"ACUCA Student Camp"に本学より参加した学生が報告会を行いました

2019.01.09
学生活動

1月9日(水)のチャペルアワーにて、昨年10月にタイキリスト教大学(タイ)で開催された"ACUCA Student Camp"に参加した学生2名が報告会を行いました。

"ACUCA Student Camp"とは、本学が加盟するACUCA(アジア・キリスト教大学協会)が主催する国際学生会議で、アジア各国の学生たちがワークショップ等を通じて交流し、互いの文化や社会を知り、相互理解を深める企画です。
2018年度は10月10日(水)~13日(土)の日程で開催され、本学からは4名の学生が参加しました(日本全体からはこの4名を含めて15名が参加)。プログラムとしては、礼拝に始まり、基調講演、テーマについての事前課題発表とグループでの討議、そして国別の文化紹介と発表という内容でした。

今回の報告会では、本学から参加した4名のうち、英文学科1年生の鷹取まいさんと津田愛果さんの2名が報告を行いました。2名ともにアジアの学生たちと討議を行ったり交流を深める中で、日本では感じなかった自分自身の課題に気づことができ、今後の学生生活ではその課題に向き合うことが大きな目標になったと力強く語ってくれました。

関連ニュース