後期授業の開始にあたって(学長メッセージ):在学生向け

2020.09.15
在学生向け

神戸女学院大学の学生のみなさま
お元気に過ごしていらっしゃいますか?
大学の中から、みなさまの笑顔、笑い声が消えてから半年もたってしまいました。「みんな」のことを想わない日は一日もありません。

もうすぐ後期授業が始まります。前期は学生、教職員共々、手探り状態で始まりましたオンライン授業の中、みなさま、本当によく頑張り順応してくださり、良い効果にもつながりました。
オンラインでのメリット、デメリットは、授業だけに限らず、今後も続いていくだろうwith コロナ、new ノーマルの社会の中で、貴重な経験として活かされていくはずです。
後期の授業は、それぞれの状況を勘案し、オンライン、対面、ハイブリッドの形態で進められてまいります。Student Firstに基づいて、みなさまの健康、学びを守ることを最優先に考え、十分に検討いたしました。

キャンパスライフにつきましても、大学内の万全の感染対策と細部にわたる行動マニュアルを基盤に、徐々に広げていければと考えております。大学は勇気と覚悟を持って、前向きに進めてまいります。

後期は前期に比べ、みなさまの大学での滞在時間も増えることになり、学外での交流なども広がっていくと考えられます。
大学内外で、行動マニュアル、行動規範を守っていただくことは勿論ですが、今後のキャンパスライフを守り可能性を広げていくためには、みなさまが大学を構成する一員として、感染対策への意識を高め、健康を守り、どこにおいても節度を持って行動し生活することへの責任と自覚がなくては、成り立たないのです。

神戸女学院大学は、いつもみなさまとつながっています。心、気持ちは離れていません。
大学生活を決して停滞させることなく、明るい未来を信じて、「コロナに怯えず」「コロナを正しく恐れて」明るく、積極的に勇気をもって、一緒に前を向いて歩んでまいりましょう。
神様の愛が、みなさまの上に、豊かにそそがれますように。


神戸女学院大学 
学長 斉藤 言子

関連ニュース