トルステン・ケール氏が本学をプライベートで訪問されました。

2018.08.01
お知らせ

兵庫県立芸術文化センターで7月20日から29日まで公演された、佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ2018 歌劇「魔弾の射手」で主役マックスを演じられたトルステン・ケール氏が本学をプライベートで訪問されました。斉藤言子学長とヨーロッパでの音楽活動の話や、この訪問のきっかけを作ってくれた学生の声楽指導の話など、楽しい時間を過ごされました。

関連ニュース