大学 中期計画

神戸女学院大学は、キリスト教主義、国際理解の精神、リベラルアーツ教育の3つの教育の柱を掲げ、主体的に学び、高い共感力と対応力、それらを素地とした専門的能力を備え、様々な場面でリーダーシップを発揮することの出来る女性を育てることを教育の目標としています。
この目標を達成するための教育の場であり続けるために、これからの5年間、以下の項目を実施致します。

中期目標


1.    2017年度より施行の新カリキュラムの効果の検証をし、必要に応じたリベラルアーツ教育のさらなる可視化、強化を目指した改訂を施す。
2.    アドミッション・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、ディプロマ・ポリシーなどに記載の本学学修目標のさらなる可視化を実践し、今後の質保証・教学マネジメントの体制を整備する。
3.    受験生に分かりやすい本学の情報を継続的に提供するとともに、新学習指導要領および入試改革に適切に対応した入試の体制を整備する。
4.    ウィズ・コロナ、アフター・コロナにおいての、学修者に寄り添った教育の体制を整備する。キャンパスと教室を活用した対面授業の充実と、時代に即した質の高いオンライン教育の両立を図り、さらにリカレント教育、教育の国際化などに対応できる体制を強化する。
5.    教育研究環境及び組織の整備と質の向上、特に、教員のジェンダーバランスの適正な維持、研究者養成も含む、学修者・研究者の多様化に対応出来る体制を整備する。これに伴い、本学が求める教員像との関連を考慮し、教員構成のあり方について検討する。
6.    学長を中心とした組織部署の適切性の検証をし、大学全体のガバナンスのあり方を持続的に検証する。
7.    地域連携・国際連携活動を通し、SDGsに対応出来る人材を育成し、全学レベルでSDGsとの関わり方についての共通認識を醸成する。
8.    2025年学院創立150周年に向け、学院とともに多様な学生の姿に対応したハードおよびソフト面の教育体制を立案し、具体化する。

2022年度

重点項目

本年度の重点項目として、1.広報の強化、2.国際化の推進、3.学修環境とその体制の充実と強化、4.リベラルアーツ教育の推進、5.社会連携の強化、が定められました。

2022年度 計画

(1) 広報の強化


◎改めて、学生・保護者に加えて受験生等を含む広義のステークホルダーの目線から、広報の内容を点検し、本学の学びの魅力の発信を充実させるとともに、特に入試広報においては、高校低学年からの本学への認知度向上を意識した取り組みを進めます。また、本学の強みの一つである就職実績についても効果的な広報を展開します。
◎2023年度に予定しているホームページのリニューアルにおいて、本学サイトと入学情報サイト、キャリアセンターサイトを統合し、受験生にわかりやすいサイトを構築します。

 

(2)国際化の推進


◎神戸女学院大学の教育の三つの柱の一つでもある、国際理解の精神を発展させるものとして、国際的な知見を養うための教育体制の具体化を検討していきます。
◎ウィズ・コロナにおける安全に配慮した留学プログラムの実施に取組むとともに、オンラインを活用する等の対応も充実させます。
◎英語力の養成について、オンラインプログラムやTOEIC講座の開催に加え、外部英語資格試験への受験料補助などの取組みを継続します。
 


(3)学修環境とその体制の充実と強化
 

◎ウィズ・コロナ、アフター・コロナにおけるキャンパスと教室を活用した安全な対面授業の充実を図ります。
◎時代に即した質の高いオンライン教育と対面教育との両立を図るために所要の整備を行います。
 


(4)リベラルアーツ教育の推進

 

◎学部・学科の枠組みを越えて学生が同じ教室に集い、共通のテーマについて幅広い視点で考察するクローバーゼミについて、導入後6年目を迎え、充実発展を図るため、改めて内容を検証します。
◎Society 5.0の時代に向けて、数理・データサイエンス・AI教育の充実を図るとともに、より発展させるための新たな構想の検討を行います。
 


(5)社会連携の強化


◎本学の教育の柱の一つであるリベラルアーツの意味を地域社会に伝えることを目的とした新たな公開プログラムを開始します。
◎高大連携推進の一環として、高大連携協定に基づく高大接続授業の継続的な実施を通じて、相互理解を深め、生徒・学生の育成に寄与します。
 

BACK