月23日に公開いたしました、「遠隔授業に関するFAQ(学生向け)」≪こちら≫、4月22日付の「遠隔授業についての留意事項(学生の皆さんへ)」≪こちら≫ またUniversal Passportにある、諸注意(「開講科目別の授業方法について」のリンクの先にあります)を確認してください。質問のためのフォームも上記リンクの中にあります。ご不安の場合、ご質問ください。多少時間がかかるかもしれませんが、順次お答えいたします。
パソコン、通信環境の整備が難しい方への対応については、現在協議中です。方針が決まり次第お知らせいたします。

以上、何卒宜しくお願い申し上げます。

関連ニュース