「新入生の会」が行われました

2020.09.23
お知らせ

天候に恵まれ絶好の秋晴れとなりました(講堂前)

講堂入り口前で「健康チェックシート」を提出後、検温を行います

斉藤言子学長による「学長のことば」

9月23日(水)、講堂にて「新入生の会」が行われました。
この会は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のために中止となった入学式に代わって、新入生を歓迎する行事です。
いわゆる「三密」防止のため2日間・5回に分けて行われ、講堂入り口での体温確認や学生間の距離をとるなど、万全の態勢で感染防止策を講じての開催となりました。

「学長のことば」において斉藤言子学長は、新入生を歓迎する言葉に続いて、「どのような状況に置かれても大学と皆さまはつながっており、私たち(大学)が皆さまを思う気持ちは変わりません。一日も早く従来の神戸女学院大学の本来の姿を取り戻し、皆さまに神戸女学院大学に入学してよかった、神戸女学院大学の学生でよかったと思っていただけるように心を尽くし、全力で取り組みます。」とこれからに向けての姿勢を語りました。

参加した学生はほぼ全員が初めての登校です。オンラインで知り合った学生同士が、初めて対面で会い喜び合う場面が多々見られました。

※会は24日(木)も行われます。

関連ニュース