ディプロマ・ポリシー

大学院3ポリシーのもと、文学研究科では、人間の精神活動や社会活動への深い洞察力と国際的視野をもって、国際社会や地域社会に貢献する人格を養成します。

 そのような人格に必要な以下の能力を修得し、博士前期課程の修了要件を満たした人に対して修士の学位を授与します。修了の認定にあたっては、学位論文・学位課題研究の公開審査をうけ、最終試験に合格することが求められます。

  1. 人文社会科学諸分野の専門領域における高度の知識と技能を備え、研究倫理を遵守しつつ明確な問題意識をもって研究課題を探究する能力
  2. 広い視野と豊かな学識を備え、社会のさまざまな領域において専門的知識・技能を活かした貢献のできる能力
  3. 母語及び外国語の高い運用能力とコミュニケーション能力を備え、 多様な価値観をもつ他者と共感・共生し、また仲介する能力

また、上記のような人格に必要な以下の能力を修得し、博士後期課程の修了要件を満たして博士学位論文を提出した人に対して、博士の学位を授与します。博士学位の認定にあたっては、学位論文の公開審査をうけ、最終試験に合格することが求められます。

  1. 人文社会科学分野の専門領域における高度で先端的な知識・技能を備え、研究倫理を遵守しつつ独創的な研究を遂行する能力
  2. 広い視野と豊かな学識を備え、自立した研究者や指導者として、あるいは専門的職業人として活動できる資質と能力
  3. 母語及び外国語の高い運用能力とコミュニケーション能力を備え、研究の成果を国内外に発信して社会に還元する能力

カリキュラム・ポリシー

ディプロマ・ポリシーに定めた人格を養成するため、文学研究科に、英文学専攻、比較文化学専攻の2専攻を置きます。英文学専攻(博士前期課程)には、英語学、英文学、通訳・翻訳、グローバル・スタディーズの4つのコースを置き、それぞれ英語学・言語学の基礎理論及び方法論、文学作品とその背景にある思想・歴史・文化の研究及び批評、通訳・翻訳の理論・技術及びそれに必要な専門領域の知識、国際社会における諸問題の性質と対策に関する理論と応用を、教授・研究します。
 比較文化学専攻(博士前期課程)では、哲学・美学・思想・教育、歴史学、文学及び社会科学の諸分野をふまえ、文化・思想・宗教・歴史・芸術その他の視点から、日本をはじめ諸地域の個々の文化を探究し、比較研究をおこないます。

博士前期課程では、各専攻・コースの特性にあわせて、以下のような基本方針に基づくカリキュラムを編成します。

  1. 各専攻・コースにおいて、専門分野における高度な専門的知識・技能を身につける科目を設定すること
  2. 研究調査能力、言語運用能力、現場における実践的能力を養う科目を設定すること
  3. 専門的な知を有機的に結合し、学際的視野に立った総合判断力を養うことのできる教育課程を編成すること
  4. 高度専門的なキャリア育成のための教育課程や科目を設定し、また高度専門職を目指す社会人学生に配慮した履修プログラムを提供すること
  5. 交換留学プログラムや国際プロジェクト等、国際的な研鑽や学術交流の機会をもうけること
  6. 修士論文・修士課題研究作成において、高度な専門性を追及するとともに、領域横断的・総合的な視座への研究課題の位置づけをうながす、研究指導体制をとること

博士後期課程(英文学専攻英語学コース、英文学コース及び比較文化学専攻)では、博士前期課程で身につけた学識と能力をさらに発展させ、研究者として自立した活動をおこなうのに必要な高度の研究能力を養い、博士学位の取得を目標とした研究指導をおこないます。

アドミッション・ポリシー

本学大学院のミッションステートメントと本研究科のディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシーをよく理解し、それぞれの専攻・コースの教育課程を履修するために必要な学力を備えた人を受け入れます。

  1. 各専攻・コースが求める高度の専門的知識や実践的技能に関わる基礎をもった人
  2. 国際的視野に立った研究を遂行する基礎となる知識と能力をもった人
  3. 明確な研究目的をもって課題を積極的に発見し、探求する意欲がある人

本学の学部教育に引き続き学びたい人を受け入れるために、内部推薦入学試験を実施します。高度な専門的知識を獲得するのに必要な学力(外国語の能力、専門分野を学ぶための基礎知識・技能、思考力・表現力)を備えた人を広く受け入れるために、一般入学試験を実施します。多様な経験やキャリアをもとに、より高い専門性を目指したい人のために、外国人留学生入学試験、社会人入学試験を実施します。

ミッションステートメントと3つのポリシー(大学院)

関連ページリンク